2022年5月14日 (土)

五月のバラ 2022

15_20220515015001

栃木市大平町の妹宅を訪ねた

2_20220515013701

義弟が育てている バラの見学は 後日に予定していたのだが 所要を兼ねて 急遽 今日 訪ねることになった  

3_20220515013701

明日から 入口に「植 花 夢 (ウエルカム)」ボードを掲げて 公開する予定だそうだ

4_20220515013701

咲き始めたばかりで まだ 蕾が多いが 実に 美しい

5_20220515013801

今週末に発行される 地元のタウン誌に 紹介されるそうだ

6_20220515013801

地元のケーブルテレビからも 取材の依頼があるという

7_20220515013901

名前を教えてもらっても 覚えきれない

8_20220515013901

花を愛で 香りに包まれながらの散策は 贅沢な ひと時だ 

9_20220515013901

昨夜来の雨の滴が 花の中で光っている

10_20220515013901

今日は 数歩 歩いただけでも 汗がにじむ蒸し暑さになった

11_20220515014001

訪ねる途中のコンビニで アイス最中を買ってきたので 妹夫婦と 食べながら散策した

12_20220515014001

毎日 手入れを続け 一年かけて見事に咲かせたバラは 義弟の作品だ

13_20220515014001

明日から 義弟のバラの作品展「植 花 夢(ウエルカム)」が始まる

今年も 多くの人達が 鑑賞に訪れることであろう 

14_20220515014101

2021年5月20日 (木)

五月のバラ 大平町 2021

1_20210520193601

天気予報によると 今日午後から雨が降り 数日 雨模様と言うことなので 今がチャンスだと車を走らせ 栃木市大平町の妹宅のバラ園を訪ねた

2_20210520193601

マスクを付けたまま 挨拶もそこそこに バラ園に飛びこんだ

3_20210520193601

薔薇については知識のない私は ただただ 美しい! 綺麗だ! いい香り! と独り言をつぶやくだけだ

H_2_20210520194601

バラ園は開放していて 入口に掲げてある招待メッセージのボードの文字 「植 花 夢」は 「ウエルカム」と読むそうだ

4_20210520193701

今年も 地元のタウン誌の取材を受けていて 今日 発行だそうだが まだ届いてなく 見ることができなかった

5_20210520193701

私が「花とおじさん」と称しているのは偽善で 20数年バラ一筋の妹の夫こそ「花とおじさん」だ

6_20210520193701

2021年5月 6日 (木)

待ちきれなくて・・薔薇

所用で 突然 妹の家に行くことになった そうだ! 薔薇が咲いてるかもしれない・・

1_20210507000601

用件は さておき 薔薇への期待が高まり 車のスピードを上げたが まだ早かった! 

2_20210507000601

空を仰いでいる蕾ばかりで あと数日で 咲き始めそうだ

妹の夫が 20数年 育てている薔薇園は 趣味の域を超えている見事な薔薇の園で 毎年 多くの人が訪れていて マスコミの取材も受けている  

3_20210507000601

ほとんどが蕾の中 名前は忘れたが 濃い紫色の花だけが咲いていた 

強い陽射しで 私のスマホのカメラでは 色が忠実に表現されないが 落ち着いた高貴な紫色の花が 薔薇園入口に咲いていて 印象的だった

所用で訪ねたのだが もしや 咲いてるかもしれないと期待した 薔薇の花見は 叶わなかった

来週あたり 出直してくることを約束して帰宅した

2020年5月24日 (日)

五月のバラ 大平町2020

1_20200524181701

新型コロナウイルス禍で 仕事と買い物以外は 引きこもりの生活が続いているが 緊急事態宣言が解かれているので 思い切って 栃木市大平町の妹宅の薔薇園を見に行った

2_20200524181801

どの花も 見事な咲きっぷりで 溜息が出るほどだ

3_20200524181801

三々五々 見物客が訪れているが 今年はコロナの影響もあってか 例年に比べて少ないそうだ  

4_20200524181801

宅地に隣接する畑にも 薔薇 バラ ばら ・・・・

5_20200524181801

約250種類 400株の薔薇が 咲き乱れている 

6_20200524181801

薔薇の名前を聞いても 覚えきれない

7_20200524181801

地元のタウン誌にも 紹介されている

薔薇の花に魅了されたからとは言え 年間を通じて愛情を注いで世話をし花を咲かせる 義弟の労苦は計り知れない 

私は 見るだけの単なる「花とおじさん」だが 彼こそ 本物の「花とおじさん」だ

2019年5月13日 (月)

五月のバラ大平町2019 つぼみ

A_5
 
人間ドック健診の帰り アポイントなしで 突然 妹宅のバラを観に行った
 
塀のバラは 咲いていた
 
これは期待できると こっそり覗いたら・・・・ 

B_5
 
20年近く バラ作りに励んでいる 妹夫婦は バラ園で お茶をしていた 
 
仲睦まじい光景で 羨ましい

C_3
 
でも バラが咲いていない
 
いつもなら今頃は 薔薇の園になっているはずなのに・・・・

D_3
 
今年は 開花が遅いそうで まだ つぼみが多い
 
今週後半から 来週にかけて開花し 見頃になるという

E_1
 
開花しているバラを探し歩いた

F_2
 
バラの名前を教えてもらったが 覚えられない

G_1
 
牡丹か芍薬のようなバラもある

H_4
 
シンプルで清楚な花もある

I_1
 
画家がキャンバスに色を重ねたような花もある

J_2
 
まだ開花は少なかったが 薔薇の庭園でお茶する夫婦の姿が 薔薇より美しかった
 
帰途につく車中 人間ドック結果説明の 医師の言葉が 気になりだした・・・・

2018年5月12日 (土)

五月のバラ2018大平町

1

大平町の 妹宅のバラ園を 見てきた

 

今年は 開花が早いそうで 今が見頃

 

2

200種類以上の薔薇が 植栽されている 見事だ・・・・

 

3

義弟が 15年以上も 薔薇栽培を 続けている

 

4

父母が健在の時は 薔薇の花見に誘い 私たち兄妹も揃ったものだが

 

父母がいない今年は 兄妹もバラバラの 薔薇の花見 

 

5

薔薇の花越しに見える JR両毛線に 

 

今年は JRディステネーションキャンペーンの一環で D51蒸気機関車が 走るそうだ

 

6

手入れされた庭に咲く 薔薇に感動しながら 

 

チラッ チラッと 雑草が繁茂する 我が家の庭が浮かんだ ・・・・

 

7

明日から 我が家の庭の 草むしりに  精を出すか!!

2017年5月20日 (土)

五月のバラ大平町2017

1

恒例行事 大平町に住む妹の 薔薇の館を訪ねた

 

今年は 開花が遅れて 来週あたりが最盛となるようだが 咲き誇る薔薇と香りに包まれていた

 

4
薔薇好きの義弟が 約15年栽培を続けていて 200種類以上の薔薇が植栽されている

 

今年は 地元のミニコミ誌に紹介されたこともあって 妹夫婦は 来客の応対に追われていた

 

2

「植・花・夢」 ウエルカムボードを門柱横に掲げて オープンガーデンの案内をしている

 

 

 

3
気温は30度を超え 強い日差しに顔が焼けた 急な高温は 薔薇にも影響がありそうで心配だ

 

 

5

薔薇の園を散策しながら飲むビールは格別だった

 

8

毎年 兄妹が揃って 薔薇の花見をしている 以前は 両親を連れてきたが

 

母が他界してからは 父親だけになった 来年も 父親は来れるかな・・・・

 

6

薔薇の館の北側に JR両毛線の電車が見えて 素晴らしいロケーションだ

 

今年も去年一昨年も 天気に恵まれた 薔薇の花見だった

 

7

2016年5月21日 (土)

五月のバラ@大平町

H_2
栃木市大平町の義弟宅を訪ねた 今年もバラ園と化した庭は バラの花と香りでいっぱいだ

 

入口に オープンガーデンを示す看板があった 「植・花・夢」 ウエル・カ・ム Welcome !  

 

I

 

開花に注いだ一年間の労力の集大成は 見事な薔薇の色香である 約200種類の植栽だそうだ 

 

J

バラの小道でティータイム 優雅な時を過ごす ・・・・ 

 

L

ガタンゴトンと音がした 振り返ると両毛線の電車が バラの花越しに走って行く ・・・・ 贅沢な風景だ

 

Photo


K

去年も訪ねたが 今年のほうが 花の色が濃く 香りも芳しく感じた

 

大平町富田の 西友田という地区にある 義弟のバラ園 「植・花・夢」 ウエルカム Welcome !

 

多くの方に見ていただきたいそうだ

2015年5月18日 (月)

五月のバラ in 大平町

11

栃木市大平町の妹の家を訪ねた 妹の夫の趣味が バラ栽培で 自宅の庭が バラ園になっている

 

5

見事だ! バラ園でいつものポーズ! 毎年 新品種を増やしているらしく かなりの種類と本数だ

 

 

 

13

バラを見ていたら 電車の音が! すごいロケーションだね! バラの花越しに電車が見える! 

 

岩船山の稜線を背景に 時折 電車が走る両毛線 ・・・・  

 

14

絵になる素材が揃っているので 遠方からカメラマンが訪れ 三脚を立てて撮影しているそうだ

 

12

こうして 自宅のバラ園で語らう夫婦は 幸せの絵図そのものだ 羨ましい限りだ

 

バラの花を見たいと 立ち寄る人も多いそうだ 

 

丹精込めて育てたバラを見ていただくのは 嬉しいので 多くの人に おいでいただきたいと話していた

 

栃木市大平町富田の西友田という所だ 一度訪ねた人は 毎年 見物にきてくれるそうだ  

 

B

私は このバラがお気に入りだ 

 

モネとかセザンヌとかシャガールなどと画家の名前のバラもあった

 

芳香を漂わせるバラもあった 

 

プレーボーイやプレーガールもあった

 

D_3

E

 

ところで バラの嗜好には国民性があるようだ 

 

イギリス人は芳香を重視する ドイツ人は赤いバラ アメリカ人はピンク 日本人は白いバラだそうだ

 

F

「バラの花びらを風呂に浮かべて入りたいね」と言うと 「風呂の掃除が大変ですよ」という返事が!

 

この夫婦 バラ風呂に入ってるなぁ!!

 

C

バラの命は ひと夜だけのものという 知らずに摘み取る男が悪いのか ・・・・ 歌謡曲にあったなぁ・・・・

2011年6月 4日 (土)

薔薇の館のパーティー

1  

 

毎年恒例 薔薇の館のパーティー!! 無礼講で 飲んで 食って 歌って 踊って ・・・・

 

 

 

先日の 強風と豪雨で 薔薇の花は ダメージを受けていたものの 気品と香りを 保っていました 

 

5_2 6 7 8 9 10         

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薔薇の命は 一夜だけのもの という・・・・  知らずに摘み取る 男が悪いのか・・・・ それとも・・・・

 

 

 

薔薇の館の隣は ポピーが満開でした!! 

 

2

 

私は ほこりまみれのホンコンフラワーか・・・・ 色あせたドライフラワーか・・・・

 

 

 

いえいえ まだまだ これから ひと花咲かせます!! 決して 狂い咲きではありません!!