2022年8月29日 (月)

オーラス 梨園

1_20220829230201
石川梨園の石川文雄さんから 電話が入った

「梨を収穫するから おいでよ! すぐ なくなっちゃうから 明日 おいでよ! 待ってるからね!」

 

えっ? 去年 梨園閉園を決意したはずなのに 今年も 梨を栽培したのかな・・・・

 

経緯はこうだ

閉園を決意し 梨の木の伐採など 梨園の更地化を始めたが すべての更地化作業が間に合わず 梨の木の一部が 残ることになったそうだ

残った梨の木を そのまま放置することは 忍び難く 本数も少ないので これまで同様 丁寧に栽培したそうだ

 

お疲れのようで 石川さんは 深い息をしながら 「これが 本当に本当に 最後の最後の梨だよ・・」と呟いた

収穫が終わると また 梨の木を伐採して 更地化作業に入るという

 

去年の閉園宣言で覚悟した惜別の石川梨園の梨を 思いがけなく 今年も食することができた

今夜も 石川梨園オーラスの梨を 石川さんの顔を浮かべながら 味わっている

2021年10月16日 (土)

最後のにっこり

1_20211016180301

宇都宮市の石川梨園を訪ねた 

「幸水」から始まり 現在は「にっこり」の収穫に多忙だ 「にっこり」は 1個が1kgもあるジャンボな梨で 見ているだけで ニッコリしてしまい 幸せを感じる2_20211016180301

今日は急に気温が下がり 冷たい雨が降る日となり 石川さんは上着の袖に 手をスッポリ入れて温めながら 直売所で 発送業務に追われていた

宅配の伝票を見ると 北海道から沖縄まで 全国の人達に発送されるようである

3_20211016180301

石川さんは 昭和34年に梨の苗を植栽し 以来 62年間 栽培を続けてきたが この「にっこり」の収穫が終了すると 梨園を閉園する 

石川さんの梨ファンは 全国に広がっていて 寄せられる 注文のファクシミリには 石川梨園閉園を惜しむ文言や 感謝の言葉が添えられていた

私は 縁あって 2011年から 石川梨園を訪ねるようになり 今年で10年になる 毎年 石川さんが栽培した梨を 味わってきた 

「来年からどうしよう・・」と言ったら 石川さんは 黙って うつむいていた 

4_20211016180401

石川さん ありがとうございました

お元気で・・・・

5_20211016190301

2021年8月19日 (木)

石川梨園を訪ねる

1_20210819162201

梅雨のような長雨があがり 久々に戻ってきた暑さは 身体に堪えるが 風雨の心配がないので 宇都宮市の石川梨園を訪ねた

「こんにちは!」  「おー! 今日あたり 来るかと思っていたよ!」 

石川さんは いつものように暖かく迎えてくれた

暑い中 朝早くから収穫作業をしているようで 少し お疲れのように見えた

今年は 宅配で梨を送る人が いつになく多いそうで 直売所の事務机には 宅配伝票が束になっていた 

コロナ禍で 会えない家族や親戚 知人友人に 梨を送り届けて 食べていただこうという客が多いそうだ 

石川さんは 「人の心は 優しいんだよね」と言う 

甘くて美味しい 石川梨園の梨を求めて 県外からの注文も多いようだ  

2_20210819162201

今年で 閉園を決断した石川さんは 「品質の良い甘い梨づくり一筋に励んできたという自負があるから 悔いはないが お客様には 申し訳ない」と話し

「忙しくて まだ完成してないんだけれど・・」と言って 制作中の 閉園の挨拶状を見せてくれた

今は「幸水」が主流だが その後 「豊水」や「あきづき」などと続き 「にっこり」の収穫で締めくくる

今年も 最後の「にっこり」の収穫の頃 また訪ねますと言ったら その前に「あきづき」が実ったら電話するから 来てよと誘ってくれた

石川さんは 「若ければ まだまだ 旨い梨を作るんだけど 寄る年波には勝てないよ・・」と 目を細めた

2021年8月 4日 (水)

石川梨園まもなくオープン

1_20210805134601

宇都宮市で石川梨園を経営する 石川文雄さんハツエさんご夫妻から 今年の収穫案内が届いた 

今年は8月18日から 販売開始ということだ 「幸水」から始まり 10月の「にっこり」まで 猛暑の中 収穫作業に追われる   この先   台風などの影響を受けないことを願うばかりだ

案内文に 気になる文言があった

2_20210805140701

「都合により 今年度で 梨園を 閉園致します」 断腸の思いの決断だと思う 

寄る年波には勝てないと 数年前から閉園を思わせる発言があったが 現実になった

2011年9月に 石川さんが梨を送ってくださったのを契機に 毎年 夏と秋に 梨園を訪ねるのが年中行事となって 今年で ちょうど10年になる

石川さんが手掛けた 最後の「梨」を味わいに 訪ねたい

2020年10月13日 (火)

石川梨園 2020 にっこり

1_20201013222801

「にっこり」 が できてるよぉ~って 連絡をいただいたので 早速 宇都宮市下荒針町の「石川梨園」を訪ねた

石川文雄さんと奥さまのハツエさんが 直売所で箱詰め作業をしながら 「よくきてくれたねぇ~」って迎えてくれた

スマホのカメラで自撮りして 画面を確認しながら 「石川さん! 隆さまも 年とっちゃったよ!」と言うと 石川さんも小声で 「俺も だいぶ 年とったなぁ・・」と答え 二人して顔を見合わせて笑いあった

2_20201013222801

直径15cm以上 重さ1kg以上もある「にっこり」は 見ているだけで 心が暖かくなり微笑んでしまい オブジェとして飾って置きたい作品のようだ

3_20201013222801

1箱5個入りサイズも 直径13cmくらいのジャンボサイズ

4_20201013222901

今年は 梨の開花時期の天候の影響で 収穫に大きな打撃を受けたようだ

「幸水」の収穫時の8月に訪ねた時は 「実が育たないんだよ! 長年 梨栽培をしているが こんな状況は初めてだ・・」と 落胆していたので 一緒に写真を撮ろうとしたが カメラを向けられなかった

今日は 元気な表情だったので安心した

「また来年ですね 来年も来ますよ お身体に気を付けて 作業してください!」と言いながら車に乗ると 石川さんは 私の車に近づいてきて 「来年も待ってるよ 身体と相談しながら 美味しい梨を作るからな・・」と手を振ってくれた

直売所を出て 細いカーブの道から広い道路に出る時 一時停止をして安全確認をしながら ミラーで後方を見たら 石川さんは まだ直売所の前に立って 私を見送ってくれていた

2019年8月23日 (金)

石川梨園 2019

A_20190823175001
 
今年も 梨の季節がやってきた 宇都宮市の石川梨園へ行った
 
石川さんから 案内のハガキや 電話をいただいていた 

C_20190823175001
 
今日から「幸水」の発売開始で 多くのお客様が 買い求めたり 発送の依頼をしていた 

B_20190823175101
 
ここは 実る前の「にっこり」の梨園 「にっこり」の収穫時期に また来ますよ石川さん!!

2018年8月21日 (火)

梨の季節

I

毎年 訪ねている 宇都宮市下荒針町の石川梨園へ行った 

 

今年は 天候などの影響で 苦労が多かったそうだ

 

残暑の中 石川さんは 「幸水」から10月下旬の「にっこり」まで 収穫作業に多忙だ

2017年8月30日 (水)

あま~い梨

B

宇都宮市下荒針町の石川梨園から 今年は8月22日から開園するという案内をいただいていた

 

今日 訪ねたら あらら・・ 梨園脇の直売所に 看板が!

 

天候の不順が心配だったが 大きいサイズで あま~~い!

 

「幸水」からスタートして 超大玉の「にっこり」は 10月28日からだそうだ

 

石川さ~ん また来ますね!

2016年10月19日 (水)

にっこりの季節

N

「にっこり」梨の収穫が始まった・・・・と 

 

宇都宮市下荒針町の石川梨園・石川文雄さんハツエさんご夫妻から連絡をいただいた

 

K

でつかい! おっきい! 重い!重たい! 1個1kgはあるね! 甘くてジューシー!

 

「にっこり」を見ているだけで おもわず 微笑んでしまい 幸せを感じる

 

お歳暮に利用する人も多いとか・・・・ 

 

私の顔も 必要以上に でかい!

2016年8月27日 (土)

秋だ!石川梨園

F

宇都宮市下荒針町で 石川文雄さん・ハツエさん夫妻が経営する 「石川梨園」を訪ねた 

 

あま~い! でっかい! 幸水を食べた おいしい! 秋の味覚だね!

 

梨園の隣の家のご夫婦が 「ラジオのイメージと違って 阿久津さん スリムで若いんだね!!」

 

私は 「まぁ~ねぇ・・・・」って 答えておいた (笑)

より以前の記事一覧