2024年4月24日 (水)

人間ドック健診 2024

1_20240424185501

毎年 誕生日前後に受診している 人間ドック健診を受けた

最終診断結果は 後日 郵送されるが

医師の所見によると 「驚くほどに 奇麗な血液です 数値に 全く問題ありません 臓器にも問題ありません」との太鼓判だった

生活指導担当の保健師も 健診結果を見て 「この年齢で 素晴らしい」と 驚いていた

誕生日を迎えて 一週間が経過したが 今年もまた 元気に がんばれそうだ

まだまだ・・・ これから・・・

だが 過信は禁物だ いつ なんどき なにが起こるか 判らない年齢であることを 肝に命じなければならない  

2_20240424185601

2024年4月18日 (木)

誕生日 2024

R_20240319220501

今日は 誕生日

今年も また 「まだまだ・・・ これから・・・」と 意を決した

ここ数年 誕生日の定番となった 「すぎもとまさと」さんの「銀座のトンビ」を 鼻歌で口ずさむ

♫ ♫ ~ あと何年 あと何年 あと何年だとしても 俺は俺で 最後まで ド派手に やってやるけどね ワッショイ! ワッショイ! ~ ♫ ♫ 

2024年3月31日 (日)

夏のコーディネート

県外での仕事があり 高速道路を 乗り継いで 遠出した

車内の気温が上昇し 今年初めて エアコンを作動させての運転となった

今日の最高気温は 甲府市で28.6度(6月下旬並み) 東京は28.1度(7月上旬並み)となり いずれも3月の気温としては 150年の観測史上 最高を記録したという

緊張して臨んだ仕事も 無事に終了し 解放感に溢れての帰宅途中 そうだ 叔母の家を訪ねてみようと ルートを変更して立ち寄った

1_20240401002301

叔母は ちょうど 散歩から戻ったところで 夏のコーディネート 帽子にサングラス姿だった

「ちょっと早かったかしら 暑いし 光が眩いから こんな格好で 散歩してきちゃったわ・・」と笑った

アフリカ以外 ほとんどの国々を旅した経験を持つ叔母は 記録的な気温の上昇を感じ取り どこの国を想い浮かべて 散歩をして来たのだろうか

「子どもの頃から 宇宙に行きたいと想っていたのよ 今度は宇宙旅行ね」と 豪快に笑い飛ばす モダンな婆さんである いや 叔母さんである

2024年3月21日 (木)

運転免許証 更新

誕生日の一ヶ月前から 運転免許証の更新が可能なので 3月18日に 鹿沼市の運転免許センターで 運転免許証の更新をした

更新手数料を支払い 書類を書き 暗証番号を登録して 視力検査の後 写真撮影で すべて終了し 即 新しい運転免許証が交付された

早い!

今回の更新から 「高齢者講習」を受講することが必須となり 既に自動車教習所で受講した受講証明書を提出したので 更新講習が不要となり 素早い交付となった

次回 3年後の運転免許証更新では 「高齢者講習」の他 「認知機能検査」が必須となる

大丈夫かな・・と 一瞬 不安になったが 「まだまだ・・ これから・・」と奮起した

 

それにしても 運転免許証の写真は なぜに 指名手配写真のように なるのだろうか

全部ではないが 保存してあった 過去の運転免許証を 見てみた

R_20240321004501

笑っちゃうね やっぱり 指名手配写真だ

カメラは 実物を そのまま写しだすので 芸能人のブロマイドのように かっこよく美男に写すことは不可能だと 重々承知しているが もう少し なんとかならないものだろうか

 

今回の運転免許証更新で 実験をしてみた

笑顔にしたら 生き生きとした表情になるであろうと想像し 笑みを浮かべて 作り笑いをしてみようと試みたのだ

【撮影担当官】 「次の方どうぞ 椅子に深く腰掛けて 背筋を伸ばして!」

【私】 「はい」・・(笑顔で笑顔で と 言い聞かせ 目を見開き 意識的に頬を上にあげ 唇を少し開いて 笑顔を作った)

【撮影担当官】 「唇は 閉じてください!」

【私】 「はい」・・(ならば 唇を閉じたまま 目をパッチリあけて 頬を上にあげ 笑顔の表情にしよう)

【撮影担当官】 「無理に目を開けないで 自然に レンズを見て! 顎をひいて!」

【私】 「はい」・・(やはり ダメか)

【撮影担当官】 「撮影終了です 高齢者講習を受けているので 今日は講習はありません 窓口で 新しい免許証を受け取ってください」

実験は失敗に終わった

交付された新しい免許証を見たら やはり 指名手配写真のようだった

しかも 高齢になったせいか これまでで最悪な 証明写真になっていた

不本意な免許証を手に 車に乗り 帰宅の道々 やがて 近い将来に 必要となるであろう「遺影」を想った

今から 「遺影」にする 生き生きとした笑顔の写真を 準備しておこう・・・

2024年2月17日 (土)

確定申告 

1_20240218004801

今年も 確定申告が始まった

初日に申告するのを 常としているので きのう 栃木放送「隆さま劇場」に就く前に 申告会場のマロニエプラザに立ち寄り 申告書類を提出した

係員が 収支内訳書や申告書などに目を通し ペタンと「受付印」を押して 「申告書類の控え」を 渡してくれた

今年もまた 源泉徴収された所得税が 全額 還付される

還付金で 旅行に行こうかと 計画している

帰り際 次のような 書面を渡された  

2_20240218004801

来年から 申告書類に ペタンと「受付印」を押さないとのこと しかも 提出は 申告書のみで 「控え書」は持参しなくてよいとのことだ

ならば 来年からは e-Tax にするか 郵送にするか 提出箱に投函するかにしようと決めた

私が 直接 申告会場に書類を持参して 申告する訳は ペタンと「受付印」を押した「控え書」を 保存するためなので

受付押印が廃止され 控え書持参も不要となれば 私にとって 直接 会場に向かう理由がなくなった

2024年2月 5日 (月)

雪が降る

1_20240206003101

午後1時頃から 雪が降り始めた

三日前から 宇都宮気象台が 大雪に関する情報を発表していたとおり 降雪となった

2_20240206003501

大雪注意報が発表され 日光や那須地方は かなりの積雪になっているが 当地では さほどの降雪ではない

だが 油断はできない 予報では 明日午前中まで 雪が降ると 注意を呼びかけている 

3_20240206003101

完全なモノクロームではないが 彩色を失った白黒の世界が新鮮で 犬のように駆け巡りはしないが 家の周りを散策した

大量の降雪は 御免だ

雪は このくらいでいい

2023年12月28日 (木)

迎春の準備

1_20231228212701

今日は12月28日 新年を迎える準備に 最適な日と教えられてきたとおり 飾りつけなどをした

「神棚」は 腕利きの建具職人だった 亡き叔父さん(母の弟)が 日光東照宮の陽明門をイメージして制作した作品で 細部にも 拘りの技術が施されている優れものだ

叔父さんを想いだしながら 丁寧に掃除をした

1_20211124234201-725x407

「神棚」の扉を開けて 「天照皇大神宮」の御札を収め 「稲荷様」には しめ縄を張り「紙垂」を飾り 水道と台所 それに家屋以外の建物に「幣束」を飾りつけた

神格化扱いの 樹齢300年以上という楠の木に しめ縄を巻き「紙垂」を付け 玄関に「しめ飾り」を付けた

2_20231228212801

正月用の花飾りは 庭にある 「千両」と「南天」を切って生けた

「千両」は 葉が枯れたり黒ずんでいるものがほとんどだが きれいな枝を集めて 「竹の花瓶」に生けた

「南天」は 盛りが過ぎて 葉が色褪せ 実はポロポロと落ちているが 鮮やかなブルーの「ガラスの花瓶」に生けることで 生気を取り戻したように見える

3_20231228212901

「年神様」をお迎えする準備はできたし 子どもたちからは 帰省すると連絡が入った

久しぶりに 長男 次男 長女 三人が揃うことになり 待ち遠しい正月である

が 問題は 「割烹 隆さま」の献立である

客人は我が子とは言え 精いっぱいの歓待をしたいと思うと 何を準備していいやら 迷いに迷う

予約していた おせち料理は 明後日30日に届くが お雑煮を始め 正月定番料理のほか どうしよう

明日29日は 栃木放送の仕事があるので 30日と31日に 献立を整えることにしよう

2023年12月14日 (木)

運転免許 高齢者講習

A_20231213222401

運転免許証の「高齢者講習」を 自宅近くの自動車教習所で 受けた

高齢者講習は 免許証更新時の年齢が 70歳以上の者に 義務付けられている

私の免許証更新は 来年2024年4月の誕生日だが 早々に 講習の案内が届いたので 近くの自動車教習所に予約し 今日の受講となった

受講内容は 「講義」と「運転適性検査」と「実車指導」の三点で 時間は2時間 手数料が7000円

講習の冒頭 係官から 「試験でもテストでもないので リラックスして受講してください」と 「お客様扱い」の説明があったが 運転してコースを巡る「実車指導」は 少し緊張した

「運転適性検査」は「視力」の検査で 通常視力 動体視力 夜間視力 視野 ともに問題はなかった

今回の免許証更新で 有効期限は3年になるので 次の免許証更新となる 2027年は 後期高齢者の範疇になり 免許証更新には 「高齢者講習」の他に 「認知機能検査」が加わる

加齢に伴う身体機能の低下などから 運転免許証の「自主返納」の呼びかけもあるが 私の住環境では 車がなければ生活できない

2023年11月16日 (木)

願を懸ける

1_20231116231301

所用で 日光市へ行った

ついでに と言っては失礼だが 「日光東照宮」に立ち寄った

ここ日光東照宮で 七五三祈祷を受けたglandchildが成長し 受験を控えているため 「学問成就・合格祈願」の御守りを授かり

あわせて 安泰な暮らしを願って参詣した

何度訪ねても 日光「二社一寺」の杜には 心身を浄化させてくれる厳かな空気が漂っている

今日の記録として 立ち並ぶ 苔生す石灯籠の前で 写真を撮りたくて 誰かに声をかけようとしたが 日本人がいない

境内のほとんどが外国人観光客なので 得意のブロークン英語で声をかけ 写真を撮ってもらった

「困った時の神頼み」ではなく 「困った時の外国人頼み」だった

2023年11月 2日 (木)

コロナワクチン秋接種

8_20231105235901

7回目の新型コロナワクチン接種を受けた

新型コロナウイルス感染症は 今年5月8日に 5類感染症になったが 65歳以上の高齢者は 今年度 春と秋の2回 ワクチン接種が望ましいと言う

春の接種は5月に済ませていて 今日 秋の接種をしてきた

接種費用全額を公費で負担する無料の「特例臨時接種」は 今年度で終了するらしい

有料無料にかかわらず 来年は どうしようかな

より以前の記事一覧