2022年10月 7日 (金)

隆さま劇場 2022.10.07.

1_20221007231801

「隆さまフレンズ」に 去年6月 栃木を盛り上げるために発足した「栃木プロレス」代表の「臼井伸太郎」さんが出演した

結成2年目を迎えた「栃木プロレス」は 新規事業として「この街ツアー」の活動を立ち上げ 県内の各市町でイベントを開催していて 地方創生を掲げるほか いじめ撲滅や 環境問題にも取り組んでいる

11月3日には 県庁前広場で「まるごと きれいに すっぺ!」と銘打ったプロレス活動を展開する

 

「栃木プロレス」は 来週から 毎週金曜日 2時30分から レギュラー番組「週刊 栃木プロレス」をスタートさせる

臼井代表は 「僕らの少年時代は ≪金曜8時!がプロレスの時間でした これからは プロレスは 金曜2時半!≫と言ってもらえるよう定着させたい」と話した2_20221007231801

 

今日は 「ハロウィンジャンボ宝くじ」の案内で 「幸運の女神」も登場した

3_20221007231801

出演したのは 令和4年度 宝くじ「幸運の女神」5名のうちのひとり 「嶋﨑百萌香」さん

5億円ねぇ・・ お金は いくらあっても邪魔にならないから 欲しいなぁ・・

当たるようにと 幸運の女神スタンプを 手のひらに押してもらったが 御利益があるかどうか

まずは 宝くじを買わなきゃ!

4_20221007231801

2022年9月30日 (金)

隆さま劇場 2022.9.30.

1_20221001003901

毎月 最終金曜日のコーナー 相撲甚句漫談の「満金留男の笑いの宅配便」

満金さんは 嵐のように現れて 好き勝手に しゃべって 嵐のように去ってゆくように感じるが さすが 年の功で 一言一句に 味がある

きょうは 「2.6.2.の法則(にーろくにの法則)」を教えていただいた

会社など 世の中の組織を構成する人員の中で 「役に立つ人は2割だけ 少し役に立つ人が6割 あとの2割は どうでもいい人」だそうだ そういえば・・ なぁるほど・・ 思いあたる・・

あ~ ドスコイ! どすこい!

2022年9月23日 (金)

隆さま劇場 2022.9.23.

1_20220923232701

「走裕介の唄ってよかんべ!」 今日は生放送

走裕介さんとは デビュー当時に 何度か スタジオでお会いして以来だから 十数年ぶりの再会だ

3_20220923232801

走裕介さんのトークは 飾らぬ言葉選びで 好感が持てる

私は 特別ゲスト「隆さま」という趣向で 登場させてもらった 

5_20220923234401

新曲「恋懺悔」に因んで 「懺悔」談義で 盛り上がった

明日 宇都宮市内で開催予定だった「走裕介の唄ってよかんべ!」公開録音は 台風の接近で やむなく中止となった 

走さんは 中止を詫びて「懺悔」した

 

「隆さまフレンズ」には クラリネット奏者・佐藤友香さんが出演した   

4_20220923232901

佐藤さんは 今年5月に バイオリン奏者・髙坂彩乃さんと クラシック音楽ユニット「Croche(クロシェ)」を結成し

人や自然に寄り添った音楽活動を通じて 栃木県の魅力を発信したいと 活動を始めた 

野菜やキッチン用品などで楽器を作るワークショップを加えるなど 親しみやすいコンサートも 行っているそうで

今日は 佐藤さんのクラリネット演奏に合わせて 佐藤さんが作った紙の皿のタンバリンと ペットボトルのマラカスで 私がリズムを担当し コンサートの真似事をして 遊ばせてもらった

 

今日は 走裕介さんのトークと 佐藤友香さんとの音楽遊びで 楽しいスタジオだった

来週から 秋の番組改編で 放送時間が 午後1時~午後6時45分までとなる

2022年9月16日 (金)

隆さま劇場 2022.9.16.

1_20220917011801

危険な台風と呼ばれている 台風14号が 日本列島に近づいているが まだ 当地は影響を受けず 湿気のない爽やかな秋晴れだった

今日も 「隆さま劇場」には 栃木県内のリスナーさんをはじめ 群馬・茨城・埼玉・東京・神奈川や 佐賀・愛媛・福島・新潟などのリスナーさんから メールやFAXをいただいた 感謝

 

「隆さまフレンズ」に 宇都宮市在住の作曲家 「遠藤勝美」さんが 出演した

およそ30年ぶりの 再会である

私の入社は 放送部(アナウンス部)だった その後 制作部・報道部・営業部 そして再び アナウンスセクションに戻るという経路をたどり 定年を迎えた後も 嘱託を経て 現在も 番組契約で パーソナリティーとして仕事をさせていただいている

遠藤さんとは 放送部・制作部当時に 一緒に仕事をしたことがある

久々の再会に 積もる話は山ほどあったが 放送では時間に制限があり 後日 改めて機会を設定することにした  

2_20220917011801

遠藤さんは 松原のぶえ歌唱の「雪国夜景」で 第7回古賀政男記念音楽大賞を受賞したのを契機に 本格的に音楽活動に専念し 多くの作曲作品を手掛けていて 歌手の育成もしている 

コマーシャルソングなども手掛け 栃木放送でも 数曲 オンエアーされていたことがある

現在は 鬼怒川で 泳いだり 釣りをしたりの ゆったりとした生活の中で 音楽活動をしているそうだ

このほどリリースした 木下龍太郎作詞 遠藤勝美作曲 田中千鶴歌唱の「止まり木雀」が 注目されているという

3_20220917011801

遠藤さんは カップリング曲の「愛する二人の宇都宮」では 作曲のみならず 田中さんとデュエット歌唱をしている

「愛する二人の宇都宮」の作詞は 宇都宮市在住の作詞家「山大紅葉」さんで 驚いたことに 山大さんは 「隆さま劇場」のリスナーさんだった!!

ラジオは どこで 誰が 聴いてくださっているかわからない 

長くこの仕事に携わっているが 改めて 気が引き締まる思いだった

2022年9月 9日 (金)

隆さま劇場 2022.9.09.

1_20220910011901

今日は9月9日 9が二つ重なる「重陽の節句」 

古来 中国では 奇数は縁起が良い「陽数」で 偶数は縁起が悪い「陰数」とされていて 「陽数」の最大値「9」が二つ重なる9月9日を「重陽」と呼び この日に 菊の花を愛でて「菊酒」を飲むと 長寿になるそうだ 「菊の節句」ともいうそうだ

書物を調べて 重陽の節句の意味を 恥ずかしながら 初めて知った

 

「隆さま劇場」のゲストコーナー「隆さまフレンズ」は 第二金曜日レギュラーの「古墳にコーフン協会」栃木県支部長の「亀和田聡」さんが出演

2_20220910011901

今回から 「古墳にコーフン協会」会長の「まりこふん」さんが唄う「古墳 de コーフン!」を テーマ音楽にして 亀和田さんが登場する演出にした

亀和田さんの墳活レポートは 東京都大田区立郷土博物館」で開催中の「大勾玉展」について 

3_20220910011901

県内の墳活ニュースは 大田原市佐良土の「東山道」発掘調査で 新たな区画溝が見つかり 役所跡の可能性があること

その他 リスナーさんからの質問に答えた

次回10月14日の放送では 番組から「重大発表」を行う!!

4_20220910025001

今日は 生放送中に CDが 突然停止して 音楽が流れないという事態が発生し 心臓が停まりそうになった

レコード時代には 針が飛んだり 同じ溝を繰り返したりということを経験しているが デジタルのCDが 突然停止する現象は 初めての経験だった

メカニックに詳しくない私には 原因が解らない

今夜は 多めの酒を飲んで 御祓いをすることにしよう!

何か 不吉な事件が起こる 前触れでないことを 祈っている

2022年9月 2日 (金)

隆さま劇場 2022.9.02.

1_20220902223401

9月に入って最初の金曜日 涼しいを通り越して 肌寒い一日だった つい数日前まで 猛暑・酷暑に耐えてきたことが 嘘のようである

諸事情で スタッフが変更となったが いつもと変わらずに 「隆さま劇場」がスタートした

2_20220902223401

「隆さまフレンズ」に 公演を間近に控えた 演劇ユニット「MICHI 93 (みちくさ)」の「さとう ゆきこ」さんが出演

「みちくさ」は 去年 「さとう」さんと「高野万沙子」さんで結成した 2人組演劇ユニットで

今月10日と11日 宇都宮城址公園近くの「アトリエほんまる」で 旗揚げ公演を行う3_20220902223401

演目は さとうさん書き下ろしの『美人ちゃん』で さとうさんは 脚本・演出も担当し 高野さんと共に舞台にも立つ

ストーリーは 「知人を頼って山間部に居候を始めた女は 居候先の女と山に登る 山と川に囲まれて暮らした女たちと 言葉と記憶と身体のいい加減さ・・・・」ということなのだが 展開や如何に・・・・

二人は 宇都宮女子高校の同窓生で 以前は 在京の劇団に在籍していたが 今後は ふるさと栃木を拠点に 活動する方針だという 

4_20220902223401

さとうさんは お母様とともに スタジオ入りした

お母様は 「シャラリラ歌謡曲」時代から 「隆さま大好き! リスナーさん」で 娘が隆さまの番組に出演するなら 是非 スタジオ見学をしたいと 訪ねてくださった

ありがたいことである

お母様と記念写真を撮ったり 昔話に花を咲かせたり スタジオの外で もう一つの盛り上がりがあった

2022年8月26日 (金)

隆さま劇場 2022.8.26.

1_20220827003201

「隆さまフレンズ」に 今秋公開の映画「日光物語」の監督「五藤利弘」さんが出演し 映画の見どころや撮影エピソードなどを語った

五藤監督は 話題作「おかあさんの被爆ピアノ」 新潟の山あいが舞台の「ゆめのかよいじ」 茨城が舞台の「レミングスの夏」 栃木県鹿沼市を舞台にした「ほうきに願いを」など 地域に根差した映画づくりをしている 

このほど完成した「日光物語」は 日光の二社一寺の参道入口にある人気カフェを舞台に カフェ経営者と家族を中心に 町の人々や日光を訪れる人々など 人と人とが織りなす人情物語

五藤監督は 「日光の名所旧跡で展開する 昔懐かしい人情物語を楽しんで 昭和へのノスタルジーを感じてほしい」と話していた

監督と一緒にスタジオ入りしたのは 以前 「隆さまフレンズ」に出演したことがある 「輪王寺 大猷院 二天門」の修復事業を手掛けた 伝統工芸士で文化財修復士の「伊原実穂」さん 

伊原さんも 端役だが 文化財修復士の役で出演しているそうで 「撮影は楽しかった」と笑顔で話した

2_20220827003201

主な出演者は AKB48の「武藤十夢」さん ミュージシャンの「スネオヘアー」さんなど 

輪王寺門跡役で出演した「宝田明」さんは この映画出演が遺作となった

今秋 全国公開予定で 栃木県内では 10月14日から 「MOVIX宇都宮」で上映される 

3_20220827003301

※この記事に掲載した3枚の画像は 五藤監督のツイッターから拝借して 加工したものです※

2022年8月19日 (金)

隆さま劇場 2022.8.19.

1_20220820003201

番組打ち合わせデスクに バウムクーヘンなどが届いた 

試食するよう指示が出たが 放送中に食して感想を述べたいので 深いバターの香りを確認しただけで 食するのを我慢した

円盤状のバウムクーヘンは見慣れているが これも バウムクーヘンなの?

3_20220820003201

このバウムクーヘンは 「ろっくバウム」という 日光・鬼怒川温泉の渓谷美をイメージしたもので 岩肌を表現している

オブジェとして 飾りたくなるようなデザインと色 一目見て お気に入りになった

「隆さまフレンズ」に出演した 日光・鬼怒川温泉駅前の「バウムクーヘン工房 はちや」代表取締役・八木澤正則さんが 紹介してくれた

2_20220820003201

「バウムクーヘン工房 はちや」は 日光・鬼怒川温泉を訪れる世界中のお客様に 大自然 日光の恵みで育った上質で新鮮な素材を使用して 商品を提供することがポリシーで

日光の地のたまご カルピスバター 北関東の小麦粉を使用して 人と人 人と土地の 心の絆を深めてもらいたいと言う

 

明日からは 「ろっくバウムラスク」を発売する 

バウムクーヘン製造過程で出る 端切れを使ったラスクで バターの香り豊かなラスクだ 食品ロスの観点からも注目される

 

バウムクーヘンの美味しい食べ方を提案する「はちやカフェ」も 併設している

 

鬼怒川温泉駅を降りて左側 「SL大樹」の方向転換ターンテーブルのある方向には 焼きそば「きっかぶ」がある

鬼怒川温泉駅を降りて右側に 「バウムクーヘン工房 はちや」がある

などと話していたら リスナーの「日光の健太朗」さんから 11年ぶりにメールが届いた

 

『仕事の都合で ラジオを聴けなくなったが 今日は 休みで 隆さまの放送を聴いています

「バウムクーヘン工房はちや」の八木澤さんとは友人です 私の家は 焼きそば「きっかぶ」の近くです・・・・』

 

あらら みんな どこかで つながっている!!

2022年8月12日 (金)

隆さま劇場 2022.8.12.

1_20220813000801

「隆さまフレンズ」は 第二金曜日レギュラー出演 「古墳にコーフン協会」栃木県支部長の亀和田聡さん

亀和田さんは 胸に古墳のプリントのTシャツで登場 

2_20220813000901

亀和田さんのTシャツのプリントは 大阪堺市にある日本最大の古墳で エジプトのピラミッドや 中国の清の始皇帝陵より大きく 世界三大墳墓といわれている「仁徳天皇陵古墳」をデザインしたものだ さすが 亀和田さんだ

3_20220813000901

亀和田さんんが いつも肌身離さず持ち歩いている「前方後円墳」のクッション 

実は 栃木県小山市の「摩利支天塚古墳」を デザインしたものだそうだ

このクッションは 奈良市で 工房「宇宙椅子」を営む 「フクトク クニヲ」さんの作品で フクトクさんは 各地の古墳クッションなどを 注文制作販売をしている 

4_20220813000901

フクトクさんは 古墳クッションを手掛けて10年を記念する 「にっぽんの古墳クッション展」を 奈良県立図書情報館で開催中だ

最新作品は 今や 考古学ファンなどから大きな注目を集めている 栃木県大田原市の「下侍塚古墳」クッションで 

会場では 現地取材などの動画も放映されていて 動画の中に 亀和田さんも登場しているそうだ

これらの情報は 数名のリスナーさんから メールで報告があった

その他 質問メールなどが殺到し 紹介しきれなかったメールがあり 来月の放送に持ち越すことになった

 

亀和田さんから 8月7日に行われた「茨城墳活 まりこふん バスツアー」の みやげ話もあり 栃木県でも 墳活バスツアーを開催したいねぇ!!と 笑い話で時間切れとなった

「栃木放送開局60周年記念 亀和田聡 監修 隆さま劇場 栃木墳活 まりこふん バスツアー」なんて どうかな?

勝手に 幻の企画を 夢想している

2022年8月 5日 (金)

隆さま劇場 2022.8.05.

X_20220805225901

今日は番組に 「第3回とちぎのグルメスタンプラリー」の抽選会が 組まれていた

番組放送前の打ち合わせで 営業部から 抽選進行概要の説明があり 応募はがきが入った抽選箱が渡された

応募ハガキ総数1209通で ギフトカード1万円×6名や ガソリンチケット1万円×6名など 総勢88名が当選することになっている

さぁ どなたが当選するのか ワクワクしながらスタジオ入りした

当選された方々 おめでとう! はずれてしまった方々 ごめんなさい!

より以前の記事一覧