« 明日から師走~ゆく年くる年~ | トップページ | 京都・智積院の名宝 »

2022年12月 1日 (木)

第30回秋吉恵美 本音 コンサート

3_20221202002801

「第30回 秋吉恵美 本音 コンサート」が コロナの影響で 延び延びになっていたが 今日 三年ぶりの開催となった

私は 恩義ある秋吉さんのため 毎年 末席をけがして 応援している

今回も 「歌謡曲 演歌」「心歌」と 自ら三味線を演奏しながらの「端唄 俗曲」を織り交ぜて構成していた

司会と解説は 元NHKアナウンサーで 古典芸能解説者の「葛西聖司」さん 

葛西さんは 古典芸能など日本の芸能の研究家で 講師・講演活動や執筆活動も行っていて 著書も多いだけに その語りは 秋吉さんの端唄や俗曲に 重厚さを加味していた

ヒット曲「人妻椿」や「女の酒」など歌謡曲では 葛西さんが イントロにナレーションを入れるなど 懐かしさを感じる歌謡ショーだった

秋吉さんの年齢を知る由もないが 声量に衰えがなく 以前より 発声の表現が 繊細でありダイナミックでもあった

30回目を迎えた決意表明で 今後も 「歌謡曲」と 石坂まさおさんと創り上げた「心歌」と 「端唄 俗曲」の三本柱で 自信を持って歌手生活を続行することを 語っていた  

4_20221202002801

« 明日から師走~ゆく年くる年~ | トップページ | 京都・智積院の名宝 »

コメント

隆さまが骨折で入院中、「女の酒」のデモテープを持ってお見舞に。昭和62年の1月発売。既に40年近い歳月。
あの時私は、わざわざ病院に行かない方がいいですょ、入院中の姿は見せたくないから、と言ったのに、そうじゃないよ。困っている時に会いに来てもらった人のことは、一生忘れないよ、と石井社長に促されての同行でした。その言葉は、今も活きています。
今も隆さまは、秋吉惠美を観ていて下さり、一年一度の本音コンサートに必ず来場下さる。
たった一度のお見舞が、40年もの歳月を引きづって、今も感謝の言葉を互いの想いの中で交しています。嬉しい縁です。感謝ばかりです。
秋吉惠美

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 明日から師走~ゆく年くる年~ | トップページ | 京都・智積院の名宝 »