« 2022年4月 | トップページ | 2022年6月 »

2022年5月

2022年5月29日 (日)

ムラサキツユクサ

1_20220529152101

明日5月30日は ゴ・ミ・ゼロの日 これを前に 今日の日曜日 早朝から 町内一斉に ゴミ拾いの清掃活動が行われた

参加するために 早起きをしたら 庭のムラサキツユクサが咲いていた

名前の通りに 紫色が美しい

気乗りがしない 早起きだったが 庭のあちこちに咲く ムラサキツユクサの花を見たら なぜか嬉しくなって 清掃活動参加も 苦でなくなった

2_20220529152101

ゴミ拾い清掃活動が終えて 帰宅すると 猛暑の中 ムラサキツユクサの花は 萎んでしまっていた

雨や曇りの日は 一日中 咲いているのかもしれないが 晴れの日は 早朝から せいぜい午前中だけの 開花のようだ

2022年5月27日 (金)

隆さま劇場 2022.05.27.

1_20220527230301

「隆さま劇場」のコーナー番組 「ラジオ de とちなかファンルーム」が 最終回となった

パーソナリティーの 「ホンダカーズ栃木中」常務取締役「若井明香(さやか)」さんが このほど 「代表取締役社長」に就任し 多忙になり 番組を一時中断することになった

若井さん! 社長就任 おめでとうございます!

顧客サービスを充実させ 社員を守り 社業を発展に導き 更には 県内経済発展の牽引役を担うことになるであろう 若き女性社長 誕生である

今後のご活躍を祈るばかりだ

「ラジオ de とちなかファンルーム」担当ディレクターの飯田絵里さんが 若井さんに花を贈って労い 併せて 社長就任を祝った 

2_20220527230301

若井さんとは 1年数ヶ月のお付き合いだったが 毎週 素敵な洋服を お召しになっていた

今日は 後ろ姿のデザインがユニークだったので 無理を言って シャッターチャンスを作ってもらった

今後も 時折 「隆さまフレンズ」などに 出演していただくことを約束して 見送った

 

「隆さまフレンズ」は ウクレレ奏者の「ププ湯沢」さんが出演 

3_20220527230301

ププ湯沢さんが ウクレレに出会ったのは 小学二年生の時で 家族で行った当時の「常磐ハワイアンセンター」のショーだったそうだ

ププ湯沢さんは お隣の放送局「Radio Berry」で 番組を持っていて DJを務めている 

今日は ゲスト出演で いつもとは逆の立場だが 「質問されて答えるのは 実に 気分がいい」と 笑っていた

ウクレレ教室「Pupu's studio 宇都宮」を主宰している他 演奏活動も行っていて 

6月5日には 那須塩原市の「箱の森プレイパーク」で 「Sio Fes 2022」というイベントを企画している  

5_20220527230401

 

相撲甚句漫談の「満金留男の笑いの宅配便」 今日は中継でなく スタジオからの放送

4_20220527230401

満金さんは 益子焼の工房で 自身の「骨壺」を制作中だという

「自分の家は 自分で造る 最後の家づくりは 骨壺だよ」と 骨壺づくりを薦めてくれた

一瞬 ギョッとしたが 納得の方向に 心が揺らいだのは 私も 年をとった証拠かもしれない

2022年5月25日 (水)

デンドロビウム

4_20220525233501

たぶん デンドロビウムだと思う 

数年前にいただいた鉢植えを 枯らさないように気配りをしているので 今年も 花を付けた

でも 年々 花の色が薄くなり 樹勢も弱々しくなった気がする でもいいか!

いただいた花を 大切に育てるのは 贈り主への感謝の心だ

2022年5月23日 (月)

キウイの花

1_20220525233401

キウイの木が こんなに繁って どうすりゃいいんだろう

去年の秋 バッサバッサと 刈り込んだのだが 春に新芽が出て 枝が どんどん伸びた 

2_20220525233401

剪定の知識がないから 素人感覚で 枝を刈り込んだのが 良かったのだろうか 今年は 花の数が多い

3_20220525233401

今年は 去年より多く 実を付けるかも知れない 

2022年5月22日 (日)

ジャガイモの花

X_20220523012401

知人の勧めで植えた ジャガイモの花が咲いた

ジャガイモの花を しみじみと観察するのは 初めてかも知れない 

Y_20220523012501

先日 訪ねた「すみちゃん」ちの ジャガイモの花は 白い花と

Z_20220523012501

切り花にして飾ってもいいような 可愛い花だった 

ジャガイモの種類によって 花の色や形状が異なると 説明を受けた 

あれ? 私が植えたジャガイモの銘柄は なんだったかな? 

調理をする時に 皮が剥きやすいようにと ゴツゴツしてなくて 表面が割と平らなイモを選んだのだが 名前を忘れてしまった

ジャガイモは 植えた数の10倍収穫できると聞いた 私は 10個植えたから 100個収穫できる計算になる

これは大変だ!

2022年5月20日 (金)

美男&美女

A_20220522233701

「隆さま劇場」 「ラジオ de とちなかファンルーム」は 「ホンダカーズ栃木中」の若井明香さんと 陽南店カーライフコンサルタント・マネージャーの金子誠さんが出演

金子さんは 定年を迎えたが 実績と人柄が認められ 引き続き勤務するという

「ホンダカーズ栃木中」の「リチャード・ギア」の異名を持つ ダンディーな金子さんの 若さの秘訣は サウナで整えることだそうだ

 

B_20220522233701

「隆さまフレンズ」は 「ミセス ジャパン 2022 栃木大会」の話題

C_20220522233701

ミセス ジャパン 2019 日本代表で エリアディレクターの長谷川あつこさんと

ミセス ジャパン 2020 ファイナリストの橋本仁美さんが 

コンテストの趣旨や ミセスの美について話してくれた

「ミセス ジャパン」とは 「内外面の美しさを持ったミセス」を選出し 日本を代表する女性として表彰を行うミセスのための大会で

「ミセスの美と魅力」は 外面だけでなく これまで生きてきたストーリーによって培われたものだそうだ

未婚既婚を問わず 25歳以上の女性なら応募可能で 水着審査・身長・体重による出場制限はない

「内面の美しさ」は アピールも 評価も 難しそうだなぁ・・

D_20220522233701

ミセス ジャパンのページに 番組出演の案内が掲載されていた

(橋本仁美さんは 別のコンテスト「2022 ベスト オブ ミス 栃木」のプロデューサーを務めている)

2022年5月14日 (土)

五月のバラ 2022

15_20220515015001

栃木市大平町の妹宅を訪ねた

2_20220515013701

義弟が育てている バラの見学は 後日に予定していたのだが 所要を兼ねて 急遽 今日 訪ねることになった  

3_20220515013701

明日から 入口に「植 花 夢 (ウエルカム)」ボードを掲げて 公開する予定だそうだ

4_20220515013701

咲き始めたばかりで まだ 蕾が多いが 実に 美しい

5_20220515013801

今週末に発行される 地元のタウン誌に 紹介されるそうだ

6_20220515013801

地元のケーブルテレビからも 取材の依頼があるという

7_20220515013901

名前を教えてもらっても 覚えきれない

8_20220515013901

花を愛で 香りに包まれながらの散策は 贅沢な ひと時だ 

9_20220515013901

昨夜来の雨の滴が 花の中で光っている

10_20220515013901

今日は 数歩 歩いただけでも 汗がにじむ蒸し暑さになった

11_20220515014001

訪ねる途中のコンビニで アイス最中を買ってきたので 妹夫婦と 食べながら散策した

12_20220515014001

毎日 手入れを続け 一年かけて見事に咲かせたバラは 義弟の作品だ

13_20220515014001

明日から 義弟のバラの作品展「植 花 夢(ウエルカム)」が始まる

今年も 多くの人達が 鑑賞に訪れることであろう 

14_20220515014101

2022年5月13日 (金)

ベテランと新人

1_20220514000001

「隆さま劇場」 今日も スタジオ生ゲストや 電話出演ゲストが大勢だった

「隆さまフレンズ」には 「古墳にコーフン協会」栃木県支部長の亀和田聡さんが出演した

亀和田さんが 初めて 古墳にコーフンしたのは 子どもの頃だと言うから 墳活歴はベテランだ

ゴールデンウイークを利用して 和歌山・奈良・大阪など 約40ヶ所を墳活した中から 特に 世界遺産「百舌鳥・古市古墳群」を ヘリコプター墳活した感動を 興奮気味に話してくれた

リスナーさんから寄せられた 古墳に関する質問にも 解りやすく答えていただいた

 

2_20220514000001

「益子館・里山リゾートホテル」の女将・高橋美江さんと 若女将・高橋絵莉さんも出演し

このほど 「益子館」内にオープンしたスポーツジム 「温泉&フィットネスクラブ・フラネ」を 案内してくれた

益子町初の 本格スポーツジムということで 各方面から注目を集めている

5_20220514005701

先日 「とちテレ」のニュース番組の取材を受け 抱負を語る若女将・絵莉さん

若女将としての自覚が 見え隠れしていて頼もしい 将来が楽しみである

若女将誕生で 女将の美江さんも 会長の髙橋幸男さんも まずは一安心かもしれない 

  

3_20220514000101

「ラジオ de とちなかファンルーム」は 「ホンダカーズ栃木中」の若井明香さんが 取締役・車両部長の佐藤良幸さんと共にスタジオ入り

佐藤さんは 入社歴35年 それ以前も 車関係の仕事に就いていたそうだ 

30歳から40歳までの10年間は カーライフコンサルタントを務め 契約数1000件という経歴がある 

その間の エピソードの一端を披露していただいた ベテランの話には 一言一句に味がある

2022年5月12日 (木)

笹竹の垣根を刈り込む

1_20220513000101

今夜から 雨になるという

降りだす前に 敷地南側の道路に面した 笹竹の生け垣の 刈り込みをしよう!

と庭に出たが なかなか作業に腰が入らず 庭のあちこちを 見まわしていた

「都忘れ」の色がいい 名前もいい 大好きだ

2_20220513000101

「マーガレット」も 風に揺れている

3_20220513000101

去年 雑草防止のグランドカバーに植えた 柿の木の下の「タピアン」が 冬を越して芽を出し 花を咲かせて グランドカバーの役割を 立派に果たしている・・・・

などと 庭の花を見まわしていたら 笹竹の刈込のことなど すっかり忘れていた

5_20220513001901

背丈が伸びて 不揃いになった笹竹の 刈り込み作業に取り掛かったのは 庭に出てから 約1時間後だった

刈り込み鋏で チョッキン チョッキン 刈っていると 蒸し暑くて すぐに汗が流れだした

羊羹のような 直方体に仕上げるイメージだったが・・ まあまあ これでよし

刈り取った枝葉が 道路上に散乱しているので 熊手で集めて 箒で掃いて ビニール袋に詰め きれいな道路に復活させた

 

作業中 道路を通る 車や自転車のドライバーや 散歩する人などが 声を掛けてくれる

「精が出ますね きれいになりますね!」

「きょうは お仕事お休みですか?」

「電動の鋏だと 楽に奇麗に刈れるよ 値段は そんな高くないから 買ったら・・」

「曇っていても 日焼けするから もっと大きい帽子がいいですよ」

「危ねぇぞ! 道路でウロウロしてちゃぁ 危ねぇんだよ!」

「道路に散らかして! 掃除するんだろうなぁ!」

人 様々な お声がけに 内心とは裏腹に 「はい!」「ありがとうございます!」と 素直に答えた

自転車で帰宅途中の 高校生が 「こんちは!」と挨拶して通り過ぎる姿が清々しく 大きな声で「こんちは!」と 返答した

東南アジアの人と思われる男性が 自転車のペダルを踏みながら カタコトの日本語で 「コ・ニ・チ・ワ!」と 挨拶して通過した 思わず手を振って「こんにちは!」と 挨拶した

2022年5月11日 (水)

芍薬とキスゲ

1_20220512001001

天気予報によると 明日の夕方から 雨続きになるという

2_20220512001101

満開の芍薬も 今日が 見納めになるかも知れない

3_20220512001101

強い雨と風に見舞われると 繊細な花びらは あっと言う間に 見る影もない姿になってしまう 

4_20220512001101

我が家の芍薬は 今日が 一世一代の晴れ舞台となりそうだ

5_20220512001101

庭の片隅に群れ咲くキスゲも満開だが

6_20220512001101

予報通りの天気になると 風雨に耐えきれず 葉も花茎も 地面に叩きつけられてしまう

花の命は短いのだから せめて 残酷な終焉とならないことを祈る

2022年5月 7日 (土)

アヤメが咲いた

1_20220507200101

ゴールデンウイークだが 特記すべき事もなく 日々 平凡に過ぎてゆく

2_20220507200101

平凡であることが 幸せなのかもしれないなぁ・・・・

3_20220507200101

去年 株分けをして植え替えた アヤメが咲いている きれいだ・・・・ 

花が終えたら また株分けをして 別の場所に アヤメの群生を作ることにしよう

2022年5月 6日 (金)

熟女 1+4

1_20220506233101

熟女に囲まれた「隆さま劇場」だった

「ラジオ de とちなかファンルーム」は 「ホンダカーズ栃木中」の若井明香さんと 電話出演の西那須野店カーライフコンサルタントの螺良さん

若井さんは ペンダントもスカートも ベージュと黒のハーフ&ハーフのコーディネートで登場 よくお似合いだ

 

「隆さまフレンズ」には 栃木の熟女歌手4人が出演 

2_20220506233101

このほど 栃木の熟女歌手4人が 「大福ねんきん48」というユニットを結成した

左から 「北山さち」さん「花山ゆか」さん「安田郁」さん「美咲はるか」さん

酸いも甘いも噛み分けた熟女が 四人も揃うと おとなの会話が暴走して止まらない 

まるで お笑い芸人のコントのような 会話の裏側には 人生の苦楽や悲哀が見え隠れして 一言一句に 味がある      

3_20220506233101

4月27日に 栃木の温泉地を舞台にした 明るく楽しい曲で 栃木県を盛り上げようという 「なんてったって栃木だね!」をリリースした

遊び心いっぱいの CDジャケットの写真は 宝塚歌劇団のようで 花山さんと安田さんが女役 北山さんと美咲さんが男役

4_20220506233201

それぞれ ソロ活動とともに 「大福ねんきん48」のユニット活動を展開するそうで 来月 宇都宮市文化会館で「なんてったって栃木だね!」の新曲発表コンサートを 開催する

熟女パワーが 炸裂する

« 2022年4月 | トップページ | 2022年6月 »