« いちごの Xmasツリー 2021 | トップページ | 美味しさの探求 »

2021年12月10日 (金)

パーカーと酒とケーキと私

1_20211211005601

「隆さま劇場」の打ち合わせ中 元 栃木放送ディレクターで 現在 東京の放送局に勤務している 直江君から 背中に龍の模様が施されている「龍が如く」というパーカーが届いた

添えられていた手紙には 「隆さま(龍さま)にピッタリのパーカーを見つけたので送ります 今後も 元気に お仕事に励んでください」と書かれていた

彼の記憶に 私が存在していることが嬉しくて 涙が滲んだ

直江君とは 「道の駅思川」からの公開生放送で 毎週 一緒に仕事をした 細身の身体だが 仕事への情熱は人一倍だった

ある日の事 近くで火災が発生した時 突然 上司からの指示で 彼が 火災現場に向かい レポート中継したことがある

言葉選びが巧みで アナウンサー顔負けの 的確な中継だった 

「直江君! 素晴らしい中継だったよ!」と伝えると 黙したまま肩をすくめて ニッコリと笑顔を見せていた彼の表情を はっきりと覚えている

東京の放送局でも 懸命に業務に励んでいることと 推察している

直江君 ありがとう!

 

今日の「隆さま劇場」最初のゲストは 「とちぎの企業 ホップ・ステップ・ジャンプ」に出演の 塩谷町の「小島酒造店」6代目社長 小嶋拓さん 

2_20211211005601

小嶋さんは 酒造りの全工程に携わっていて 特に 昔ながらの絞り機を使い 3日間かけて ゆっくり絞り上げることに拘り  雑味の少ないソフトな味わいの日本酒を造っているそうだ

「かんなびの里」と「新郎」という銘柄が主力商品で 今日は  一番しぼり生酒「新郎」を お持ちいただいた

利き酒をと思ったが スタジオで仕事中につき お預けとなり 自宅でいただくことにした

5_20211211005701

小嶋さんは 新商品の開発にも余念がなく 来年4月以降には 100ミリリットルボトルの「かんなびの里」を発売する予定で ラベルデザインなどは未完成だが 試飲ボトルを見せてくれた

小嶋さんの熱意に感動し 発売が決まったら 来年4月に 「隆さま劇場」に出演して 紹介していただく約束をした

しかし 4月は番組改編である 私の雇用関係が不明であり 担当番組続行の保証がないので その節は どの番組かに紹介して 出演してもらうことにした

 

「隆さまフレンズ」のゲストは 第2金曜日レギュラーの「古墳にコーフン協会」栃木県支部長 亀和田聡さん

3_20211211005601

いつものように 「前方後円墳」を模ったクッションを抱いている 少し早いクリスマスですと ケーキを差し入れてくれた

話題は 12月1日に 亀和田さんの企画で案内していただいた「侍塚古墳」墳活ツアーの総括と 亀和田さんが参加した長野県内墳活ツアーのみやげ話など

亀和田さんは 明日開催される 第1回「侍塚古墳」発掘調査 現地説明会に参加するそうで 日頃の古墳取材と研究は まるで考古学者であり アマチュアの域を超えている

 

「ラジオ de とちなかファンルーム」は 「ホンダカーズ栃木中」の若井さやかさんと 競輪場通り店店長の佐藤聡志さんが出演

4_20211211005601

佐藤さんは 今月から店長に就任したばかり 俳優を想わせるオーラが漂う ダンディーな品格を持ち合わせている

« いちごの Xmasツリー 2021 | トップページ | 美味しさの探求 »

コメント

「隆さまブログ」拝見致しました。

古墳にコーフン協会栃木県支部長の亀和田さんのトーク。
本当に素晴らしく、全国から聴いております。

未だに謎の邪馬台国 。
亀和田さんの見解を楽しみにしている卑弥呼でございます。

栃木県の古墳の特色も様々。
時空を超えて、私たちに何を語って下さるのでしょうか。
ロマンが膨れあがる古墳ストーリー。

隆さまと亀和田さん、皆さまの「墳活ツアー」日記を、今後も楽しみにしております。

直江ちゃん。懐かしい💓
道の駅思川や玲子さんの番組など…お世話になりました。
あの頃は、とっても楽しかったです。
ご立派になられたことでしょうね。
ますますのご活躍をお祈り申し上げます。M

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いちごの Xmasツリー 2021 | トップページ | 美味しさの探求 »