« 酒は飲め飲め | トップページ | 金龍が現れた »

2012年2月16日 (木)

月への想い

1  

 

 満月の夜 月の都から 使者が訪れ

 

 かぐや姫が 月に帰ることになりました

 

 

 

 イラストレーター加藤彩さんのデザイン

 

 

 

 バレンタインデーのチョコレートです 

 

 驚きました・・・・ 

 

 金色の紐を ほどいて・・・・

 

 蓋を開けると・・・・

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 かぐや姫が 帝に贈った歌が・・・・

 

 

 

 (現代語訳)

 

 今は もう 天の羽衣を着て

 

 お別れする時と なりました

 

 貴方のことを

 

 心から 懐かしく恋しく 想うのです

 

 

 

 チョコレートは

 

 レリーフ状に 浮き出ています

 

 

 

翁も帝も 月を見るたびに かぐや姫を想い かぐや姫は 地球を見るたびに 翁や帝を 想い出す・・・・

 

何と 切なくも 美しい演出の チョコレートでしょうか・・・・

« 酒は飲め飲め | トップページ | 金龍が現れた »

コメント

うわ~なんてロマンチックな素敵な演出なんでしょう~

りゅう様の感激が伝わります

真理子姫、ステキ~~

うわ~なんて、素敵な ロマンチックなバレンタインのチョコなんでしょう~
初めて見せて頂きました。

隆さまが、たくさんの人から素敵なチョコやを頂くのは
隆さまが、ときめきや夢や希望をたくさんの人に与えている証拠ですね。

ラジオから流れる隆さまの声には、ホントに癒されます。
チョコも渡せなかった私ですが・・・隆さま、ありがとうございます

日本の芸術!!ですね。 きれいです。

凄く芸術的な『チョコレート』ですね。
飾って置きたく成って 食べて仕舞うのが 
勿体無いですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月への想い:

« 酒は飲め飲め | トップページ | 金龍が現れた »