2022年10月 7日 (金)

隆さま劇場 2022.10.07.

1_20221007231801

「隆さまフレンズ」に 去年6月 栃木を盛り上げるために発足した「栃木プロレス」代表の「臼井伸太郎」さんが出演した

結成2年目を迎えた「栃木プロレス」は 新規事業として「この街ツアー」の活動を立ち上げ 県内の各市町でイベントを開催していて 地方創生を掲げるほか いじめ撲滅や 環境問題にも取り組んでいる

11月3日には 県庁前広場で「まるごと きれいに すっぺ!」と銘打ったプロレス活動を展開する

 

「栃木プロレス」は 来週から 毎週金曜日 2時30分から レギュラー番組「週刊 栃木プロレス」をスタートさせる

臼井代表は 「僕らの少年時代は ≪金曜8時!がプロレスの時間でした これからは プロレスは 金曜2時半!≫と言ってもらえるよう定着させたい」と話した2_20221007231801

 

今日は 「ハロウィンジャンボ宝くじ」の案内で 「幸運の女神」も登場した

3_20221007231801

出演したのは 令和4年度 宝くじ「幸運の女神」5名のうちのひとり 「嶋﨑百萌香」さん

5億円ねぇ・・ お金は いくらあっても邪魔にならないから 欲しいなぁ・・

当たるようにと 幸運の女神スタンプを 手のひらに押してもらったが 御利益があるかどうか

まずは 宝くじを買わなきゃ!

4_20221007231801

2022年10月 2日 (日)

鑑真和上と下野薬師寺

3_20221003003201

栃木県立博物館 開館四十周年 記念特別企画展 「鑑真和上下野薬師寺~天下三戒壇つながる信仰の場~」を観た

天下三戒壇の一翼を担った「下野薬師寺」について 学習してきた

1_20221003002201

「下野薬師寺」は 古代下野の仏教文化を象徴する名刹

【歴史】

≪飛鳥時代≫ 創建される 「大宝律令」の選定者の一人である「下毛野古麻呂」を生んだ豪族「下毛野」氏の勢力下に成立した

≪奈良時代≫ 唐僧「鑑真」による授戒作法を執り行う「戒壇」が 東国で唯一設置され 東大寺(奈良)・ 観世音寺(太宰府)とともに 天下三戒壇と称される 以後 東北・関東の授戒と 信仰の中心寺院となり隆盛を誇る

≪平安時代≫ 一時衰退する

≪鎌倉時代≫ 「慈猛」が 戒律と真言密教を柱として再興する

≪南北朝時代≫ 「足利尊氏」によって「安国寺」と改称される 以後600年以上「安国寺」として存続

≪平成30年(2018年)≫ 本堂・山門・本尊など「平成の大改修」を行ったのを機に 寺名を「下野薬師寺」に復古する

 

「下野薬師寺」に下向した日本屈指の高僧は 「鑑真」の高弟の「道忠」や 「道鏡」・「行信」など

「下野薬師寺」から排出された人物は 日光開山の「勝道」や 金沢北条氏の菩提寺である「称名寺」開山の「審海」など

 

【展示構成と展示品】

≪プロローグ≫ 日本に戒律を伝えた「鑑真和上」の紹介 「唐招提寺」の「鑑真和上」坐像の展示

≪第一章 古代下野すがた≫ 国宝「元暦校本 万葉集 巻二十」(東京国立博物館蔵)展示

≪第二章 鑑真和上の来日と戒律の伝来≫ 「唐招提寺」の国宝「薬師如来立像」など展示

≪第三章 天下三戒壇 下野薬師寺の創建と発展≫  下野薬師寺出土瓦など展示

≪第四章 下野薬師寺と人物・信仰の広がり≫ 重文「勝道上人像」(輪王寺蔵)など展示

≪第五章 下野薬師寺の衰退と復興≫ 平安時代の衰退から鎌倉時代の復興 南北朝時代の「安国寺」への寺名改称 国宝「下野薬師寺僧慶順解」(東大寺蔵)など展示

≪エピローグ≫ 現代につながる信仰の場「下野薬師寺」 唐招提寺薬師如来立像 復元模刻など展示

 

2_20221003002201

久々の歴史学習に疲れを感じながら 展示室を出ると 企画展にまつわる品を販売しているショップがある

コーヒードリップパック「下野薬師寺ブレンド」が 目に付いた 

仏教に合わせて コーヒー豆は インド産と中国産で 蓮の実と葉も ブレンドしてあるそうだ どんな味がするのだろうか 思わず独り笑いをしながら 買い求めた

 

「下野薬師寺」の住職・谷萩昌道さんは 高校時代の一学年先輩で 演劇部で一緒に活動をしたことがある

彼は 大学院まで進み ある大学の学長も務め 詩人でもある 今や 由緒ある立派な寺の住職だ

「下野薬師寺」は 私の住まいから近くにあるので 近々 訪ねてみることにした

高校時代以来 お会いしたことがないから 私のことなど 覚えていないだろうなぁ・・・・

2022年10月 1日 (土)

きょうから10月

A_20221002001901

今日から10月 このところ 厳しい残暑が続いているが 来週なかばから 本格的な秋の到来という予報だ

冷え込みが来れば 木々の葉の色づきが進むことであろう 今年は きれいな紅葉になるとの予測も出ている

コロナは 終息に向かっている という楽観的展望もあるが はたして どうなるものか

値上げラッシュで迎えた10月だが 秋の味覚が 更に充実する 

B_20221002002001

買い物に行っても なかなか手を出せない「シャインマスカット」を 今夜は 贅沢に いただいている

娘が 宅配で送ってくれた ありがとう!

2022年9月30日 (金)

隆さま劇場 2022.9.30.

1_20221001003901

毎月 最終金曜日のコーナー 相撲甚句漫談の「満金留男の笑いの宅配便」

満金さんは 嵐のように現れて 好き勝手に しゃべって 嵐のように去ってゆくように感じるが さすが 年の功で 一言一句に 味がある

きょうは 「2.6.2.の法則(にーろくにの法則)」を教えていただいた

会社など 世の中の組織を構成する人員の中で 「役に立つ人は2割だけ 少し役に立つ人が6割 あとの2割は どうでもいい人」だそうだ そういえば・・ なぁるほど・・ 思いあたる・・

あ~ ドスコイ! どすこい!

2022年9月28日 (水)

「渚ようこ」さん・・・・

1_20200927015201_20220929000001

今日は 「渚ようこ」さんの命日

2018年9月28日 台風24号の接近で 風雨に怯えていた夜 訃報を受けた

あれから 四年になる

どこからか 「阿久津さぁ~ん 人生 愉しんでるぅ・・」 って 渚さんのアンニュイな声がする 

幻聴だ (合掌)

2022年9月24日 (土)

山内惠介 @ 桐生市文化会館

1_20220925002601

台風15号の影響で 土砂降りの中 緊張して 北関東自動車道を走り 群馬県桐生市の桐生市市民文化会館に 向かった

到着したら 雨も 小降りになっていた

所在地は 桐生市「織姫町」

桐生市の「絹織物」をアピールし 「繭」をイメージしたデザインの会館は 空高く 「巨大な繭」が浮遊しているように見えて 宇宙基地を想わせる 異空間だった

入場した大ホールの名前は 「シルク」ホール 

座席には「桐生織」の布が張られている

緞帳は 外国のデザイナーが担当したそうだが 「織物」をイメージしていると思われる

5_20220925012101

コロナ禍で 疎遠になっていた 「山内惠介」さんのコンサートに 久々に 参加した

2_20220925002601

ご婦人方の熱烈な応援の中 新たなジャンルの歌唱を加え トークにも磨きが掛かって 更なる成長を感じた

「ぼくはエンカな高校生」をキャッチフレーズに 17歳でデビューした当時 何度か お会いしたことがあった

その後 三井エージェンシーの「三井健生」さんのもと 「つばめ返し」で 再起を図った時からは 一緒に仕事をする機会が多かった

もはや あの頃の 山内惠介さんとは思えぬ 大スターに成長している姿に 感動しながら拍手を贈った

 

ロビーで 三井エージェンシーの「三井健生」社長(現在は会長)ご夫妻に お会いした 相変わらず おしどり夫婦だ

コロナ禍で お会いできなかった分 お互いに いろいろ話はあったが コンサート会場では そんな余裕はない

久々の再会に 健在を確認し 握手をして その場を離れた

休憩時間に 突然 三井会長が 私を探して 座席まで来てくださった

暫し 立ち話をした

 

三井会長には 仕事上で 無理を言いながら お世話になってきた 

その恩返しが 山内惠介コンサートに 参加することだと思っている

次は 宇都宮で逢いましょう 

4_20220925002701

2022年9月23日 (金)

隆さま劇場 2022.9.23.

1_20220923232701

「走裕介の唄ってよかんべ!」 今日は生放送

走裕介さんとは デビュー当時に 何度か スタジオでお会いして以来だから 十数年ぶりの再会だ

3_20220923232801

走裕介さんのトークは 飾らぬ言葉選びで 好感が持てる

私は 特別ゲスト「隆さま」という趣向で 登場させてもらった 

5_20220923234401

新曲「恋懺悔」に因んで 「懺悔」談義で 盛り上がった

明日 宇都宮市内で開催予定だった「走裕介の唄ってよかんべ!」公開録音は 台風の接近で やむなく中止となった 

走さんは 中止を詫びて「懺悔」した

 

「隆さまフレンズ」には クラリネット奏者・佐藤友香さんが出演した   

4_20220923232901

佐藤さんは 今年5月に バイオリン奏者・髙坂彩乃さんと クラシック音楽ユニット「Croche(クロシェ)」を結成し

人や自然に寄り添った音楽活動を通じて 栃木県の魅力を発信したいと 活動を始めた 

野菜やキッチン用品などで楽器を作るワークショップを加えるなど 親しみやすいコンサートも 行っているそうで

今日は 佐藤さんのクラリネット演奏に合わせて 佐藤さんが作った紙の皿のタンバリンと ペットボトルのマラカスで 私がリズムを担当し コンサートの真似事をして 遊ばせてもらった

 

今日は 走裕介さんのトークと 佐藤友香さんとの音楽遊びで 楽しいスタジオだった

来週から 秋の番組改編で 放送時間が 午後1時~午後6時45分までとなる

2022年9月22日 (木)

ガチャガチャ 探し求めて 5年

2_20220922140701

「歌舞伎面 根付」が やっと 今日 五種類すべてが揃った

五年前に ひょんなことから出会った ガチャガチャの景品「歌舞伎面 根付」に魅せられ 探し求めて五年にしてである

左から 「鏡獅子」 「お軽」 「矢の根」 「助六」 「忠信」   

P_20220922140701

5年前 2017年8月16日 お盆の客人の「お子ちゃま」のお供で行った スーパーマーケットのガチャガチャコーナーで 発見し 魅せられてしまった

五種類すべてを集めたい一心で その後 毎日のように ガチャガチャコーナーに通った

いい年齢に達している私が ガチャガチャの前では すっかり お子ちゃまに変身している

百円玉を3枚入れると 1回 ガチャガチャに挑戦できる 

射幸心に煽られて 両替した百円玉を ジャラジャラとポケットに入れて 何度も 挑戦したが 同じものが出ることが多く 五種類は揃わない

そのうち この景品が出るガチャガチャが 売り場から消え失せていた

無いと思うと 欲望は 更に燃え上がるもので 以来 あちこちのガチャガチャコーナーを覗きこみ 探していたが 発見することができなかった

やがて 忘却の彼方に 追いやられようとしていた

 

ところが 先日 スマホの画像を整理していたところ このガチャガチャの画像が出てきた 

再び 五種類を揃えたい欲望が 沸々と湧いてきた

なにげなく その画像を Googleの画像検索に立ち上げたら 売っている!!事が判明した 

造形制作は大阪の会社で 販売は名古屋の会社 五種類セットで 球形のケースには入ってないが 値段は ¥1400.

即 申し込んだ

1_20220922140701

正式名称は 「カプセルQ ミュージアム 歌舞伎面 根付」というようだ

五年越しで やっと ガチャガチャ景品「歌舞伎面 根付」五種類を 揃えることができた 

五年前 いい大人が すっかり「お子ちゃま」に変身してしまって ガチャガチャに夢中だった姿を想い出し 苦笑しながら 「歌舞伎面 根付」を眺めている

2022年9月17日 (土)

母の命日

1_20220918010901

庭の彼岸花が咲き始めた

2_20220918010901

なぜか 今年の彼岸花は 茎が細くて ひよわだ 

近づく台風14号の風雨にさらされると 倒伏して 全滅しそうで心配だ

3_20220918010901

今日は 母の命日 他界して九年になるから 十回忌というのかな

妹たちが 墓参りに来てくれた 

三十三回忌を過ぎると 守護仏となって 自宅に帰るそうだが それまで 私が生きているとは考えられない

4_20220918010901

庭の三か所に植えた 西洋アサガオ「天上の蒼」が やっと咲き始めた

カヤの木に絡めた株は 太い茎が エネルギッシュに 空高くどんどん伸びている 

やがて 多くの花を咲かせると まさに見上げるほどの「天上の蒼」になる 

5_20220918011001

道路沿いに植えた株は 縦横に茎を伸ばし とぐろ巻くように 垣根のドウダンツツジを 覆っている

やがて 「キバナコスモス」と「天上の蒼」が 競い咲く垣根になる

解説書によると 霜が降りる頃まで 咲き続けるということだ


母の命日に 庭に 二種類の花が 咲き始めた

2022年9月16日 (金)

隆さま劇場 2022.9.16.

1_20220917011801

危険な台風と呼ばれている 台風14号が 日本列島に近づいているが まだ 当地は影響を受けず 湿気のない爽やかな秋晴れだった

今日も 「隆さま劇場」には 栃木県内のリスナーさんをはじめ 群馬・茨城・埼玉・東京・神奈川や 佐賀・愛媛・福島・新潟などのリスナーさんから メールやFAXをいただいた 感謝

 

「隆さまフレンズ」に 宇都宮市在住の作曲家 「遠藤勝美」さんが 出演した

およそ30年ぶりの 再会である

私の入社は 放送部(アナウンス部)だった その後 制作部・報道部・営業部 そして再び アナウンスセクションに戻るという経路をたどり 定年を迎えた後も 嘱託を経て 現在も 番組契約で パーソナリティーとして仕事をさせていただいている

遠藤さんとは 放送部・制作部当時に 一緒に仕事をしたことがある

久々の再会に 積もる話は山ほどあったが 放送では時間に制限があり 後日 改めて機会を設定することにした  

2_20220917011801

遠藤さんは 松原のぶえ歌唱の「雪国夜景」で 第7回古賀政男記念音楽大賞を受賞したのを契機に 本格的に音楽活動に専念し 多くの作曲作品を手掛けていて 歌手の育成もしている 

コマーシャルソングなども手掛け 栃木放送でも 数曲 オンエアーされていたことがある

現在は 鬼怒川で 泳いだり 釣りをしたりの ゆったりとした生活の中で 音楽活動をしているそうだ

このほどリリースした 木下龍太郎作詞 遠藤勝美作曲 田中千鶴歌唱の「止まり木雀」が 注目されているという

3_20220917011801

遠藤さんは カップリング曲の「愛する二人の宇都宮」では 作曲のみならず 田中さんとデュエット歌唱をしている

「愛する二人の宇都宮」の作詞は 宇都宮市在住の作詞家「山大紅葉」さんで 驚いたことに 山大さんは 「隆さま劇場」のリスナーさんだった!!

ラジオは どこで 誰が 聴いてくださっているかわからない 

長くこの仕事に携わっているが 改めて 気が引き締まる思いだった

2022年9月10日 (土)

月見る月は この月の月

1_20220911011901

今日は 旧暦の8月15日 中秋の名月・十五夜である 

必ずしも 中秋の名月が満月になるとは限らないのだが 今年は 中秋の名月と満月が 重なった

午後6時半頃 窓を開けたら 淡い黄色の満月が 姿を現わしていた

さぁ 月見酒だ

今宵は 一升瓶のふたを ポンと開けて コップ酒  

2_20220911011901

午後7時頃 宇都宮市在住のリスナーさんが 高性能カメラで撮った お月さまを メールで送ってくれた

クッキリ見える月面に 母を探した

2013年9月17日に死した母は 9月19日の中秋の名月で満月の日に 荼毘に付されて旅立った 

母は かぐや姫だったのかもしれない

夜も更けると 二階の私の部屋に 月明かりが 射しこんできた

コップ酒を 月光にさらすと 淡い月明かりが 酒と氷に増幅されて 乱反射した

3_20220911011901

先日 鹿沼市在住のリスナーさんが 「中秋の名月に寄せて」と 送ってくれた「和三盆」

「お月さま」を口にすると さらりと溶けた 「うさぎ」を口にしたら 跳ねるように溶けた気がした

日付が変わる前 家の構造上 私の部屋に射す月明かりが 消えた

 

月月に月見る月は多けれど月見る月はこの月の月

 

ちなみに 次に 中秋の名月が満月となるのは 来年2023年9月29日で それ以降は 2030年9月12日だそうだ

2022年9月 9日 (金)

隆さま劇場 2022.9.09.

1_20220910011901

今日は9月9日 9が二つ重なる「重陽の節句」 

古来 中国では 奇数は縁起が良い「陽数」で 偶数は縁起が悪い「陰数」とされていて 「陽数」の最大値「9」が二つ重なる9月9日を「重陽」と呼び この日に 菊の花を愛でて「菊酒」を飲むと 長寿になるそうだ 「菊の節句」ともいうそうだ

書物を調べて 重陽の節句の意味を 恥ずかしながら 初めて知った

 

「隆さま劇場」のゲストコーナー「隆さまフレンズ」は 第二金曜日レギュラーの「古墳にコーフン協会」栃木県支部長の「亀和田聡」さんが出演

2_20220910011901

今回から 「古墳にコーフン協会」会長の「まりこふん」さんが唄う「古墳 de コーフン!」を テーマ音楽にして 亀和田さんが登場する演出にした

亀和田さんの墳活レポートは 東京都大田区立郷土博物館」で開催中の「大勾玉展」について 

3_20220910011901

県内の墳活ニュースは 大田原市佐良土の「東山道」発掘調査で 新たな区画溝が見つかり 役所跡の可能性があること

その他 リスナーさんからの質問に答えた

次回10月14日の放送では 番組から「重大発表」を行う!!

4_20220910025001

今日は 生放送中に CDが 突然停止して 音楽が流れないという事態が発生し 心臓が停まりそうになった

レコード時代には 針が飛んだり 同じ溝を繰り返したりということを経験しているが デジタルのCDが 突然停止する現象は 初めての経験だった

メカニックに詳しくない私には 原因が解らない

今夜は 多めの酒を飲んで 御祓いをすることにしよう!

何か 不吉な事件が起こる 前触れでないことを 祈っている

2022年9月 6日 (火)

北海道からトウモロコシが届いた

1_20220907141301

北海道のリスナーさんが トウモロコシを 送ってくださった

北海道では 暖かくなってくる5月~6月に種を蒔き 8月~9月が収穫時期となり 今が旬なのだそうだ 

2_20220907141301

30cmを超える大きさで ぎっしりと詰まった甘味の強い実は シャキシャキとして 瑞々しい

実の皮が柔らかいので 皮が口の中に残ることなく 後味もさっぱりとしている

貪るように あっと言う間に ペロリと 1本を平らげてしまった

初めて食する 北海道産のトウモロコシに 感動した 

3_20220907141301

北海道のリスナーさんは 次の機会に 北海道産のジャガイモを 送りますから 食べてくださいと言う

有り難くて 涙腺が刺激された

私は まだ 北海道を訪ねたことがない 

一度 北海道の大地を踏みしめ 北国の青い空を 仰いでみたくなった

2022年9月 2日 (金)

隆さま劇場 2022.9.02.

1_20220902223401

9月に入って最初の金曜日 涼しいを通り越して 肌寒い一日だった つい数日前まで 猛暑・酷暑に耐えてきたことが 嘘のようである

諸事情で スタッフが変更となったが いつもと変わらずに 「隆さま劇場」がスタートした

2_20220902223401

「隆さまフレンズ」に 公演を間近に控えた 演劇ユニット「MICHI 93 (みちくさ)」の「さとう ゆきこ」さんが出演

「みちくさ」は 去年 「さとう」さんと「高野万沙子」さんで結成した 2人組演劇ユニットで

今月10日と11日 宇都宮城址公園近くの「アトリエほんまる」で 旗揚げ公演を行う3_20220902223401

演目は さとうさん書き下ろしの『美人ちゃん』で さとうさんは 脚本・演出も担当し 高野さんと共に舞台にも立つ

ストーリーは 「知人を頼って山間部に居候を始めた女は 居候先の女と山に登る 山と川に囲まれて暮らした女たちと 言葉と記憶と身体のいい加減さ・・・・」ということなのだが 展開や如何に・・・・

二人は 宇都宮女子高校の同窓生で 以前は 在京の劇団に在籍していたが 今後は ふるさと栃木を拠点に 活動する方針だという 

4_20220902223401

さとうさんは お母様とともに スタジオ入りした

お母様は 「シャラリラ歌謡曲」時代から 「隆さま大好き! リスナーさん」で 娘が隆さまの番組に出演するなら 是非 スタジオ見学をしたいと 訪ねてくださった

ありがたいことである

お母様と記念写真を撮ったり 昔話に花を咲かせたり スタジオの外で もう一つの盛り上がりがあった

2022年8月29日 (月)

オーラス 梨園

1_20220829230201
石川梨園の石川文雄さんから 電話が入った

「梨を収穫するから おいでよ! すぐ なくなっちゃうから 明日 おいでよ! 待ってるからね!」

 

えっ? 去年 梨園閉園を決意したはずなのに 今年も 梨を栽培したのかな・・・・

 

経緯はこうだ

閉園を決意し 梨の木の伐採など 梨園の更地化を始めたが すべての更地化作業が間に合わず 梨の木の一部が 残ることになったそうだ

残った梨の木を そのまま放置することは 忍び難く 本数も少ないので これまで同様 丁寧に栽培したそうだ

 

お疲れのようで 石川さんは 深い息をしながら 「これが 本当に本当に 最後の最後の梨だよ・・」と呟いた

収穫が終わると また 梨の木を伐採して 更地化作業に入るという

 

去年の閉園宣言で覚悟した惜別の石川梨園の梨を 思いがけなく 今年も食することができた

今夜も 石川梨園オーラスの梨を 石川さんの顔を浮かべながら 味わっている

2022年8月27日 (土)

夏の終わり

1_20220828015401

「割烹 隆さま」の開店準備をしていたら 7時の時報とともに 大きな爆発音がして 台所の窓が 明るくなった

窓を開けると 見える! 見える! 花火が見える!

2_20220828015401

しばし 窓越しに 花火を見ていたが コンロの火を消して 庭に出た

3_20220828015401

そういえば 町のサマーフェスタが コロナの影響で中止となり 花火の打ち上げのみ 場所を非公開で実施すると 知らされていた 

今夜だったんだ! 

打ち上げ場所が近いぞ!

4_20220828015401

庭で見ていても良かったが 家並みや木々 電柱などに遮られるので 近くを流れる田川の橋の袂へ行った

東の空に花火が光り輝き 西の空には 稲妻が走っている 花火と稲妻の 光の饗宴だ

5_20220828015501

今にも 雨を運びそうな涼しい風に 身体が冷えた

今年の夏も これで終焉だ・・・・

2022年8月26日 (金)

隆さま劇場 2022.8.26.

1_20220827003201

「隆さまフレンズ」に 今秋公開の映画「日光物語」の監督「五藤利弘」さんが出演し 映画の見どころや撮影エピソードなどを語った

五藤監督は 話題作「おかあさんの被爆ピアノ」 新潟の山あいが舞台の「ゆめのかよいじ」 茨城が舞台の「レミングスの夏」 栃木県鹿沼市を舞台にした「ほうきに願いを」など 地域に根差した映画づくりをしている 

このほど完成した「日光物語」は 日光の二社一寺の参道入口にある人気カフェを舞台に カフェ経営者と家族を中心に 町の人々や日光を訪れる人々など 人と人とが織りなす人情物語

五藤監督は 「日光の名所旧跡で展開する 昔懐かしい人情物語を楽しんで 昭和へのノスタルジーを感じてほしい」と話していた

監督と一緒にスタジオ入りしたのは 以前 「隆さまフレンズ」に出演したことがある 「輪王寺 大猷院 二天門」の修復事業を手掛けた 伝統工芸士で文化財修復士の「伊原実穂」さん 

伊原さんも 端役だが 文化財修復士の役で出演しているそうで 「撮影は楽しかった」と笑顔で話した

2_20220827003201

主な出演者は AKB48の「武藤十夢」さん ミュージシャンの「スネオヘアー」さんなど 

輪王寺門跡役で出演した「宝田明」さんは この映画出演が遺作となった

今秋 全国公開予定で 栃木県内では 10月14日から 「MOVIX宇都宮」で上映される 

3_20220827003301

※この記事に掲載した3枚の画像は 五藤監督のツイッターから拝借して 加工したものです※

2022年8月24日 (水)

鐘楼堂の上棟式

1_20220825011501

我が家の隣にある 菩提寺の「延命院」は 現在 鐘楼堂を建立中である

昨日 梵鐘「延命院 令和の鐘」が 京都・太秦の「梵鐘の岩澤」から 搬送された

鐘の口径107cm 重量2t 高さは龍頭まで含めて2mと 大きな梵鐘だ

鐘楼堂は 総欅で 主柱4本 控柱8本 扇垂木の寄棟造りで 宮大工の「藤沼」棟梁が 一世一代の大仕事と腕を振るっている

「梵鐘の岩澤」社長は このような鐘楼堂は 最近では 全国的にも稀な御堂だと 話していた

私は 鐘を見ると 能や歌舞伎の「道成寺」を 想い出してしまう  

2_20220825011501

この鐘楼堂建設は 来年 令和5年(2023年)6月15日が 弘法大師 空海の生誕1250年であることを記念しての 慶讃事業で

令和2年10月に地鎮祭を行い 現在に至っている

 

今日 午前中に執り行われた「お施餓鬼」に続き 午後1時から 鐘楼堂の上棟式が 行われた

3_20220825011501

法螺貝を吹く副住職とともに 住職が登場した

4_20220825011501

仏式の古式に則った上棟式となった

5_20220825011601

棟梁や寺の総代らが御堂に上がった

6_20220825011601

式典の最後は 住職や棟梁らが 御堂の最上にあがって祈祷した

7_20220825011601

聳え立つ欅の丸柱を見ていると アテネのパルテノン神殿を彷彿させた

8_20220825011601

やがて屋根が葺かれ 梵鐘が吊られて 建立完成の祝典が 来年の5月に行われ 6月15日の弘法大師 空海の生誕日後に 寺の諸行事に使用されるようである

 

実は 昨日 梵鐘が搬送される様子を 家の門近くで見ていたら 住職が手招きをするので 御堂に行った

到着したばかりの梵鐘を クレーンで吊あげて 試し撞きをするところだった

「阿久津さんも どうぞ」という住職の誘いで 鐘を撞かせてもらった

ご~~ん 低い音が遠くへ流れていき 鐘の音波が 体中に響いて沁みた ゆく年くる年の あの鐘の音だ

ご~~ん これからは 鐘の音が 我が家にも 流れてくる

我が家の隣に 鐘楼堂のある風景ができた

2022年8月19日 (金)

隆さま劇場 2022.8.19.

1_20220820003201

番組打ち合わせデスクに バウムクーヘンなどが届いた 

試食するよう指示が出たが 放送中に食して感想を述べたいので 深いバターの香りを確認しただけで 食するのを我慢した

円盤状のバウムクーヘンは見慣れているが これも バウムクーヘンなの?

3_20220820003201

このバウムクーヘンは 「ろっくバウム」という 日光・鬼怒川温泉の渓谷美をイメージしたもので 岩肌を表現している

オブジェとして 飾りたくなるようなデザインと色 一目見て お気に入りになった

「隆さまフレンズ」に出演した 日光・鬼怒川温泉駅前の「バウムクーヘン工房 はちや」代表取締役・八木澤正則さんが 紹介してくれた

2_20220820003201

「バウムクーヘン工房 はちや」は 日光・鬼怒川温泉を訪れる世界中のお客様に 大自然 日光の恵みで育った上質で新鮮な素材を使用して 商品を提供することがポリシーで

日光の地のたまご カルピスバター 北関東の小麦粉を使用して 人と人 人と土地の 心の絆を深めてもらいたいと言う

 

明日からは 「ろっくバウムラスク」を発売する 

バウムクーヘン製造過程で出る 端切れを使ったラスクで バターの香り豊かなラスクだ 食品ロスの観点からも注目される

 

バウムクーヘンの美味しい食べ方を提案する「はちやカフェ」も 併設している

 

鬼怒川温泉駅を降りて左側 「SL大樹」の方向転換ターンテーブルのある方向には 焼きそば「きっかぶ」がある

鬼怒川温泉駅を降りて右側に 「バウムクーヘン工房 はちや」がある

などと話していたら リスナーの「日光の健太朗」さんから 11年ぶりにメールが届いた

 

『仕事の都合で ラジオを聴けなくなったが 今日は 休みで 隆さまの放送を聴いています

「バウムクーヘン工房はちや」の八木澤さんとは友人です 私の家は 焼きそば「きっかぶ」の近くです・・・・』

 

あらら みんな どこかで つながっている!!

2022年8月16日 (火)

嵐で迎え 猛暑で送る盆

1_20220816133001

お盆の入り・迎え盆の13日は 台風8号の影響を受け 朝から 風雨が強くなった

精霊棚を飾りつけてから 強い風に煽られ 雨に濡れながら お墓参りをして 御先祖さまを迎えてきた

2_20220816133001

14日午前中 寺の副住職が 棚経に訪ねてくれた

副住職を見送った後 新盆を迎えた親戚 二軒を訪ねて 新盆参りをしてきた

15日には 妹たちが 来てくれた 

3_20220816133001

16日 送り盆の今日は 命に関わる危険な暑さになるという予報通り 朝から気温が上がって 佐野市の最高気温は38.8度になった

流れる汗を拭いながら 墓参りをして 御先祖さまを送り 精霊棚の後片付をした

御先祖さまも 台風と猛暑に 驚いていたに違いない

これで 夏の仏事が終わったかと思いきや 

21日は 父の命日だ 24日は 寺で施餓鬼法要がある

来月9月は 17日が 母の命日 そして秋の彼岸があり 28日は 渚ようこさんの命日

仏さま・御先祖さまあっての 私の生活である

2022年8月12日 (金)

隆さま劇場 2022.8.12.

1_20220813000801

「隆さまフレンズ」は 第二金曜日レギュラー出演 「古墳にコーフン協会」栃木県支部長の亀和田聡さん

亀和田さんは 胸に古墳のプリントのTシャツで登場 

2_20220813000901

亀和田さんのTシャツのプリントは 大阪堺市にある日本最大の古墳で エジプトのピラミッドや 中国の清の始皇帝陵より大きく 世界三大墳墓といわれている「仁徳天皇陵古墳」をデザインしたものだ さすが 亀和田さんだ

3_20220813000901

亀和田さんんが いつも肌身離さず持ち歩いている「前方後円墳」のクッション 

実は 栃木県小山市の「摩利支天塚古墳」を デザインしたものだそうだ

このクッションは 奈良市で 工房「宇宙椅子」を営む 「フクトク クニヲ」さんの作品で フクトクさんは 各地の古墳クッションなどを 注文制作販売をしている 

4_20220813000901

フクトクさんは 古墳クッションを手掛けて10年を記念する 「にっぽんの古墳クッション展」を 奈良県立図書情報館で開催中だ

最新作品は 今や 考古学ファンなどから大きな注目を集めている 栃木県大田原市の「下侍塚古墳」クッションで 

会場では 現地取材などの動画も放映されていて 動画の中に 亀和田さんも登場しているそうだ

これらの情報は 数名のリスナーさんから メールで報告があった

その他 質問メールなどが殺到し 紹介しきれなかったメールがあり 来月の放送に持ち越すことになった

 

亀和田さんから 8月7日に行われた「茨城墳活 まりこふん バスツアー」の みやげ話もあり 栃木県でも 墳活バスツアーを開催したいねぇ!!と 笑い話で時間切れとなった

「栃木放送開局60周年記念 亀和田聡 監修 隆さま劇場 栃木墳活 まりこふん バスツアー」なんて どうかな?

勝手に 幻の企画を 夢想している

2022年8月 6日 (土)

夏を あきらめて・・・・

1_20220807013001

今夜 7時半頃 「割烹 隆さま」の準備をしている手を休めて 耳を澄ました

聴こえない・・・・ 

「足利花火大会」の 打ち上げの音は聴こえない 

遠すぎる・・・・

コロナ禍で中止続きの「足利花火大会」が 今年は 三年ぶりに開催されるので 行こうと決意し 早くからホテルを予約して待っていたのだが 第7波の襲来で躊躇し 先月 ホテルをキャンセルして 参加を断念した

今頃 足利の友人達は 夜空を見上げて 花火に感動しているのだろうな・・・・

感染対策をしながらも 酒を酌み交わして 夏の夜を過ごしているんだろうな・・・・

想いを巡らしていると 「割烹 隆さま」の準備が進まない・・・・

 

 栃木県内に「BA5・対策強化宣言」が発出されたことなどから 今日と明日の 「ふるさと宮まつり」は 突然の中止となった   

2_20220807013001

先月 開催された烏山の「山あげ祭」では 関係者多数が コロナに感染してしまった

私が住む町で 開催が予定されていた夏祭り 「サマーフェスタ」が 中止になった

その他 多くの市町で 三年ぶりに開催を予定していた夏祭りが 中止になっている

3_20220807021001

「BA5・対策強化宣言」には 「高齢者」の 混雑した場所など感染リスクが高い場所への外出の自粛などが 盛り込まれている

これまで 政府主導の対策が示されてきたが 今回は 都道府県に任せる形になっていて 都道府県は 形骸化した宣言を出すのが 精いっぱいだ

不満が募る あきらめの夏だ!!

2022年8月 5日 (金)

隆さま劇場 2022.8.05.

X_20220805225901

今日は番組に 「第3回とちぎのグルメスタンプラリー」の抽選会が 組まれていた

番組放送前の打ち合わせで 営業部から 抽選進行概要の説明があり 応募はがきが入った抽選箱が渡された

応募ハガキ総数1209通で ギフトカード1万円×6名や ガソリンチケット1万円×6名など 総勢88名が当選することになっている

さぁ どなたが当選するのか ワクワクしながらスタジオ入りした

当選された方々 おめでとう! はずれてしまった方々 ごめんなさい!

2022年8月 2日 (火)

命に関わる危険な暑さ

1_20220802224501

猛暑で迎えた8月

「命に関わる危険な暑さ」が続いている

「第7波 コロナ禍」で余儀なくされている「命を守る自粛生活」に 追い打ちをかける暑さだ

3年ぶりに開催される 夏祭りや花火大会など 今年こそは参加をと予定していたが すべてキャンセルをした

徐々に可能になった海外旅行も 燃油チャージの高騰で 航空券の値上がりと 円安ベースの継続 更に 旅先で取得する 日本帰国前72時間以内の陰性証明書の煩わしさなどがあり 足踏み状態だ

不穏な世界情勢の懸念も募るばかりで 自家用シェルター建築の必要性も 出てくるかも知れない

最盛期の庭の「百日紅」の花が 猛暑続きで 散り際を急いでいる8月の始まりである

2022年7月29日 (金)

隆さま劇場 2022.07.29.

1_20220730010701

「隆さまフレンズ」 壬生町在住のシンガーソングライター 「サトウヒロコ」さんを迎えた

サトウヒロコさんに会うのは 3~4年ぶりかもしれない

目鼻立ちがクッキリした 小顔のヒロコさんは ペーズリー柄のレースのカーテンのような衣装で現れた

2_20220730010701

サトウヒロコさんは 秋に開催される「いちご一会とちぎ国体」 第77回国民体育大会・第22回全国障害者スポーツ大会のイメージソング「いちご一会」を歌っているので ここ数年は 国体関係のイベントで 多忙な日々を送っている

開会式にも コンサートが組まれているようだ

お土産にいただいた 水ようかんが 美味しかった

8月7日20時放送の「サトウヒロコ de SHOW NEO!」で 重大発表があると 含みを持たせた予告があったが 察するに 新曲の発表かもしれない 

3_20220730010801

2022年7月28日 (木)

突然! 雷・強風・豪雨

木曜日は「水泳の日」と決めている 

プールで 優雅に 泳いでいたのだが 午後3時30分頃 落雷の影響か 何度か停電し 監視員から プールサイドに上がって待機するよう 指示が出た

外を見ると 黒い雲に覆われて 強風と豪雨と 稲妻が走っている 

自宅の台所の窓を 開け放しにしていることに気づき シャワーも浴びずに 急ぎ プールを出たが もはや 外は豪雨で 駐車場に止めてある車に乗るまでに もう びしょ濡れになった

台風並みの豪雨で 車のワイパーは作動していているが 視界がゼロに近い中 運転して帰宅すると 案の定 開け放った窓からは 強風にあおられた雨が入り込み びしょびしょになっていた

庭は 排水溝で処理しきれない水で 沼か湖のようになっているので 雨に濡れながら 排水溝に溜まった木の葉やごみ類を 手で排除して 流れを確保した

屋根の雨どいも 多量の雨に 処理しきれず 溢れ落ちていて 雨どいの体を成してない

「水も滴るいい男」どころか 「水と闘う戦士」になって 形振り構わず 雨水処理に悪戦苦闘した

そうこうするうち 雨雲が去り 静かな夕暮れとなって 蝉が鳴きだした

雨は上がったが 雲行きは まだ不穏な夕暮れである

1_20220728231401

2022年7月23日 (土)

キバナコスモス

1_20220721144501

早くも キバナコスモスが 咲き始めた

去年は 8月になってから咲き始め 秋風が吹く頃まで 咲き続けていたが 今年は 早めの開花で どうなることだろうか 

2_20220721144501

2022年7月15日 (金)

隆さま劇場 2022.07.15.

1_20220715234201

「隆さま劇場」 今日は 高校野球中継予備日バージョンで放送 

前半はフリーゾーンで 後半は野球中継に伴う パッケージ番組の移動ゾーンとなった

イレギュラー放送の中 短時間であったが 「隆さまフレンズ」を放送した

「ホンダカーズ栃木中」代表取締役社長の若井明香さんが

7月29日に 「陽東店」で開催する 「とちなかファンルーム」イベント「キッズメイクレッスン&プチ撮影会」の講師・Naomiさん事 三ツ井尚美さんと共に 出演した

Naomiさんは 宇都宮市内に フォトスタジオ「Hau'oli Ki'i ~ハウオリキイ~(ハワイ語でハッピーフォトの意味)」を持ち 

「孫から祖父母まで つながる愛や絆を 家族の歴史に残す ドキュメンタリーフォト」をテーマに 「三世代フォトグラファー」として活躍している

Naomiさんの話を もっと聴きたくなって 後日 番組に出演していただく約束を 生放送中にしてしまった

2022年7月13日 (水)

4回目のワクチン接種

2_20220713232001

昨夜来の雨が まだ降り続いている 

埼玉県内では 豪雨となったそうだが 当地では 程々の降雨で 乾燥しきっていた地面を濡らす 程よいお湿りである

家庭菜園のオクラも 元気を取り戻して花開き 花びらに 雨露を溜めている

やがて ねばねばオクラになるとは 想像もつかない 美しさだ

一度 車に乗ったが あまりにも美しい オクラの花を発見し 車を降りて カメラを向けた

おでかけは 4回目のコロナワクチン接種である 

1_20220713232001

4回目ともなると 担当職員も慣れたもので 応対も誘導もスムーズで ベルトコンベアーかエスカレーターに乗せられたような感覚で あっという間に接種が済んだ

接種を受ける私も これまでのような緊張感はなく 久々に出会った同級生と会話をしていたら 担当職員から 注意を受けてしまった

問診の医師も 待機場所の看護師も 顔見知りの方だったので 尚更 医療行為を受ける感覚が 薄れていた

接種後 安静にしてくださいと忠告されたが 接種会場と同じ建物にあるプールで泳いでから 帰宅した

掟やぶりの無法者を演じてしまった

最近 再び 感染者が増加していて コロナの第七波が 8月にピークとなる予想があり これまで同様の警戒が必要だ

2022年7月12日 (火)

ノウゼンカズラ

1_20220712195401

ノウゼンカズラが咲いている

鮮やかな橙色の花が 夏の青空に よく映える

2019年に襲来した台風19号の強風と豪雨の影響で 倒れかけたカヤの木と樫木を 危険防止のため伐採した際 ノウゼンカズラも 一緒に処理されてしまった

だが すぐに芽を出し 蔓を伸ばして 花を咲かせた 

3年後の今年は 近くの木犀の木に絡みついて 我が物顔に 陣取っている

いくつもの花を付けて 重そうに垂れ下がる花房が 時折 吹いてくる 涼風に揺れている 

2_20220712195401

«♫ トンモロコシの茶色のひげは ♫