2022年5月22日 (日)

ジャガイモの花

X_20220523012401

知人の勧めで植えた ジャガイモの花が咲いた

ジャガイモの花を しみじみと観察するのは 初めてかも知れない 

Y_20220523012501

先日 訪ねた「すみちゃん」ちの ジャガイモの花は 白い花と

Z_20220523012501

切り花にして飾ってもいいような 可愛い花だった 

ジャガイモの種類によって 花の色や形状が異なると 説明を受けた 

あれ? 私が植えたジャガイモの銘柄は なんだったかな? 

調理をする時に 皮が剥きやすいようにと ゴツゴツしてなくて 表面が割と平らなイモを選んだのだが 名前を忘れてしまった

ジャガイモは 植えた数の10倍収穫できると聞いた 私は 10個植えたから 100個収穫できる計算になる

これは大変だ!

2022年5月20日 (金)

美男&美女

A_20220522233701

「隆さま劇場」 「ラジオ de とちなかファンルーム」は 「ホンダカーズ栃木中」の若井明香さんと 陽南店カーライフコンサルタント・マネージャーの金子誠さんが出演

金子さんは 定年を迎えたが 実績と人柄が認められ 引き続き勤務するという

「ホンダカーズ栃木中」の「リチャード・ギア」の異名を持つ ダンディーな金子さんの 若さの秘訣は サウナで整えることだそうだ

 

B_20220522233701

「隆さまフレンズ」は 「ミセス ジャパン 2022 栃木大会」の話題

C_20220522233701

ミセス ジャパン 2019 日本代表で エリアディレクターの長谷川あつこさんと

ミセス ジャパン 2020 ファイナリストの橋本仁美さんが コンテストの趣旨や ミセスの美について話してくれた

「ミセス ジャパン」とは 「内外面の美しさを持ったミセス」を選出し 日本を代表する女性として表彰を行うミセスのための大会で

「ミセスの美と魅力」は 外面だけでなく これまで生きてきたストーリーによって培われたものだそうだ

未婚既婚を問わず 25歳以上の女性なら応募可能で 水着審査・身長・体重による出場制限はない

「内面の美しさ」は アピールも 評価も 難しそうだなぁ・・

D_20220522233701

ミセス ジャパンのページに 番組出演の案内が掲載されていた

(橋本仁美さんは 別のコンテスト「2022 ベスト オブ ミス 栃木」のプロデューサーを務めている)

2022年5月14日 (土)

五月のバラ 2022

15_20220515015001

栃木市大平町の妹宅を訪ねた

2_20220515013701

義弟が育てている バラの見学は 後日に予定していたのだが 所要を兼ねて 急遽 今日 訪ねることになった  

3_20220515013701

明日から 入口に「植 花 夢 (ウエルカム)」ボードを掲げて 公開する予定だそうだ

4_20220515013701

咲き始めたばかりで まだ 蕾が多いが 実に 美しい

5_20220515013801

今週末に発行される 地元のタウン誌に 紹介されるそうだ

6_20220515013801

地元のケーブルテレビからも 取材の依頼があるという

7_20220515013901

名前を教えてもらっても 覚えきれない

8_20220515013901

花を愛で 香りに包まれながらの散策は 贅沢な ひと時だ 

9_20220515013901

昨夜来の雨の滴が 花の中で光っている

10_20220515013901

今日は 数歩 歩いただけでも 汗がにじむ蒸し暑さになった

11_20220515014001

訪ねる途中のコンビニで アイス最中を買ってきたので 妹夫婦と 食べながら散策した

12_20220515014001

毎日 手入れを続け 一年かけて見事に咲かせたバラは 義弟の作品だ

13_20220515014001

明日から 義弟のバラの作品展「植 花 夢(ウエルカム)」が始まる

今年も 多くの人達が 鑑賞に訪れることであろう 

14_20220515014101

2022年5月13日 (金)

ベテランと新人

1_20220514000001

「隆さま劇場」 今日も スタジオ生ゲストや 電話出演ゲストが大勢だった

「隆さまフレンズ」には 「古墳にコーフン協会」栃木県支部長の亀和田聡さんが出演した

亀和田さんが 初めて 古墳にコーフンしたのは 子どもの頃だと言うから 墳活歴はベテランだ

ゴールデンウイークを利用して 和歌山・奈良・大阪など 約40ヶ所を墳活した中から 特に 世界遺産「百舌鳥・古市古墳群」を ヘリコプター墳活した感動を 興奮気味に話してくれた

リスナーさんから寄せられた 古墳に関する質問にも 解りやすく答えていただいた

 

2_20220514000001

「益子館・里山リゾートホテル」の女将・高橋美江さんと 若女将・高橋絵莉さんも出演し

このほど 「益子館」内にオープンしたスポーツジム 「温泉&フィットネスクラブ・フラネ」を 案内してくれた

益子町初の 本格スポーツジムということで 各方面から注目を集めている

5_20220514005701

先日 「とちテレ」のニュース番組の取材を受け 抱負を語る若女将・絵莉さん

若女将としての自覚が 見え隠れしていて頼もしい 将来が楽しみである

若女将誕生で 女将の美江さんも 会長の髙橋幸男さんも まずは一安心かもしれない 

  

3_20220514000101

「ラジオ de とちなかファンルーム」は 「ホンダカーズ栃木中」の若井明香さんが 取締役・車両部長の佐藤良幸さんと共にスタジオ入り

佐藤さんは 入社歴35年 それ以前も 車関係の仕事に就いていたそうだ 

30歳から40歳までの10年間は カーライフコンサルタントを務め 契約数1000件という経歴がある 

その間の エピソードの一端を披露していただいた ベテランの話には 一言一句に味がある

2022年5月12日 (木)

笹竹の垣根を刈り込む

1_20220513000101

今夜から 雨になるという

降りだす前に 敷地南側の道路に面した 笹竹の生け垣の 刈り込みをしよう!

と庭に出たが なかなか作業に腰が入らず 庭のあちこちを 見まわしていた

「都忘れ」の色がいい 名前もいい 大好きだ

2_20220513000101

「マーガレット」も 風に揺れている

3_20220513000101

去年 雑草防止のグランドカバーに植えた 柿の木の下の「タピアン」が 冬を越して芽を出し 花を咲かせて グランドカバーの役割を 立派に果たしている・・・・

などと 庭の花を見まわしていたら 笹竹の刈込のことなど すっかり忘れていた

5_20220513001901

背丈が伸びて 不揃いになった笹竹の 刈り込み作業に取り掛かったのは 庭に出てから 約1時間後だった

刈り込み鋏で チョッキン チョッキン 刈っていると 蒸し暑くて すぐに汗が流れだした

羊羹のような 直方体に仕上げるイメージだったが・・ まあまあ これでよし

刈り取った枝葉が 道路上に散乱しているので 熊手で集めて 箒で掃いて ビニール袋に詰め きれいな道路に復活させた

 

作業中 道路を通る 車や自転車のドライバーや 散歩する人などが 声を掛けてくれる

「精が出ますね きれいになりますね!」

「きょうは お仕事お休みですか?」

「電動の鋏だと 楽に奇麗に刈れるよ 値段は そんな高くないから 買ったら・・」

「曇っていても 日焼けするから もっと大きい帽子がいいですよ」

「危ねぇぞ! 道路でウロウロしてちゃぁ 危ねぇんだよ!」

「道路に散らかして! 掃除するんだろうなぁ!」

人 様々な お声がけに 内心とは裏腹に 「はい!」「ありがとうございます!」と 素直に答えた

自転車で帰宅途中の 高校生が 「こんちは!」と挨拶して通り過ぎる姿が清々しく 大きな声で「こんちは!」と 返答した

東南アジアの人と思われる男性が 自転車のペダルを踏みながら カタコトの日本語で 「コ・ニ・チ・ワ!」と 挨拶して通過した 思わず手を振って「こんにちは!」と 挨拶した

2022年5月11日 (水)

芍薬とキスゲ

1_20220512001001

天気予報によると 明日の夕方から 雨続きになるという

2_20220512001101

満開の芍薬も 今日が 見納めになるかも知れない

3_20220512001101

強い雨と風に見舞われると 繊細な花びらは あっと言う間に 見る影もない姿になってしまう 

4_20220512001101

我が家の芍薬は 今日が 一世一代の晴れ舞台となりそうだ

5_20220512001101

庭の片隅に群れ咲くキスゲも満開だが

6_20220512001101

予報通りの天気になると 風雨に耐えきれず 葉も花茎も 地面に叩きつけられてしまう

花の命は短いのだから せめて 残酷な終焉とならないことを祈る

2022年5月 7日 (土)

アヤメが咲いた

1_20220507200101

ゴールデンウイークだが 特記すべき事もなく 日々 平凡に過ぎてゆく

2_20220507200101

平凡であることが 幸せなのかもしれないなぁ・・・・

3_20220507200101

去年 株分けをして植え替えた アヤメが咲いている きれいだ・・・・ 

花が終えたら また株分けをして 別の場所に アヤメの群生を作ることにしよう

2022年5月 6日 (金)

熟女 1+4

1_20220506233101

熟女に囲まれた「隆さま劇場」だった

「ラジオ de とちなかファンルーム」は 「ホンダカーズ栃木中」の若井明香さんと 電話出演の西那須野店カーライフコンサルタントの螺良さん

若井さんは ペンダントもスカートも ベージュと黒のハーフ&ハーフのコーディネートで登場 よくお似合いだ

 

「隆さまフレンズ」には 栃木の熟女歌手4人が出演 

2_20220506233101

このほど 栃木の熟女歌手4人が 「大福ねんきん48」というユニットを結成した

左から 「北山さち」さん「花山ゆか」さん「安田郁」さん「美咲はるか」さん

酸いも甘いも噛み分けた熟女が 四人も揃うと おとなの会話が暴走して止まらない 

まるで お笑い芸人のコントのような 会話の裏側には 人生の苦楽や悲哀が見え隠れして 一言一句に 味がある      

3_20220506233101

4月27日に 栃木の温泉地を舞台にした 明るく楽しい曲で 栃木県を盛り上げようという 「なんてったって栃木だね!」をリリースした

遊び心いっぱいの CDジャケットの写真は 宝塚歌劇団のようで 花山さんと安田さんが女役 北山さんと美咲さんが男役

4_20220506233201

それぞれ ソロ活動とともに 「大福ねんきん48」のユニット活動を展開するそうで 来月 宇都宮市文化会館で「なんてったって栃木だね!」の新曲発表コンサートを 開催する

熟女パワーが 炸裂する

2022年4月30日 (土)

不愉快 極まりなし

1_20220430010001

昨夜のことである 

北海道・知床沖観光船事故に関し STV札幌テレビのYouTube「【証言】あの日何があったのか 無線でKAZUⅠと連絡を取った同業者が語る緊迫の事態」を見ていたら

コメント欄に 「シャラリラ歌謡曲」と名乗り 投稿している人を発見した

 

「シャラリラ歌謡曲」は 私が企画・制作・出演し 2005年10月3日~2010年4月1日まで放送した午後のワイド番組で タイトルも もちろん 私が考案・命名した渾身の番組だ

「シャラリラ歌謡曲」を商標登録したわけではないので 何ら権利関係は生じないにしても 実に不愉快である

いったい誰なのか! 調べれば判ることだが 無駄な労力を使いたくはない

不愉快 極まりない!!

2022年4月29日 (金)

日光ラスク

1_20220429234701

「隆さま劇場」 スタジオ生ゲストは 「隆さまフレンズ」に出演した 日光市今市の「株式会社 日昇堂」代表取締役・長島孝昌さん

日光東照宮御用達「日昇堂」は 創業1937年で 長島さんは三代目社長 

「伝統は革新の連続」であると 歴史や伝統文化を踏まえたうえで 商品開発や店舗展開に精力的に邁進している

近年の新製品「日光ラスク」は 累計販売数100万個を突破したヒット商品だ

2_20220429234701

お持ちいただいた「日光ラスク」をいただきながら 話を伺った

創業当時からの羊羹を基軸にしながらも チョコレートブランドの店「TENTO chocolate」や 日光ラスクをメインにしたカフェ「NIKKO RUSK CAFE」を開店し 最近は 米菓の店「がんこ職人」も傘下に加わった

さらに 今年8月には 宇都宮東口再開発事業の商業施設にも 出店するそうだ

会社名の「日昇堂」のとおり 日が昇る勢いは 三代目社長・長島孝昌さんの手腕である

3_20220501232901

大粒の「はなまめ甘納豆」も 美味しかった!!

2022年4月28日 (木)

シャクナゲ 三様

A_20220427203401

豪華絢爛の花を見て 家の庭に 欲しいと思っていた「シャクナゲ」

去年 苗木を三本購入し 三か所に植えた どうなるものかと 不安でいたら 大きな蕾が ほころび始めた

B_20220427203401

それぞれ 名前が付いていたが 忘れてしまった

C_20220427203401

低木の物と 高木に成長するものとが あるそうだが この三本は どちらだったか記憶がない

もしや 高木になる「シャクナゲ」だったら この先 空間を占領することになるので 周囲とのバランスを考慮して 剪定しながら 見守らないといけないな・・・・

 

出かける前に 庭の観察をするのが いつの間にか 習慣になってしまったようだ 

今日も 観察をしていたら おっと! お出かけの時間が 過ぎてしまったぜ! 急がなきゃ・・・・

2022年4月27日 (水)

群れ咲く オルレアと矢車草など

4_20220427203001

蒸し暑い一日だった

所用で出かける前に 庭を見回したら 「オルレア」の白い花が咲いていた 

彩色のある花もいいが 白い花が 緑と織りなすグラデーションもまた 美しい

5_20220427203001

数年前 「すみちゃん」からいただいた「オルレア」は こぼれ種で 今年も群れ咲いている

1_20220427203001

同じく数年前 「すみちゃん」からいただいた「ヤグルマソウ」が やはり こぼれ種で芽を出し 庭の一部分を覆って 咲いている

2_20220427203001

気のせいか 年々 花の色が 濃くなっているように感じる

3_20220427203101

道路沿いに 群生しているので 道行く人達やドライバーが 眺めながら通過している

6_20220427203101

この「ツツジ」は 私が子どもの頃から 家の西北側に 数本ある

樹勢が劣化して 年々 花付きが悪くなってきたので 去年 思い切って 素人ながらの剪定をしたら なんと 枝の先々に蕾を持ち 花開いた

稲荷様の前の空間が 鮮やかに彩られて 生き生きとした雰囲気を醸し出している

2022年4月26日 (火)

お題記事 また ニフティ賞!

3_20220425000301

私が書いているブログ @niftyの「ココログ」が開催している 「お題の記事でポイントGET」の 3月の課題テーマのうち

「時間について」部門に 3月3日の記事「おひな様」でエントリーしたら 「ニフティ賞」に選ばれた

これまで 3回エントリーして 最優秀賞1回 ニフティ賞2回と すべて入賞した

選ばれるということは励みになる この企画は 今回が最終回だそうだ

2022年4月25日 (月)

名も知らぬ花

庭に咲く花を見ていたら 名前を知らない花がある 

そんな花を見ながら 鼻歌を歌っている自分に気付いた 

 名前も知らない あなたと私 なのに不思議ね あなたと私・・・・

 今度逢えるのは いつの日かしら あなたと会った このお店で・・・・ 

佐々木勉さん作詞・作曲・歌唱の「あなたのすべてを」だ

その昔 よく通った店で 深夜の閉店時になると 弾き語りが歌っていたのが クニ河内さん作詞・作曲の「そっとおやすみ」と この「あなたのすべてを」だったなぁ・・・・

1_20220425011401

名前も知らない あなたと私 🎼♫ 

2_20220425011401

なのに不思議ね 胸がときめく 🎼♫  (テッセンなのか クレマチスなのか)

3_20220425011401

恋は こうして 生まれるものなのね 🎼♫  (色がきれいだ)

4_20220425011401

おしえて欲しい あなたのすべてを 🎼♫  (ツツジなのか サツキなのか)

5_20220425011401

今宵ひとりで歌う あなたへの歌 🎼♫  (庭に蔓延る花だ)

2022年4月23日 (土)

感謝! 足利でハピバ

2_20220424125501

一年ぶりに 足利の「サロン有賀(ゆか)」へ行った

カウンターに ママの手作りハピバ・ボードが飾られていて 驚きとともに 一気に感謝の念が湧き上り 言葉を失って 立ち竦んだ

1_20220424125501

ママと常連のお客様が 私の誕生日祝いを 企画してくれたのだ 感謝!

5_20220424125601

先日 70歳になった「はるちゃん」の古稀祝いも盛大で 「足利の山内惠介」さんは 次から次へと 惠ちゃんの歌を披露した  

3_20220424125501

佐野市の「佐取農機株式会社」の「佐取潤一」社長も同席した

「隆さま劇場」で 佐取農機の生CMを担当している私は スポンサー様を前に 緊張してしまった

4_20220424125601

佐取社長は 歌がうまく さっぱりした気さくな方なので 緊張しながらも 安心して話をすることができ 「隆さまフレンズ」への 出演交渉までしてしまった

現在 農繁期で 農機具会社にとっても 超多忙だそうで 農閑期になったら出演する約束になった

 

お開き後 帰り際に ママから お土産をいただいた

6_20220424125601

「サロン有賀(ゆか)」は 開店二十周年だが 企画していた記念イベントも コロナ禍で 中止せざるを得なかったそうだ

想えば 足利の友人から 「サロン有賀」を紹介されて 10数年になる

私は 年に数回 訪ねるだけの客にも拘わらず その都度 手厚く暖かい「おもてなし」を受けている

感謝に堪えない・・・・

2022年4月22日 (金)

暑い気温と 強い情熱

1_20220422230901

今日は 予報通り 真夏日近くまで 気温が上昇した 夏!を感じた私は Tシャツ一枚で スタジオに向かった

このTシャツは 「北海道のリスナー・桂子さん」が 誕生日祝いに送ってくださった オリジナルで 胸に 私の顔写真がプリントしてある

打ち合わせデスクで 番組の準備をしていると 前を通る人が 「いいTシャツ着てるね」と 心にもなく褒めちぎる

「隆さまTシャツを作って 販売したら売れるね!」と言う人には 「あっと言う間に売り切れだよ!」って 嘯いてやった

「胸のプリントは旬で食べ頃 実物は賞味期限切れかな」とか 「化粧品やサプリの 使用前使用後の見本だね」などと 貶す人もいた

対比が激しいことは事実だから 敢えて否定せず 歌舞伎の型を真似たポーズをとって Tシャツをアピールして 戯れていたら 「隆さま劇場」本番の時間になった

 

Photo_20220423012001

「ラジオ de とちなかファンルーム」の若井明香さんも Tシャツに注目して どなたからのプレゼントなの? 胸の写真は何歳? いつ どこで撮った写真? などと 放送の合間に質問攻めをしてきた

ゲストは 偶然にも 若井さんと誕生日が同じという 「ホンダカーズ栃木中」西那須野店のカーライフコンサルタント・荒井亮さんが 電話出演したこともあって これまた放送には乗らない雑談で 年齢の話になった

すると 若井さんのお母様と私が 同じ年齢であることが判明し 「嘘でしょう? 隆さま! 本当なの?」と笑いあった

 

「北海道のリスナー・桂子さん」から戴いたTシャツで 大いに盛り上がった一日だった

 

「隆さまフレンズ」は 4月15日夜に 栃木放送レッドスタジオで収録した録音で放送した  

X_20220422231001

「隆さまフレンズ」に出演したのは フォルクローレ音楽に魅了されて 約50年という 那須烏山市の鈴木隆夫さん

鈴木さんは 「Wayra(ワイラ)」というバンドを結成し 演奏活動をしている

スタジオに楽器を持参し 音色とともに フォルクローレの魅力を話す鈴木さんは 情熱に溢れていた

鈴木さんが持っているのは ケーナと ヤギの爪で作ったチャフチャスと サンポーニャ

私は ギターに似たチヤランゴと 大型のサンポーニャを 持たせてもらった

鈴木さんは 数年前から 県内のフォルクローレ演奏グループが 一堂に会したライブの開催を企画していて

いよいよ 実現の運びとなり 明後日4月24日に 宇都宮オリオンスクエアーで 12の個人とグループが出演して 開催される

旗揚げ公演の成功を祈っている Y_20220416012001

2022年4月19日 (火)

人間ドック

1_20220419130201

きのう誕生日を迎え きょう人間ドック健診を受診した

毎年 予約の関係で 5月に受診することが多かったが 今年は スムーズに予約が取れて 誕生日の翌日の受診となった

健診結果の総合判定は 約一か月後になるが 今日時点で判明した結果による医師の判定は ほぼ健康体だそうだ

自分自身への戒めと希望を込めて 誕生日に誓ったスローガン「まだまだ・・ これから・・」で 行けそうな予感だが

ある日突然!も 想定すべき年齢である 

過信は禁物だなぁ・・

2022年4月18日 (月)

誕生日 2022

R_20220417031101

今日は誕生日 

これだけ年齢を重ねると 何歳になったのかと訊かれれば さばを読まず 正直に答えるが 敢えて 自分からは言いたくない

人生のタイムリミットを 簡単に数えられるようになった今 何を成すべきか 迷うこと頻りだ

 

想うに 川面に浮かぶ木の葉のように ただ 押し流されてきただけの 人生のような気がする

だが 濁流に巻き込まれることなく 流れることができたのは 多くの人との 良き出会いだったに違いない

出会いに感謝である

人との出会いは 決して喜ばしきことばかりではなく 時として 悩み苦しむことも多々あったが 今となっては 感謝こそすれ 悔やむことも 恨むことも消えている

これからも 良き出会いに めぐり逢えることを望んでいる

まだまだ・・・・

これから・・・・ 

A_20220417031101

2022年4月16日 (土)

シジミバナ と ハナズオウ

1_20220416135301

たぶん 「シジミバナ」だと思う 

数年前 株分けしていただいた30cm位の苗木を植えたのが 今年になって急成長した

長く伸びた枝に 八重の小さな花をつけ 風に揺れている

一見 「ユキヤナギ」に似ている 「コデマリソウ」にも似ている

 

2_20220416135301

「ハナズオウ」も咲いた 

赤紫色が ひときわ目立ち ハート型の緑の葉が 愛らしい

 

このところ 暑かったり寒かったり 気温の乱高下が続いている中 草木は 耐えながら 晴れ姿をアピールしている

2022年4月15日 (金)

夢を実現 還暦コンサート

A_20220415234301

「隆さま劇場」 今日の「隆さまフレンズ」に出演したのは フォークバンド「BADO」のリーダー・石原浩一さん

高校時代に演奏活動をしていた「BADO」は 「還暦に再結成して コンサートを開こう」と誓い 高校卒業とともに解散した

やがて 還暦を迎えた「BADO」は 誓い合った「還暦コンサート」を 実現することになった・・・・という感動的な話だ

「BADO」メンバーは 石原さんと 岡 二寿夫さん 高橋幸男さん の三人

高橋さんは 「益子館 里山リゾートホテル」の あの「ブッチャー幸男」さん

コンサートに向けて 練習を再開し 再結成アルバム「夢奏(かなで)」をリリースして いよいよ「還暦コンサート」開催である

D_20220415235201

コンサートタイトルは 「還暦コンサート」ではなく 「夢奏コンサート」とし 来月5月5日 午後2時から 日光街道ニコニコ本陣 大ホールで開催する

青春時代を共にした音楽仲間が 卒業で離ればなれになったが 今 再会して 誓い合った還暦コンサートの夢を 実現する

 

石原さんから 「BADO」のポストカードで作った バースデーカードをいただいた 

E_20220415235301

2022年4月14日 (木)

オキナグサ(翁草)

A_20220414012601

オキナグサ(翁草)が咲いた 

去年は 花茎が3本だったが 今年は10本も出て 花の色も より鮮やかになった気がする 

色鮮やか過ぎて 毒々しささえ感じる 

花が終え 盛りが過ぎると 翁の白い髭のような 綿毛を付ける

人間と 同じだなぁ・・・・ 

2022年4月13日 (水)

シロヤマブキ

1_20220414003501

「シロヤマブキ」が咲いた 楚々として 可憐な姿が 美しい

2_20220414003501

この「シロヤマブキ」は 去年 いとこの「すみちゃん」が わざわざ 「茨城県の友人」から譲ってもらい 私に届けてくれたものだ

茨城県の友人は 群馬県・赤城山麓の「俵萌子 美術館」から 譲ってもらった「シロヤマブキ」を育てていて それを株分けしてくださったそうだ

この木の出自から ある種の責任を感じ 枯らしてはいけないと ずっと気にしていた

根付いて 花が咲いて 安心した

一輪 手折って 古風な花瓶に挿すと 茶室の花にも 相応しいかもしれない 

3_20220414003501

2022年4月 8日 (金)

フレッシュ!

1_20220409005301

今年度も 「隆さま劇場」第2金曜日の「隆さまフレンズ」は 「古墳にコーフン協会」栃木県支部長・亀和田聡さんが出演することになった

2_20220409011601

年度初めの写真は フレッシュ感を出そうと 亀和田さんは 埴輪のシェー!ポーズで 私は土偶をイメージして お道化てみた

話題は 県内の古墳ニュースと リスナーさんからの質問が中心になった 埋蔵文化財に興味を持つリスナーさんが多いのに 驚いた

 

「ラジオ de とちなかファンルーム」は 「ホンダカーズ栃木中」の若井明香さんが 新入社員2人を紹介してくれた 

3_20220409005401

筋トレで鍛えている 内藤亮さん(左)と 野球が趣味の 駒場紀之さん(右)が 抱負などを話した

採用に携わった若井さんは 「素晴らしい人材にめぐり会った」と 太鼓判を押した フレッシュマンの活躍を期待したい

2022年4月 1日 (金)

隆さま劇場 継続

Photo_20220331160601

 

おかげさまで 今年度も 「隆さま劇場」が 継続になった

県内外から 多くの応援メッセージなどをいただいたほか 初めて メールなどを送信してくださったリスナーさんも多く 感激してしまった

 

「隆さまフレンズ」に出演したのは 宇都宮市在住の俳優・海老原正美さん

1_20220401235201

海老原さんは 映画・テレビなどに出演するほか 最近は テレビ・コマーシャル出演も多い

このほど 海老原さんが 脚本・監督・主演を務める 二本目の自主制作映画も完成した

間もなく放映されるテレビドラマや ミュージックビデオも 撮影済みだが まだ公表できないそうだ 

台本なしのフリートーク芸能放談は あっという間に時間切れとなり 続きは次回ということで幕 

 

今日の「ラジオ de とちなかファンルーム」は 生放送 

2_20220401235201

「ホンダカーズ栃木中」の若井明香さんが 新年度の社内式典などを終えて スタジオに駆けつけた

経理部長の昇格辞令を受けた 渡辺綾さんも出演し 抱負などを語った 

渡辺さんが着用している洋服は 今日から 「ホンダカーズ栃木中」の女性用制服に採用されたもので 女性社員が協議の上 決定したそうだ

新たな装いと決意で 新年度がスタートした

2022年3月31日 (木)

木瓜の花

4_20220330013301

棘があって 普段は扱いにくい「木瓜」でも 花が咲くと 愛おしくなる

5_20220330013301

手入れをするたび 棘が手足に刺さって ひどい目に遭っている

去年の秋には 伐採してしまおうかと思って チェーンソーを向けたことがあったが 剪定だけに留めておいてよかった

鮮やかな深紅の花の群れを見て 一時伐採を決めたことを 木瓜に謝った

でも やはり 鋭い棘が 扱いにくい・・・・  

6_20220330013401

今年度は今日で終わり 明日から 新年度がスタートする 

ありがたいことに 新年度も 番組「隆さま劇場」が継続し 仕事をすることができる

「ボケ」ないように がんばろう! まだまだ これから・・・・

2022年3月29日 (火)

桜は花に顕る

1_20220330003101

三年前 2019年の4月に ある記念樹として植えた しだれ桜が 今年初めて 蕾をつけ 咲き始めた

2_20220330003101

植えたときは 50cm位だったが 今は 私の背丈を越えた

まだ 本来のしだれ桜の樹形には なっていないが 確かに しだれ桜の様相を示してきた

「平安しだれ桜」と「仙台しだれ桜」を植えたのだが 一本だけ成長を続ける この桜の名前はどちらなのか 不明になってしまった

3_20220330003101

去年までは 花を付けないので 邪険にしてしまい 雑木の一種としか思えなかったのだが やはり 花を付けると 桜であることを確認できて 嬉しくなる

まさに 「桜は花に顕る」だな

2022年3月28日 (月)

椿と木蓮と

1_20220328235401

配達日時を 今日午前中に指定した ネット通販の品物が なかなか届かない 

宅配業者のページで確認すると 「配達中」になっている 

外に出て 庭を見回しながら 配達を待っていた

「椿」が 綺麗に咲いている

2_20220328235401

私が子どもの頃から 庭にあったような気がする 見慣れた椿だが 毎年違った印象や感動がある

 

3_20220328235401

この八重咲きの椿は ひと花ひと花 重量感があり 盛りを過ぎて花が落ちると まるで地面に絨毯を敷き詰めたような 「花筵」ならぬ「花絨毯」になる

 

4_20220328235401

今月上旬に 数本買い求めて 植えたばかりの「木蓮」が 何輪か花を付けた 清楚だ

 

5_20220328235401

表側が赤紫で 内側が白い花びらの木蓮も 数輪花を付けた 優雅だ

 

しばらくして 庭に 宅配のトラックが入って来た 

花見に夢中になっていたら 配達の品を待っていたことなど すっかり忘れてしまっていた

届いたのは「ホワイトスター」という「ネギ」の苗 太くて長いのが特徴だそうだ

さぁ 午後から ネギを植えよう

2022年3月27日 (日)

しだれ桜の木の下で

3_20220327224301

新型コロナの影響で 延び延びになっていた 自治会の総会が 開かれた

会場は 公民館ではなく 蜜を避けるため 家の隣にある寺の前の 広場になった

寺のしだれ桜は 八分咲きで 花見気分の総会だった

奇しくも  今日は「桜の日」だそうだ

それに合わせたかのように 宇都宮で  ソメイヨシノの開花の発表があり  東京では  満開の発表

2_20220327224401

役員改選で 来年度から 班長を務めることになった 順送りだから 仕方ないか

2022年3月25日 (金)

こども食堂 SDGs

1_20220325235101

「隆さま劇場」の「隆さまフレンズ」に出演した 宇都宮市の「水上木材工業」社長・水上淳さん(左側)と 「お米ひろば さとう」社長・佐藤直人さん(右側)

水上さんと佐藤さんは このほど 宇都宮市峰地区の「お米ひろば さとう 宇大前店」内に 「みねテイクアウトこども食堂」を開設し 利用を呼びかけている

「地元の山を守りながら 子どもたちに お米を たくさん食べてもらいたい」という趣旨の こども食堂は まさにSDGs 活動だ

 

この こども食堂の運営システムは 次の通り

 ❶ 水上木材工業が 家づくりで余った木材の端材を 「みねウッドベース」で 市民に自由にお持ち帰りいただく

 ❷ その際 お気持ち程度の募金をいただく

 ❸ お米ひろば さとう内の募金箱でも 募金を受け付けている

 ❹ それらの募金を お弁当の引き換えチケットに充当する

 ❺ こども食堂に来た子どもたちが そのチケットを利用して お弁当に引き換える

 

統計によると 7人に1人のこどもが 何らかの困惑した環境下にあると言われているが 

そのような悲壮感ではなく 誰でも いつでも 保護者でも 気軽に訪ねて利用して欲しいと 下記のフライヤーを 宇都宮市峰地区の皆様に配布して 利用を呼びかけている

2_20220325235201

2022年3月21日 (月)

彼岸

1_20220322000801

彼岸の中日 春分の日 昼前に墓参りをした

やがては 私も入ることになる 地下マンションの住み心地は 如何なものだろうか

両親や御先祖さまの住環境を 少しでも良いものに整えておこうと 月に一度は 除草作業をして 粒状の除草剤を撒いているので 草は生えてなかったが 墓石の窪みや供物台に 土埃がたまっていた

近いうち 脇を流れる川の水を バケツで汲んで ブラシで擦って汚れ落としをしよう これも供養のひとつだな

«絵画 画家■■さん 飯山太陽さん