2021年5月 6日 (木)

待ちきれなくて・・薔薇

所用で 突然 妹の家に行くことになった そうだ! 薔薇が咲いてるかもしれない・・

1_20210507000601

用件は さておき 薔薇への期待が高まり 車のスピードを上げたが まだ早かった! 

2_20210507000601

空を仰いでいる蕾ばかりで あと数日で 咲き始めそうだ

妹の夫が 20数年 育てている薔薇園は 趣味の域を超えている見事な薔薇の園で 毎年 多くの人が訪れていて マスコミの取材も受けている  

3_20210507000601

ほとんどが蕾の中 名前は忘れたが 濃い紫色の花だけが咲いていた 

強い陽射しで 私のスマホのカメラでは 色が忠実に表現されないが 落ち着いた高貴な紫色の花が 薔薇園入口に咲いていて 印象的だった

所用で訪ねたのだが もしや 咲いてるかもしれないと期待した 薔薇の花見は 叶わなかった

来週あたり 出直してくることを約束して帰宅した

2021年5月 1日 (土)

コロナワクチン接種予約決定通知

1_20210502013401

4月13日にコロナワクチン接種の案内が届き 即 申し込んだら 5月8日の接種予約が取れた その後 予約決定通知が届くことになっているが 届かないので 心配していた

今日 そのコロナワクチン接種予約確定通知のハガキが届いた

ワクチンの有効性や副作用などに関して 様々な事例や論評があるが 完全に理解できていない私は 信じることしか策がない

早くワクチン接種を済ませて コロナ禍の不安を 払拭したい

2021年4月26日 (月)

こころ晴れ晴れ 人間ドック

1_20210428004001

人間ドック健診を受けた 詳細な結果報告は後日だが 当日の診断では 特記すべき所見はないとの事で安心した

晴れ晴れとした気分で帰宅し 庭を歩いていると 矢車草が咲き始めていた

2_20210428004001

年齢的に 何か異常が起きているのではないか という心配は無用の健診結果だった

3_20210428004001

医師が言うことは いつも同じ 「運動をしなさい タバコは止めなさい お酒は少なくしなさい バランスの良い食事をしなさい 充分な睡眠をとりなさい ・・・・」

酒とタバコは 止められないっす! 

4_20210428004101

~千鳥草も咲き始めていた~  

5_20210428004101

「かかりつけのお医者さんはいますか?」と医師が言う 「病気したことがないので かかりつけ医は いません」と答えると 返事がなかった 

6_20210428004101

~キスゲも咲き始めた~

7_20210428004101

~オルレアも咲き始めた~

今は健康だけど・・ 突然 体調を崩したり 病気にでもなったら どうしよう・・ などと 弱気になることもある 

そんな時は 目をつぶって 頭を強く横に振って 弱気を吹き飛ばしている

8_20210428004201

~名前は忘れたが グランドカバーに植えた花が 面積をどんどん広げて咲き始めた~

明日のことは 神様にもわからない 健康だと押された太鼓判を信じて 生活しよう!

9_20210428004201

~ミヤコワスレが風に吹かれている~

近くの病院で コロナのクラスターが発生し 多数の患者が出ていて コロナが身近に接近している 今はまず コロナに感染しないよう 万全の対策をとることが第一だ

あっ! コロナワクチン接種の予約は取れたけど 予約決定通知のハガキが届いてない! 大丈夫なのかな? 

10_20210428004201

~これでもチューリップか!~ 

牡丹か芍薬のような花をつけている 品種改良も ここまで作り込まれると 可愛げがない

突飛なことは望まないで 健康で平凡に過ごせることを 良かれとしたい 

11_20210428004201

先日 誕生日祝いにいただいた 鉢植え各種の盛り花籠の 紫陽花などを 地植えしないといけないなぁ

花は散っても また来る春に咲き誇る でも人は 二度と再び帰って来ない 

もはや限られた人生を 健康体だと押された太鼓判を信じて 楽しく過ごしたいものだ

2021年4月23日 (金)

人さし指の想い出

その昔 「小指の想い出」という 伊東ゆかりさんの歌があった ♫~あなたが噛んだ 小指が痛い~昨日の夜の 小指が痛い~♫

1_20210424013901

色っぽい小指ではなく 人さし指だが 誰かに噛まれたのか! そんな筈はない 名誉の負傷と言うことにする 二日前にケガをしてしまった 

多量の出血に染まる手を見て 気を失いそうになり 痛みが 心臓の鼓動に合わせて 指先から全身にズキンズキンと伝わっている 

一人で応急措置をしたが 恐怖と心細さが募るばかりだった どうしよう・・と 暫らく立ちすくんでいたが 病院に駆けつけた

処置が済んで 「まかり間違えれば 指先を切断することになっていたかも知れないですよ 不幸中の幸いでよかったですね」と 冷静に話す医師の言葉に 心が落ち着いて安心した

診察室を出ようとしたら 突然 医師が 「阿久津さん まだ放送の仕事をしてるんですね がんばってください」と言う 

えっ! 私の素性を知っている?!

不注意のケガに救いを求めて 創傷処置を受ける為に病院を訪ねた単なる患者で 仕事の顔など全く意識していなかったので 一瞬 痛みも忘れて 頬が紅潮するのがわかった

 

人さし指の想い出は さておき

今日も「隆さま劇場」は ラジオショッピング商品の試食をしながらの打ち合わせから始まった

   

2_20210424013901

「隆さまフレンズ」は 京都市在住のシンガーソングライター・小倉悠吾さんが出演した

縁あって 去年の9月に出演したとき ひたすら音楽活動に励む好青年の印象を受けた 今回は直接 小倉さんから連絡が入ったので 楽曲を試聴したりPVを見て キャスティングした

「桜舞うインクライン2021」 いい曲だ 

今年の桜の季節は終わってしまったけれど また来る春に   咲き揃う桜を見ると この曲を思い出すであろう  

3_20210424014001

※画像は小倉さんのツイッターなどから拝借した※

2021年4月19日 (月)

酒蔵

A_20210428024401

益子町の酒蔵「外池酒造」を訪ねた 立派な門構えだ 

B_20210428024401

門をくぐると 広い敷地の中 右側に売店などがあり 奥に酒蔵がある 

売店で酒を求め 「ラジオ福島」の石田久子アナウンサー宛に 宅配便をお願いした 

先日 石田アナウンサーが 「隆さま劇場」の「福島・茨城・栃木 ウイークリーラウンジ」で話題になった「道の駅なみえ」グランドオープン記念の日本酒を 送ってくださったので お礼の品を 買い求めに来たのだ

大吟醸「燦爛」と 吟醸「燦爛」に ハート型の酒粕パンケーキを添えた

石田アナウンサーは お酒が好きだと漏れ聞いているので きっと喜んでくれるに違いない

2021年4月18日 (日)

Have a great life !!

Photo_20210415004301

 

今日は誕生日

今年も 自分で自分の為に バースデーカードを作った 

この先も いい人生が送れるように 自分自身を鼓舞する意味で   have a great life とメッセージを入れた

 

人生は 人と人との 出会いと別れで 構成されていく 

これまで 何人の人と出会い 何人の人との別れが あっただろうか 

今 想うと どんなトラブルがあった人でも   みんな   皆な いい人ばかりだった 感謝の念に堪えない 

これからの人生にも いい人との出会いが 多いことを願っている

Have a great life !!

2021年4月17日 (土)

プレ・ハッピーバースデー

A_20210417015401

誕生日は4月18日だが 16日の「隆さま劇場」放送日に 多くのリスナーさんが 御祝メッセージを送ってくれたほか プレゼントの品々を 栃木放送に届けてくださった 

似顔絵付きの 豪華なケーキもいただいた

B_20210417015401

年をとったせいなのか 涙もろくなっていて メッセージを読むたびにウルウルし プレゼントをいただくありがたさに 胸が熱くなった 感謝!!

C_20210417015501

実年齢を 偽ったり隠したりする気はないが ケーキに付いていたローソクの   数字の並びを 入れ替えてみた 17歳!

D_20210417015501

事務室の打ち合わせテーブルは 届けていただいた酒類や食品などの品々で いっぱいになった 番組終了後 スタッフにおすそ分けをしても 車のトランクと助手席が プレゼントの品々で埋まった

こんな暖かい幸せをくださるリスナーさんに感謝しながら 帰途についたが 運転中 時々 涙で景色が滲んだ

まだまだ がんばらなくちゃ!と 奮い立った   だって   17歳だもん!

2021年4月16日 (金)

榛名は晃生

1_20210417025001

「隆さまフレンズ」に 歌手の「晃生(あきら)」さんと「姫貴さゆり」さんが出演した 晃生さんも 姫貴さゆりさんも 「エフエム熱海湯河原」で番組を持っていて 一緒に出演することもあるそうだ

晃生さんは 現在 「新星・森雄二とサザンクロス」のメンバーだが 以前 男声デュオで活躍した「金剛と榛名」の榛名さんである

もう何年も前だが 私が「金剛と榛名」の番組制作を担当していた縁で 今日 久しぶりの再会となり 当時の話に花が咲いた

2_20210417025001

姫貴さゆりさんは 「シバザクラ」という曲を歌っているので 市貝町の「芝ざくら公園」の素晴らしさを伝えたら 立ち寄ってみたいと言っていたが 行っただろうか?

2021年4月15日 (木)

雨上がりの花

コロナ禍のステイホームで 「花とおじさん」宣言をしてから 約1年になる

宣言以来 雨が降っても 風が吹いても   晴天が続いても   花木を巡回する習慣がついてしまった

 

昨夜来の雨上がりの花木が気になって 庭に出てみた 

1_20210414131101

まだ 雨露が乾かず 葉や花に したたり落ちている

2_20210414131101

雨に洗われた花の色は 一層濃くなって見える

3_20210414131101

薄く小さな花弁に 雨粒が残って 重そうだ

4_20210414131101

花が首を曲げて 水滴の重みに耐えている

5_20210414131201

枝が曲がって 地面に這いつくばっている

6_20210414131201

葉に 産毛のような繊毛があり 雨粒を 弾き飛ばしていたようだ

7_20210414131201

雨を受けた花は 天を仰がず うつむき加減になっていた

8_20210414135001

グランドカバー用に植えたばかりの苗は 雨を受けて元気だ やがて 一面を覆ってくれることだろう


菜園に植えたばかりの ブロッコリーやカリフラワー セロリやピーマンなどは どうなっているかな?

2021年4月14日 (水)

愛宕塚古墳石室

泳いだ後 プールの近くにある 愛宕塚古墳石室を見ようと 愛宕山公園を訪ねた

1_20210413031001

案内板に書いてある解説によると この石室は この地にあった直径約40mの円墳である愛宕塚古墳の 横穴式の石室で 六世紀末のものだそうだ

戦前に 忠霊塔を建設するため 掘り出だされて この場所に移転復元されたという

石室を掘り出して移転せず 円墳の墳丘ごと 残したら良かったのにと思ったが 当時は まだ 埋蔵文化財に関する意識も規律もなかったのだろう 

掘ったら出てきたので とりあえず 同じ敷地に並べたという感覚だったのだろうか

2_20210413031001

石室の石は 凝灰岩で これだけ大きな石材を使用できるのは 強い同盟関係で結ばれた首長に許されたもの と考えられているそうだ

泳ぎ疲れも忘れて 石室の周りをグルグル周って見ていたら 公園で遊ぶ子供たちが 可愛げのない口調と表情で 「おじちゃん 何してるの?」と言いながら寄ってきた 

不審者に思えたらしい 

最近の子どもは 見慣れぬ人物を 不審者と断定する教育を受けているようだ 110番通報をされなくてよかった

2021年4月13日 (火)

コロナワクチン接種の案内

A_20210414004001

新型コロナウイルス感染症・ワクチン接種の案内が 郵送された クーポン券や予診票 接種の手引きなどが 封入されてる

個別接種は 調整中とのことなので 集団接種の予約をした 

万が一 コロナに罹患しても 重症に至り難いという事を信じて ワクチン接種を受けることにした 

 

偶然にも 毎年 誕生日後に受診している 人間ドック健診の   申し込み確認書類も 今日 届いた

B_20210414004101

この先 期限付きの命 といえる年齢になると 他者の世話にならず暮らしていく健康体や環境を 自分で守り作って行かなければならない

2021年4月12日 (月)

サクラ ガ サイタ

5_20210413012501

もちろん 私の時代ではないが 尋常小学校で使用された「小学国語読本」は 冒頭 サイタ サイタ サクラ ガ サイタで 始まっていたので 「サクラ読本」と呼ばれていたそうだ

今日 一輪だけ 盆栽仕立ての サクラ ガ サイタ

4_20210413012601

芽が膨らんでいるのは 蕾なのか 葉なのか・・ 蕾なら もっと花咲く可能性があるのだが・・ 

3_20210413012601

昨日 花開きそうだったので 強い北風を避けるため 家の中に取り込んだ

1_20210413012601

三日前 ほころび始めた蕾を確認した 

6_20210413012701

この桜は 一昨年の春に ある方から戴いた 盆栽仕立てで 幹に五本の枝が出ていて 見事な花を咲かせている状態だった 

その春は 4月1日に 新元号の発表があり 5月1日から「令和」となった

正に 日本の時代の変遷の幕開けに相応しい 桜のプレゼントだった 大切に育てなくてはという覚悟が生まれた 

しかし 何せ素人で 育成方法も知らず 水やりが精いっぱいだった 一昨年の秋に 枝が枯れてしまったが 残った一本の枝の生命力が 一輪の花をつけたのだ

命あるものを 無残にも絶やしてはならない 桜の延命に配慮し は 「花咲か爺さん」に ならなければならない

H_20210414001901

【追記】4月13日

「花咲か爺さん」宣言が聞こえたのか 今日 もう一輪 花を咲かせた

7_20210414000701

2021年4月 9日 (金)

知る喜びと楽しみ

昨夜の春の雷は いつになく ダイナミックでドラマチックだった

稲妻は 通常 垂直に走るが 昨夜の稲妻は 低空を横に幅広く走り まるで 龍が空を駆け巡る様だった

雷鳴も 一点から音を発するのでなく 音源が横に移動しながら 轟き響き渡って行った

雷が好きな私は 傘もささず 雨に濡れながらも 暫し 稲妻の照明の下 雷鳴のシンフォニーを 秘かに楽しんだ

明けた今日は 寒気の影響で肌寒い一日となったが 「隆さま劇場」は通常通り 開幕した

1_20210410001601

「とちぎの企業 ホップ・ステップ・ジャンプ」は 宇都宮市に本社を置く「株式会社デジロウ」代表取締役社長・池田公也さんが出演

株式会社デジロウ」は 電子クーポンの開発や 企業SNSの運営代行などを行う 総合的なITコンサル業務を展開している

未知の分野の一端を知ることができたが 私は 完全に理解できないままに 会話を進めたことを ひたすら 池田さんに詫びるしかない

4_20210410001601

池田公也さんは 宇都宮大学を中退し IT技術を学ぶため渡米し カリフォルニア大学を卒業後 帰国し アメリカのテクノロジーベンチャー企業の日本法人に入社後 ITコンサルタントとして独立した

その後 30代で「株式会社デジロウ」を設立して 現在に至っている

   

2_20210410001701

「隆さまフレンズ」は 古墳にコーフン協会栃木県支部長・亀和田聡さんが 出演した

4月3日に リモートで開催された 古墳にコーフン協会総会の話や 桜と古墳巡りの話題が 興味深かった

リスナーからの突然の質問に 数字を交えて即答する知識の量と正確さに 驚いた

興味はあるが 知識のない私は 毎回 亀和田さんにレクチャーしていただいて 益々 興味の枠が拡大している 

3_20210410001701

亀和田さんは いつも「前方後円墳」を模ったクッションを持参して スタジオ入りする 身近に置くことで落ち着くそうだ 根っからの古墳好きなのだ

2021年4月 6日 (火)

みどりと森とあなた

1_20210407012501

地面を這いつくような 慣れないスタイルで 庭の草取りをしていたら 足腰が痛い 起ち上って背伸びをしたら 花が!

2_20210407012501

この花の名前は忘れたが 番組「みどりと森とあなた」の取材先で買い求めて 植えたことは記憶している

今は亡き上司が ほぼ栃木放送開局と同時に制作を開始した番組だそうで 「俺が大事に制作を続けてきた番組を 阿久津君に引き継いでもらいたい」と 託された番組が「みどりと森とあなた」だ

番組開始当時は別のタイトルだったそうだが スポンサーが付いてから 「みどりと森とあなた」になったと その上司が説明してくれた

なんと素晴らしいタイトルなのだと愛着を持ち 上司が私に託してくださった意に感謝しながら 番組制作を務めてきたが スポンサーが降りたため 番組は終了した

現地取材の多い番組だったので 県内のあちこちを駆け巡った 

そのおかげで 県内の山々の風景にも あちこちの里山にも 想い出が甦る 木材生産に励み森を守る方たちや 銘木や珍しい草木との出会いもあった 

足尾の荒廃した山に植林もしたが 大きく成長しているだろうな

ある森林組合では 間伐材を利用して作ったテーブルを 売りつけられたこともあったっけ・・・・ 

3_20210407012601

この花の木は 私にとって 番組「みどりと森とあなた」の記念樹かも知れない

 

【追記】 この木の名は「蘇芳(すおう)」であることが解った

2021年4月 5日 (月)

秋でもないのに落ち葉

1_20210407004001

家の東側の庭に聳える 楠の木が芽吹いて 柔らかな緑の葉が出てきた 

2_20210407004001

他界した父の話によると 樹齢300年を 悠に越えているという古木だ

3_20210407004001

数年前から 家の守り神と認識し 正月には幣束をつけたしめ縄を巻いて 神格化している

枝葉が伸び過ぎているので 神木とは言え 少し形を整えなければと 専門家に相談したら クレーン車を配置しての作業となり 経費が莫大になるとの見積もりだ

どうしようと思案するが 実行に至っていない

4_20210407004001

楠の木は 秋に葉を落とさず 春になって 新芽が出てから葉を落とすので 今が落ち葉の季節なのだ

庭いっぱいに敷き詰めた落ち葉を 毎年 集めて処理していたが 今年は このままにしておこうかと 思案中だ

2021年4月 4日 (日)

徳川のコカ・コーラ

1_20210407001801

所用で行った日光市内で 約束の時間に早すぎたため 自動販売機で飲み物を買って 車の中で時間をつぶそうとしたら 徳川の葵の御紋のコカ・コーラを発見した

コーラは好きでないが デザインに魅せられて 飲む気もないのに 2本も買ってしまった 

2_20210407001801

調べたら 2018年から 徳川家に関係する観光地や博物館などで 販売されているという

コーラは好きでないので 飲まずに食器戸棚に入れて キッチンのアクセサリーにすることにした

2021年4月 2日 (金)

番組継続

3_20210404232701

春の番組改編で「隆さま劇場」が継続となった 

1_20210404232801

これまでの内容を継続する形だが 新しいコーナーも誕生した

益子館・里山リゾートホテルの女将が出演する「髙橋美江のほっこり時間(タイム)」や ホンダカーズ栃木中 コンシェルジュの若井明香さんが出演する「ラジオ de とちなかファンルーム」などだ

2_20210404232801

今日の「隆さまフレンズ」は 喜連川温泉PR大使・さくらメイツで ソプラノ歌手の小林愛也佳さんが出演

「温泉ソムリエ」の資格を持っているそうで 温泉にまつわる蘊蓄の語りや 歌曲から1曲 録音で披露してもらった

2021年3月30日 (火)

今日の庭 Best 10

今日は「花とおじさん」デーと決め 庭の草取りと 花苗の植え付けなどをした

数年前は 雑草に覆われて ジャングル化してしまった庭も まめに草取りをしているので 現在は ほとんど雑草がない

今日 植え付けたのは 柿の木の周囲のグランドカバーに 紫色の花をつけるサントリーの「タピアン」の苗と 中庭に 赤と白の「ゼフィランサス」の球根 

大きい麦わら帽子を被って作業をしたが 少し日焼けをしたようで 夜になったら 顔が火照っていた

作業を終えて 庭を歩き回ると 花が咲き始めていたので スマホで撮影しながら 今日の庭 Best10!などを決めた

1_20210331003501

第1位は ハナダイコン 

地味に楚々として咲いている 以前 草取りをしながら本数を少なくしたので 繁茂せず 庭のあちこちに 程よく咲いている 

2_20210331003601

第2位は スズランスイセン 

名前の通りハナが好きだった 祖母のハナさんが 植えたものと記憶している 植え替えもせず放って置いていても 毎年 花を咲かせている ハナさんは 天国で見ていると思う    

3_20210331003601

第3位は 名前を忘れた

数年前いただいた花で 一時 枯れ果ててしまったかと思ったが 今年 復活した 

4_20210331003601

第4位は チューリップ

今年 通販で 大量に球根を購入して 植えたばかりだが なぜか1本だけ 成長が早い

5_20210331003601

第5位は 翁草(オキナグサ)

うつむいて咲くのに 花の終わりは上向きになって 白い綿毛をつける 毒性があるらしいが 漢方薬に用いられていると聞いた 

6_20210331003701

第6位は ルピナス

赤や黄色などがあるようだが 藤の花房を 逆立ちさせたような この色と形状が好きだ

7_20210331003701

第7位は スイセン

通販で 種類指定なしで球根が大量に入っている袋売りを買って 植え付けたものだが まぁ こんなもんだね

8_20210331003701

第8位は 椿の花筵 とでも命名しようか

庭のあちこちに植栽されている椿の花は 花の時期を終えて 地面に散り落ちた まるで 花の筵を 敷き詰めたようだ

9_20210331003701

第9位は 龍神蔦(リュウジンツタ)

龍神蔦の新芽が出てきた 突然変異で誕生したという龍神蔦は 何年たっても大きくはならず 葉を付けると その形が 龍の姿に見えてくる

宇都宮龍神蔦愛好会の板倉さんから 隆さま(龍さま)の守り神だといって いただいたものなので 枯らしてはいけないというプレッシャーから 過保護に育てている

10_20210331003801

第10位は しだれ桜

と言っても 我が家の物ではなく 家の隣にある菩提寺・延命院の桜が 我が家から見える 鐘楼を建設中で 土台が完成している

 

コロナ禍のステイホームで 暇に飽かして始めた「花とおじさん」 次の活動は 夏野菜の植栽だ 既に土壌作りは終えている

2021年3月28日 (日)

初めての「お・で・か・け」

2020年1月15日に 日本国内で 初の新型コロナウイルス感染者が確認された 

その後 感染者が急増し 4月には 緊急事態宣言が出されるなど コロナ禍の自粛生活が始まった

それ以来 私も 必要最小限の外出に留め じっと我慢の自粛生活を続けてきた

1_20210328180901

不要不急の外出を避け 約1年間 外食も避けていて 飲食店などへは 一度も行っていなかったが コロナ禍になって以来 初めての「おでかけ」をした

2_20210328182101

昨日 充分に感染予防の対策に気遣いながら 足利の「サロン有賀(ゆか)」のママの誕生日祝いに 出かけた

店内は 三密を避け マスクをつけ 食器やテーブルなどの配慮や こまめに換気タイムを設けるなど 厳格な予防対策が施されていた

記念の写真撮影は シャッターチャンスの一瞬だけ マスクを外して ソーシャルディスタンスを取った

久しぶりに会うと   互いの変貌に驚くことがあるが   1年ぶりに会ったママは   ちっとも変わっていない   

「照明を落としていて暗いから   そう見えるだけよ」と笑っていた

私は   最近   表情が劣化したと自覚しているので   久々に会う人が怖いのだが   ママは 「隆さまは   全然お変わりないわね」と   開口一番の挨拶だった   事実とは異なる世辞かもしれないが   安心する馬鹿な男

3_20210328182301

今朝 足利からの帰り道の道路沿いは 桜が満開なので 何度も車を停めて散策し ひとり花見を楽しみながら帰宅した

満開の桜の木の下の散策は 心が晴れ晴れする

午前9時15分から行われる オリンピックの聖火リレー第一区間の足利市と 続く第二区間の佐野市の 準備風景も横目にして 通り過ぎた 

4_20210328182301

帰宅後 午後になって泳ぎに行ったら 施設の広場が 午後6時からの聖火リレー第8区間到着地となるようで 準備を進めていた

本当にオリンピックを   開催できるのだろうかと   その準備風景を   冷ややかに横目に流した

 

「初めてのおでかけ」は   自粛疲れが   少し軽減された気がする

また明日から   自粛生活・新しい日常に戻る

2021年3月27日 (土)

他局との交流

「隆さま劇場」に ラジオ福島・茨城放送・栃木放送の各局が 地元の情報を伝えあう 「福島・茨城・栃木 ウイークリーラウンジ」というコーナーがある

2_20210327003401

3月19日の放送では ラジオ福島から 「道の駅なみえ」3月20日グランドオープンの情報を伝えてもらった

福島県浪江町は 東日本大震災と 福島第一原子力発電所の事故で 全町民が避難を余儀なくされ 一度失われかけた町だったが 今 再び 浪江町は 新しい道のりを歩んでいる

2020年8月に 復興のシンボルとして 「道の駅なみえ」が誕生し 今年3月20日に グランドオープンした

3_20210327003501

情報を伝えてくれたのは ラジオ福島のアナウンサー 石田久子さんだ (石田さんは 福島競馬の実況中継なども担当するベテランアナウンサー) 

石田さんは グランドオープンを記念して発売された日本酒を 送ってくださった

4_20210327003501

お礼の電話をして 栃木県産の品を 返礼に送りますと伝えると 「そのような御配慮は辞退致します 栃木県の皆様に 道の駅なみえに お出かけくださるよう お伝えください」との返事 

なんと地元愛の深い方なのだろう これぞ 地方局アナウンサーの鏡だと恐縮した

2021年3月26日 (金)

旅立ち

共に番組を担当した若者が 今日を以って 職場を離れた

新たな道を進むという 

一緒に汗水流した仲間が 去って行くのは 寂しい限りだ

1_20210326233101

番組「みんなのラヂオ~思川~」や「アクセント~隆さま劇場~」などで一緒だった 加藤拓也さんが 退職した

些少の御餞別を差し上げ 「お世話になったね 元気でな!」と 声をかけると 照れくさそうに首をかしげて 「阿久津さんも健康に気を付けて がんばってください」と 改まった口調で挨拶した

もう二度と会う機会は ないかもしれないと思うと 人生は 人と人との 出会いと別れで構成されている・・・・ということを またまた実感した

2021年3月14日 (日)

我が家の梅の異変

今日 東京に続き 長崎や松江でも 桜(ソメイヨシノ)が 統計開始以来 最も早く開花した

休眠打破が順調に推移し その後 季節先取りの暖かい日が 多かったためだという

我が家の桜は まだ芽も出ていないが 裏庭の梅が咲いている

1_20210315005801

ここ数年 花も咲かなければ 実も付けなかった裏庭の梅が なぜか今年は 今までに見たことがないほど 多くの花を咲かせた

この分だと 今年は 実を付けるだろうかと 期待している

2_20210315005801

それに比べて 去年 数年ぶりに 多くの花を咲かせ 実を付けた 前庭の梅は 今年は 花が数輪しか咲いていない

去年は 梅の実で 梅酒や梅ジャムを作ったが 期待できないから 裏庭の梅の木に 実が付くことを期待しよう

そうだ 去年6月に仕込んだ梅酒は もう呑めるかな・・・・

2021年3月13日 (土)

舟和の浅草ボーロ

1_20210313164401

「芋ようかん」で馴染み深い 浅草の「舟和」でも 「浅草ぼーろ」というタマゴボーロを販売していることを知った

さつま芋から作った 芋あめを使用した 素朴なボーロで 舟和の味をお楽しみくださいと 説明書きがある

2_20210313164401

番組ディレクターが デパートで買い物中に 偶然 発見したそうで 「隆さま! こんなものを見つけてしまいました!」と 買ってきてくれた 感謝

共に番組を担当して約1年の間に ディレクターの脳裏には 「変わり者の隆さま」とも慣れっこになり 「タマゴボーロ=隆さま」という等式が 焼き付いてしまったようだ

2021年3月12日 (金)

ちょうどいいぬくもり・・って

ラジコ(radiko)の コマーシャル 「ちょうどいい」編が 時折 流れている

「ちょうどいいぬくもり ラジコ」っていうコマーシャルだ 

聴くたびに考える 「ちょうどいいぬくもり」って ・・・・? 

日頃 心がけているつもりだが むずかしい ・・・・

6_20210313162201

昨日は 3.11.東日本大震災から10年だった 栃木放送も 特別番組を放送した

今日の「隆さま劇場」は通常放送だが リスナーさんからは 3.11.に去来する様々な想いが 多く寄せられた   

2_20210313142701

「とちぎの企業 ホップステップジャンプ」に 宇都宮市の「アグリクリニック研究所」の代表取締役の村井保さんが出演

村井さんは 害虫駆除などの研究一筋で 島根県庁職員をスタートに 農林水産省の果樹研究所や 宇都宮大学農学部の名誉教授などを経て 「アグリクリニック研究所」を設立した

村井さんが考案した「高濃度炭酸ガスによる害虫駆除装置」は イチゴ苗育成などに使用されているそうだ

県内各地に持っている農場では ミツバチの繁殖や植林なども 行っている

村井さんの年齢は 私と同じだが 研究者の風貌には貫禄があり 一言一言の言葉にも重みがあって まるで仙人のようだった     

3_20210313142701

「隆さま となりの昼ごはん」に 栃木市の清田建設工業株式会社・福祉事業部の「K'きっず」児童発達支援管理責任者・松島陵介さんが出演

松島さんは お母さんのアドバイスで福祉の道に進むことを決意し 社会福祉法人の仕事に就いた その経験が認められて「K'きっず」にヘッドハンティングされた

3.11.では 専門学校の学生たちとともに 復興支援ボランティア活動なども行ったそうだ

今年6月には 壬生町にも事業を展開するそうで 「この仕事にやりがいを感じています」と 力強く話してくれた  

4_20210313142701

「隆さまフレンズ」は 第二金曜日レギュラー出演の「古墳にコーフン協会」栃木県支部長・亀和田聡さん

最近 県内の古墳ニュースがいっぱいで 小山市の「摩利支天塚古墳」発掘調査説明会に参加してコーフンした話題をはじめ 下野市の「仁良川古墳群」から 古代の祭祀に使われた「六鈴鏡」が 完全な形で出土したことなど 興味深い話だった

大田原市の「侍塚古墳」を 地域活性化につなげようと 地元のレストランが 「日本一美しい古墳カレー」を新メニューに加えた話題もあった 

この「古墳カレー」は 「墳丘」の形が忠実に再現されているという 県立博物館の協力で 「侍塚古墳」の三次元計測データを三次元プリンターを使って五千分の一に縮尺して ご飯の形を作成したそうだ 「周溝」は小砂焼きの皿で表現している 食を進めていくうち ご飯の中から何かが「出土」する楽しみもあるという 食べたくなった  

5_20210313142701

放送中 亀和田さんの古墳仲間が 国宝の「那須国造碑」を模った「笠石最中」を届けてくれた 古墳の輪が広がっている

4月3日に 「古墳にコーフン協会」の総会が開催され エムキャスで有料放送されるそうだ 栃木県支部長の亀和田さんは 「隆さまフレンズ」の放送のことも 報告するそうだ1_20210313142601

「ちょうどいいぬくもり」・・・・を 日頃 心がけているつもりだが むずかしい ・・・・

2021年3月 5日 (金)

zoom打ち合わせから本番

「隆さま劇場」は 午後1時から約6時間の生放送だが 朝から打ち合わせで 今日も大忙しだった

1_20210306012501

多忙な中 癒されるのは 目加田ディレクターが 自宅から摘み取って来て   飾ってくれた クリスマスローズとサクラソウ

2_20210306012501

コロナ禍で ステイホーム時間が増えため 「花とおじさん」生活を宣言した私にとって 花は 何よりも癒しになる

A_20210306012601

今日は ラジオショッピングの打ち合わせが zoomで 行われた

B_20210306012601

ショッピング・パーソナリティーと 広告代理店の方々 それに栃木放送東京支社の担当者と私の 5人で打ち合わせだ

春の番組改編に向けて スポンサー契約継続のための それぞれの立場を忖度した 会議だったのかもしれない

4_20210306012601

スタジオ生出演のゲストは 宇都宮短期大学・音楽科の学生 増渕珠久さんと出口慎太郎さん

二人は「comrabe」という5人組ユニットのメンバーで 老人ホームなどに赴き ボランティア演奏活動をしている

声楽専攻の増渕さんのピアノと ユーフォニアム専攻の出口さんで 3.11.に因む曲「花は咲く」を演奏していただいた

見かけによらず ユーフォニアムの柔らかい音色に 感動してしまった

音楽とともに人生を送りたいという 二人の真摯な姿にも 感動した 若いって素晴らしい!  

5_20210306012701

「隆さまフレンズ」に   ラジオパーソナリティーの「藤田みさ」さんが 電話出演した

藤田さんは 「ラジオと結婚して32年」というほど ラジオ大好き人間で 全国のラジオ局に限らず 多くのメディアで 「挑戦」という看板を掲げて 活躍をしている

54歳の藤田さんは 現在 体当たりチャレンジと称して クラウドファンディングで 写真集を制作している

番組宛てに 全国の藤田さんファンから メールが届いた 

驚いたことに 栃木放送報道部のNさんからも 「私は ずっと前から 藤田さんのファンです」というメールが 送られてきた

番組終了後 Nさんに 写真集の入手方法を レクチャーしたら 照れくさそうに 苦笑いをしていた

2021年2月26日 (金)

試食してから本番

ラジオもテレビも 通販番組が増えている 「隆さま劇場」も然りだ

今日のラジオショッピングに 「フグ鍋」の具材があり 試食用の見本が送られてきたので 試食をした

1_20210227005101

ディレクターが 野菜類を用意して ミニ「フグ鍋」を作ったほか ご飯も用意して「フグ雑炊」も作った

初めて「フグ鍋」を食する経験をし 美味しくいただいたが 「人体実験かよ」と 笑いあった 

2_20210227005201

「新そば食べ歩きスタンプラリー」の抽選会も放送した

3_20210227005201

ホテル宿泊券などが当たる公開抽選は 責任重大である 

はがき一枚一枚に 応募者の気持ちが込められていて 当選とはずれに分別してしまう役目は 気が引ける

2021年2月24日 (水)

足利山火事 近火お見舞い

21日に発生した 足利市の山火事は 懸命な消火作業にもかかわらず まだ燃え続けている

1_20210225003701

近隣住民に 避難勧告も出ている 今夜 近くの北関東自動車道が 通行止めになった

2_20210225003701

連日の強い風と空気の乾燥で 火の勢いが止まらない

天気予報では 当分 雨が降らないとのことで 収束には 2~3週間かかるとの見方もある

3_20210225003701

足利の皆様 近火お見舞い申し上げます 早期の鎮火を 願っています

山火事は 噴火や雷などの自然発生もあるが ほとんどが たき火やタバコの 火の不始末による 人為的なものだ 肝に銘じたい

    ※画像は 日テレ news zero の放送画面※

2021年2月16日 (火)

確定申告 初日に済み!

2_20210220174101

今年も 確定申告を 初日に済ませた 

コロナ禍で蜜を避けるため 申告会場は予約制とか 受付を4月まで延長とかの措置が取られているほか e-Taxや郵送による申告を勧めているが 直接 申告会場へ書類を持参した

相談コーナーは 整理券を発行して予約制になっていたが 記入済み書類の提出は予約なしで 数人待ちで受付された

特に指摘される箇所もなく 「還付金は指定の金融機関に約1ヶ月後に振り込まれます」と言われ ペタンと確認印を受けた

2021年2月15日 (月)

夕焼けと虹

前線を伴った低気圧が 日本海と日本の南岸に発生し   「二つ玉低気圧」の気圧配置になった

その後   二つの低気圧が   一つにまとまって  「 爆弾低気圧」になって通過した 

この為 かなりの雨量と風を 観測した

夕方 まだ 雨はパラついていたが 不気味な夕焼けになった

B_20210216003201

反対の東の空には 大きな虹が 架かっていて コンパスを使って   製図したような 歪みのない   円弧が描かれていた

A_20210216003201

「オズの魔法使い」を想い出し Over The rainbow 「虹の彼方へ」を ハミングしていた

幸せの青い鳥たちが 虹を超えて 

飛んで行くなら

私も 飛んで行きたい

2021年2月14日 (日)

ヴァレンタインデー・タマゴ

昨夜11時過ぎの大地震は 小舟に乗って 波に揺られているような 大きな横揺れで すぐさま 10年前の3.11大地震を   思い起こした

私の住む地域は 強い揺れの割には 被害がなく 胸をなでおろした

今日は ヴァレンタインデー 

姪っ子が 「隆さま 日頃お世話になっているから・・」と言って ヴァレンタインデー・プレゼントを届けてくれた

1_20210216000901

箱を開けると チョコレートではなく 卵の詰め合わせ ヴァレンタイン・タマゴだそうだ

2_20210216000901

卵を食べて 健康づくり という配慮のようだ これも「愛」だね 感謝

«つわもの TSUWAMONO