« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月30日 (木)

いちごツリー

S
さくら市のリスナーさんから クリスマスツリーならぬ 苺の苗で作った「いちごツリー」をいただいた 

出荷が始まったばかりの苺 「とちおとめ」もいただいた 美味しいで~す! 

B
「いちごツリー」を飾った部屋は まるで おとぎの国に変化したようだ

さしずめ 私は 王子様か・・・・?

いえいえ 私は 隆さまです!

2017年11月29日 (水)

龍宮城へ行っちゃった!

1

11月24日~29日 今年初の龍宮城の旅をした 

2

ネット検索で 新しい龍宮城を発見したので 今回も 航空券はもちろん ホテルなど全て 自己手配した  

3

いつも通り 無計画の計画の旅 案の定 毎日何が起こるか分からない スリリングな旅であった

4

5
今年は いろいろあって 緊張の毎日だったので 少し羽目を外してもいいと 自分に許しを得た 

6

いつものように 水着と数冊の本と衣類をパッキングして 

わずかな観光以外は 歓楽街の冒険 ショーパブ巡り マッサージ三昧 現地メニューの食事など 

自由気ままな毎日は まさに龍宮城であった  

7

現地の言葉は理解できないので ブロークンな英語が 唯一のコミュニケーション言語だ

恥じらいもなく会話するブロークンさは 思い出すと笑ってしまうが 意志を伝える必死な言語だ

英会話がスムーズなら もっと多くの友人ができたかもしれない 

8
街中の店に吊るしてあった マッチョになるタンクトップを見つけた 

せっかくだから ホテルのジムで 写真を撮った (笑)

9

プールサイドやビーチで 数冊の本を読んだ

10
(「お迎え」されて人は逝く)は 日焼けで身体が熱るのも忘れて 一気に読んでしまった

医師の奥野慈子さんの著書だ 

奥野さんは 臨床と教育の両面で緩和ケアに携わり 2500人を看取ったという

数年前に母を見送り 今年は父を見送った私は この著書に興味を持ち 読んでみたい一冊だった

旅立った父と母の最期の姿や言動を思い出すと 納得できることばかりだった 

(最期まであなたらしくあるための「死の予習」本)というキャッチコピーどおり

私も 死の予習をしてしまった 自分の死生観を持つことが必要だ 

11

次は 奥野さんの著書「ひとりで死ぬのだって大丈夫」を読んでみたい

ゆっくり読書する時間を また龍宮城で作りたい・・・・

なんて 龍宮城行きに 無理な理由付けをしている! (笑)

2017年11月23日 (木)

渚ようこリサイタルだけど・・

Y
今日は 渚ようこさんのリサイタルの日だが レギューラー番組があり 行けなかった・・・・

残念至極だ!!

リサイタルに行った友人から ポスターの画像が送られてきた 

その友人は 今頃 渚ようこさんの店で 飲んでるに違いない・・・・

Q

仕事は 本社ブルースタジオからの放送だった 同期の矢野アナウンサーが スタジオを訪ねてくれた

ありがとう! 矢野さん!!

2017年11月 8日 (水)

百箇日の塔婆

H

少し早いのだが 父の百箇日法要の塔婆を立てた これで一安心 

次は 来年の一周忌だ あっ! その前に初盆がある・・・・

J

2017年11月 4日 (土)

お隣にいらしたのは隆さま?

縁は異なもの味なもの・・・・ 

山内惠介さんのコンサートで 私の隣の座席の方は 「カサブランカさん」だった

Y 

 どこにお住まいの方なのかも知らないが

 「カサブランカの部屋」というブログで

 時々 私のことを書いて下さっている方である

 そのカサブランカさんが 隣の座席だったとは・・・・

 

袖振り合うも多生の縁・・・・

次は どこでお会いするだろうか? お会いする機会が存在するだろうか? 

なんとも 偶然の出会いであった・・・・

2017年11月 3日 (金)

山内惠介ライブin足利

Y
足利市民会館で開催された 山内惠介「熱唱ライブ2017~新たなる歌の道・あなたと共に~」に行った

6月に 宇都宮市文化会館のライブに行ったばかりだが 県内で開催されるとあっては 行かねばならぬ!

放送でお世話になった義理を果たす 御礼参りのようなものである 

所属事務所の社長さんにも会えてよかった 

O

一緒に行った姐御さん達は 手作りの歓迎プレートで 惠ちゃんの楽屋入りを待った

プレートには 惠ちゃんの故郷・福岡県の言葉で 歓迎メッセージが書かれている

この歓迎プレートは コンサート会場でも 姐御さん達が客席からアピールしていた

惠ちゃんは ステージで このプレートを読み上げてくれた!!

少し恥じらいがあったが 私も 惠ちゃんの入り待ちに つき合っちゃった!! 

M

ライブ終演後 一緒に行った姐御さん達は 惠ちゃんとの握手会に参加したが

私は 一足早くホールを出た すっかり日が暮れていて 月が出ていた 明日が満月だ

山内惠介さんは 下積みの頃 月の灯りを スポットライトに想定して スターを夢見ていたそうだ・・・・

2017年11月 2日 (木)

夕焼けの分割

O

道の駅思川のサテスタ放送が終了したら 夕焼け空が広がっていた

日没寸前に 飛行機雲が まず水平に描かれ 

次に 天中から西に 沈みゆく太陽を目指すように 直線を描いた

夕焼けの空が 直線で分割される情景を 初めて観た

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »