« 2017年7月 | トップページ

2017年8月

2017年8月18日 (金)

人恋しい

H

「家族の方に 先生からお話があります・・・・」 

きのう 病院から電話があり 急いで駆けつけた 病院からの電話には ドキッとする

これで3回目の 担当医師からの報告と懇談だった

今朝 仕事へ行く前に洗濯物を届けた 「これから仕事だから また来るよ」と言うと

「帰っちゃうのか・・・・」「今日は 誰か来るかなぁ・・・・」「家に帰りたいなぁ・・・・」 

人恋しさが募っている

2017年8月16日 (水)

ガチャガチャ

O
お盆のゲスト お子ちゃまの誘いで ガチャガチャ売り場に行った

お子ちゃまが夢中の恐竜や怪獣などと並んで 歌舞伎面の根付のガチャガチャがあった

えっ! こんなものがあるんだ!

お子ちゃまの許可を得て 私も 何が出てくるかワクワクしながら 100円玉を3枚 ゆっくりと入れた

直径6センチ程の ボールのようなプラスチック容器が 落ちてきた  

P
開けようとしたら お子ちゃまに 奪われた! 

お子ちゃまは 慣れた手つきで容器を開けて こんなものが入っていたよ!と手渡してくれた

私は「助六」か「忠信」を望んでいたが 出てきたものは「矢の根」だった

Q

1回だけだよと お子ちゃまに行った手前上 次の挑戦を諦めたが 

明日 買い物帰りに 助六か忠信が出るまで ガチャガチャに挑戦しようかと思ってしまった

欲しいものが出るまで 100円硬貨をねだる子どもの心が理解できた 

と言うより 私も すっかり ガチャガチャに射幸心を煽られ 嵌ってしまったようだ

明日 助六をゲットしてやる!!

2017年8月15日 (火)

阿久悠と渚ようこ②

Y
8月7日発売の「文藝別冊 阿久悠」の 「エッセイ・私の阿久悠ベスト3」に 渚ようこさんの寄稿があった

渚さんの阿久悠ベスト3は 1位・二日酔い(森田公一とトップギャラン) 2位・踊り子(フォーリーブス) 

3位・どうせ天国へ行ったって(渚ようこ) だった

2017年8月13日 (日)

ロウソクと線香

A

いつもは 13日に お盆の飾りつけをして お墓へ行き ご先祖様を迎えるのだが

仕事の都合で 昨日のうちに設えて 今朝 出勤前に お墓参りをしてきた

 

知人から 仏前にと 不思議な物をいただいて 驚いた! 

C
三色団子のロウソク! その他 ラーメンや寿司などもあるらしい・・・・

D
甘い香りのミルキー線香! その他 サクマドロップやボンタンアメなどもあるらしい・・・・

B

弘法大師さまぁ・・・・ 

故人が好物だったものを ロウソクや線香にして お供えしようというのですが 驚きましたねぇ・・・・

弘法大師さまは 無言であった・・・・

2017年8月10日 (木)

夏姿大放送

A
昨日の猛暑は何処へ去ったのか 今日は涼しかったが 恒例・夏姿大放送!

B
本田さんはアローハ! 私は浴衣の伊達男?

C

今日のスタッフ4名とも 柄がでかい!

E

ひょっとこ・おかめの お姐さん!

D_2

ビール男も出現! 

F

番組終了まで残ってくれた 夏男・夏女のリスーナーさん ありがとう!

2017年8月 9日 (水)

猛暑

3

尋常ではない暑さ!

強烈な太陽光線が肌を刺し 全身から汗が噴き出す・・・・

4

ほどよい夕立が涼を呼ぶ風情も情緒もない! いわゆる「日本の夏」は失われてしまった・・・・

2017年8月 7日 (月)

阿久悠と渚ようこ

5
2017年9月号の「東京人」は 「阿久悠と東京」と題して 生誕80年 作詞家活動50年 没後10年の 

偉大なる作詞家「阿久悠」を 特集している

渚ようこさんは 前野健太さんと対談で登場し 阿久悠さんを分析している 

89

0
 

渚さんは 阿久悠さん作詞のアルバムCD

「渚ようこmeets阿久悠~ふるえて眠る子守歌~」(2004年) と 「HEY YOU !」(2006年) を制作している

 

私は アルバムCD 「HEY YOU !」が 大好きだ!

 

その後 2007年制作のアルバムCD 「novella d'amore (ノヴェラ・ダモーレ)」 に

阿久悠さんの遺作となった 「どうせ天国へ行ったって」 と 「KABUKU」 の2曲が収録されている

渚さんは この2作品を 渚さんが阿久悠さんに送った手紙の 返信だと捉えているそうだ

阿久悠さんは 「どうせ」とか「しょせん」という言葉は使わないと決めていたそうだが

遺作では「どうせ天国へ行ったって」と 「どうせ」を使って表現している不思議などを 渚さんが語っている 

6
渚ようこさんは 2015年7月号の「東京人」にも 登場している

コラムニスト・泉麻人さんの取材記事 「新宿歌謡散歩・花園街の夢は夜ひらく」に

新宿ゴールデン街の「汀」が 「ネオ昭和歌謡の歌姫・渚ようこさん経営の店」と紹介されている

7

« 2017年7月 | トップページ