« 満月と桜 | トップページ | 足利のお客様 »

2017年4月16日 (日)

隆さま誕生会

1 
シャラリラ倶楽部で 隆さま誕生会を 開いてくれた ありがたいことで 感謝に堪えない

2

会場は 歌手の森勇二さんの店「餃子の龍門」

 
3
4月18日が誕生日だが 直近の日曜日ということで 2日早い誕生会

4

写真入りのケーキに感激!

5

「餃子の龍門」の社長で 歌手の森勇二さんもケーキを 用意してくれた

6

参加者の皆さんの ハッピーバースデイの合唱で フーッとロウソクの火を消した

A

どこかで見かけた 「伊豆の踊子」の二人も 来てくれた

B
ピコ太郎?も登場し ペンパイナッポーアッポーペンを披露してくれた

DE

F

芸達者なピコ太郎?さんのステージは 報復絶倒だった

C

前会長のダモーレさんも ダジャレショーを披露してくれた

G

一本松さんのクイズショーも 独特の雰囲気で 会場が笑いの渦に包まれた 

7

会長のオリーブさんから 目録をいただいた

8

全身マッサージ券 庭の草取り手伝い券 父親の介護補助券などなど 

9

「歌声喫茶」で歌って賑やかになった後 シャラリラ倶楽部から でっかいプレゼント!

10

大きなカエルの ダストボックスなのだが・・・・

「隆さまヨミガエル」 だそうで 往年の「隆さま」に 甦って欲しいということだ

111213

 

賑やかに祝っていただいた誕生会が終え ポツンとひとり 部屋に戻り 

読み終えて ほっぽってあった本を 再び手にした

定年後の主人公を描いた 内館牧子さんの小説「終わった人」だ

あとがきに こう書いてある

 

・・・・ 六十代というのは 男女ともに まだ生々しい年代である 

いまだ「心技体」とも 枯れておらず 自信も自負もある

なのに 社会に「お引き取りください」と言われるのだ 

本書の主人公は 何とか再び第一戦で働きたいという本音を隠さない

重要なのは 品格のある衰退だ

アンチエイジェング至上の現代日本において 

また 若い者には負けないとする「終わった人」において 大きな示唆である ・・・・

 

お祝いにいただいた大きなカエルを 「ヨミガエル」に あやかりたいと 私の部屋の住人にした

« 満月と桜 | トップページ | 足利のお客様 »

コメント

隆さま〜birthday お誕生日おめでとうございます。まだまだ…これから、素敵に歳を重ねて行って下さい。偶然ですが 娘も同じく今日18日が誕生日です これからも毎年一緒にお祝いさせて頂きますね!

🎂今日は誠にめでたい~🎂

隆さま本番の・・
お誕生日おめでとうございます🐸

18日になりました。
隆さま、おたんじょうびおめでとうございます。
誕生日は、いくつになってもうれしいくすぐったい日ですね。16日は諸事情により参加叶わず、大変残念でした。
画像からも愉しさが、つたわってまいりました。
いまや、年齢七掛け60×7=42まだまだこれから!(*´▽`)えへっ!
是非!よみがえるの、蘇りを⭐


隆さま・・誕生日イブ・イブおめでぴょん🍰

笑顔いっぱい、思いでいっぱい!!!
楽しい時間を過ごされたようで・・・・

ご一緒したかっなぁ~~ピョンm(_笑_)m

   ヨミガエル最高ですね🐸


昨日は、楽しんできました
あらためて『お誕生日おめでとうございます。』

今回は初めて遠足無しの りゅう様お誕生会メインに企画させて頂きました❗
役員の皆さまと夢ちゃんには事前準備から何度も参加して頂き 案を練り 擦り合わせをして今日に臨みました❗

其々の役割に徹して頂き 会を盛り上げて
司会進行は最高でしたね👍
会長として四人官女に恵まれ 大盛況で
終了出来た事に感謝です

これからも皆様に喜んで頂ける倶楽部を
運営して行けたらと思っております

りゅう様❗これから益々のご活躍を応援しております✨

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571500/65159845

この記事へのトラックバック一覧です: 隆さま誕生会:

« 満月と桜 | トップページ | 足利のお客様 »