« 北山修 白鷗大学副学長退職講座 | トップページ | バレンタインデーチョコ »

2017年2月 8日 (水)

山内惠介 新歌舞伎座初座長公演

A 

新歌舞伎座 初座長 山内惠介特別公演を 観てきた

 

B

昨夜 大阪に到着し ホテルに宿泊して 今日11時からの昼の部を観た

 

C_2 

巨大な幟旗が 風に揺れていた

 

2

二部構成で 第一部が芝居 演目は山本周五郎の短編小説「泥棒と若殿」

大名家の跡継ぎをめぐり 生きる力も失せた若殿が 

偶然出会った 人の世の荒波に身も心も荒れ果てて罪を犯す泥棒に 魂を再生され

藩主となって 領民の幸せの為に生きようと決意する物語

若殿と泥棒との 情のつながり 出会いと別れに 泣かされてしまった ・・・・

実力派俳優陣に脇を固めてもらい 山内惠介さんが 一層引き立っていた

 

1_2

3_2 

第二部は プラチナの品格 山内惠介オンステージ 四章編成の熱唱だった

(左は プログラム解説書の表紙で 右は 第二部の案内ページ)

来月リリースの新曲 「愛が信じられないなら」も歌った

第二部構成演出の宮下康仁さんは プログラム解説書の中で 「山内惠介の進化がとまらない」と評し

「歌謡界のプリンス山内惠介は どこまで翔んで行くのか 想像を超えて走り抜けて行く」と書いている

 

E

昨日 新大阪行きの新幹線の車窓から 富士山が見えたが 今日は 見えなかった

贅沢な 大阪での二日間だった ・・・・

 

なぜに山内惠介さんを 特別に応援する訳はと言うと お礼の気持ちだ 

私が社員として 最後に企画制作をした「シャラリラ歌謡曲」で 

「満月ライブ」などで協力をしていただいた恩義に 報いたいと思っているのだ

同様に 「渚ようこ」さんにも 番組協力への感謝に堪えなく 応援しているのだ

 

私のこれからの人生は これまでお世話になった方々への お礼参りの旅になりそうだ

どうしたことか 急に 仏心になっちまったようだ (笑)

たぶん 山内惠介さんの芝居「泥棒と若殿」に 影響を受けてしまったらしい (笑)

« 北山修 白鷗大学副学長退職講座 | トップページ | バレンタインデーチョコ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571500/64868807

この記事へのトラックバック一覧です: 山内惠介 新歌舞伎座初座長公演:

« 北山修 白鷗大学副学長退職講座 | トップページ | バレンタインデーチョコ »