« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月14日 (火)

バレンタインデーチョコ

多くの皆様から バレンタインデーチョコレートなどを いただいた 感謝!

お酒や衣類や 自分では買えないセクシーな下着!なども いただいた

 

O

満ちゆく光・アルテミス

お月様が大好きいな私に 月の女神・アルテミスというチョコレートを 宅配便で送っていただいた 

新月~三日月~上弦の月~満月~下弦の月と 月の満ち欠けデザインのチョコ

 

Q

長寿チョコ

95歳の父親も 私の知人から チョコをいただいた

父親いわく 「女性から ハートの形をしたチョコレートをもらった! これで百歳まで生きられる」 だって!! 

クワバラ・・・・ くわばら・・・・ (笑)

 

P

惠ちゃん甘栗

山内惠介さんのファンから チョコレートの代わりにと 惠ちゃん甘栗を 宅配便で送っていただいた

匿名なので送り主がわからない 宅配便の番号で検索したら 遠方から送られたことがわかった

2017年2月 8日 (水)

山内惠介 新歌舞伎座初座長公演

A 

新歌舞伎座 初座長 山内惠介特別公演を 観てきた

 

B

昨夜 大阪に到着し ホテルに宿泊して 今日11時からの昼の部を観た

 

C_2 

巨大な幟旗が 風に揺れていた

 

2

二部構成で 第一部が芝居 演目は山本周五郎の短編小説「泥棒と若殿」

大名家の跡継ぎをめぐり 生きる力も失せた若殿が 

偶然出会った 人の世の荒波に身も心も荒れ果てて罪を犯す泥棒に 魂を再生され

藩主となって 領民の幸せの為に生きようと決意する物語

若殿と泥棒との 情のつながり 出会いと別れに 泣かされてしまった ・・・・

実力派俳優陣に脇を固めてもらい 山内惠介さんが 一層引き立っていた

 

1_2

3_2 

第二部は プラチナの品格 山内惠介オンステージ 四章編成の熱唱だった

(左は プログラム解説書の表紙で 右は 第二部の案内ページ)

来月リリースの新曲 「愛が信じられないなら」も歌った

第二部構成演出の宮下康仁さんは プログラム解説書の中で 「山内惠介の進化がとまらない」と評し

「歌謡界のプリンス山内惠介は どこまで翔んで行くのか 想像を超えて走り抜けて行く」と書いている

 

E

昨日 新大阪行きの新幹線の車窓から 富士山が見えたが 今日は 見えなかった

贅沢な 大阪での二日間だった ・・・・

 

なぜに山内惠介さんを 特別に応援する訳はと言うと お礼の気持ちだ 

私が社員として 最後に企画制作をした「シャラリラ歌謡曲」で 

「満月ライブ」などで協力をしていただいた恩義に 報いたいと思っているのだ

同様に 「渚ようこ」さんにも 番組協力への感謝に堪えなく 応援しているのだ

 

私のこれからの人生は これまでお世話になった方々への お礼参りの旅になりそうだ

どうしたことか 急に 仏心になっちまったようだ (笑)

たぶん 山内惠介さんの芝居「泥棒と若殿」に 影響を受けてしまったらしい (笑)

2017年2月 4日 (土)

北山修 白鷗大学副学長退職講座

P_2Q

精神科医で あの ザ・フォーク・クルセダーズの 北山修さんが 

白鷗大学 副学長 退職記念 特別公開講座を開催した 

常々 北山さんの活動に興味を持っていたので 一般参加申込をし 当選したので出席した

「名前のないアート」についてと題した アウトサイダー・アート(生の芸術)をテーマに基調講演を行い

対談のあと 作詞家 きたやまおさむ(北山修)の作品を演奏する ミニコンサートが行われた

「白い色は恋人の色」で始まり 

「戦争を知らない子供たち」を作曲した杉田二郎さんが サプライズ出演をし

「あの素晴しい愛をもう一度」で締めくくった

70歳の北山修さんは 知的で長身で 白髪が魅力的な 品のある紳士になっていた

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »