« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月31日 (木)

大晦日

M

大晦日のサテスタは 屋外に設営となった 年末にもかかわらず多くの皆さんにおいでいただいた

O
歌謡漫談みたいな放送でしたかね! もう正月気分ですよ!っと 

ゲストはシンガーソングライターのサトウヒロコさん

Mm

でも正月は明日です 初詣には早すぎますよ! 和服姿の紳士の姿もあった ・・・・

2015年12月30日 (水)

誰かの幸せ

H_3
「四季の花さん」から絵手紙が届いた

今年も残すところ 明日一日だけとなった 今年は幸せな年だったろうか?

幸せは 待っていては来ないし 追いかければ逃げて行く 厄介なものだ

「他人の不幸は 私の幸せ」と嘯く輩がいるが 心が狭すぎて悲しい 

誰かの幸せを 素直に喜べる広い心が欲しい

2015年12月24日 (木)

Xmasコスプレ放送

1
今日はクリスマスイヴ 恒例Xmasコスプレ放送 自主参加スタッフもいる 元気な場所には人が集まる

2

Mr.Iさんが来てくれた ありがとう! 頑張ってね! 

6_2

サンタ模様の可愛いドレスの子

3

コスプレのお客様が 次から次へと いらっしゃいます おや? 金色夜叉ですか ・・・・ ??

4

熱海の海岸 散歩するぅ 貫一お宮の二人連れぇ ・・・・♪♫ ♪♪~ 

5

「来年の今月今夜のこの月を 僕の涙で曇らせてみせる ・・・・」 

お疲れ様でした

2015年12月17日 (木)

年末の御挨拶

Photo_3

Photo_4
足利の「サロン有賀ゆか」のママと 「ホテル高雄」のMr.SHIZUOさんが サテライトスタジオに来てくれた

「本年はお世話になりました 来年もどうぞよろしく・・・・」と 丁寧に 年末の御挨拶をくださった

そういえば 今年も残すところ 二週間だ 

「いつも和服でおいでいただき サテスタの雰囲気を 華やかにしていただきまして 感謝しております」

付け下げ訪問着のママは 真っ赤な乗用車に乗り込み 颯爽とアクセルを踏んで行った 

「よいお年をお迎えください!」

2015年12月12日 (土)

日本初の春画展

6

日本で初の春画展開催のニュースを聴いてから 行こう行こうと思っていた やっと 今日 観てきた

2_3
春画展開催に多くの美術館が躊躇したそうだが ここ「永青文庫」が快く引き受けたそうだ

永青文庫は 細川家に伝来する文化財を 後世に伝える目的で 1950年に設立されたそうだ

3_3
広大な細川家の屋敷跡の隅にあり 現在は 元首相の細川護熙氏が理事長を務めている

入口看板の「春画」の文字は 細川護熙氏の文字だそうだ

4_3
想定外の入場者だそうで 広くない永青文庫は 連日大混雑のようだ

平安時代からある春画の始まりは「肉筆」だったそうだが 

江戸時代になると「版画」技術が発達し 春画も浮世絵版画とともに 量産されるようになり

男女の大胆な交合図は 庶民から大名まで 幅広く愛好されたそうだ

享保の改革で 好色本類の出版が禁止されてから 春画は地下出版として制作販売されて発展する

携帯に便利な小さいサイズの「豆判」春画も 文政期から作られるようになったそうだ

肉筆 版画 豆判など 100点以上が展示されている

春画は 日本の長い歴史の中に 人々の中に息づいてきたようだ

1

私は 21歳の頃

歌舞伎俳優の故・五代目澤村鐡之助さん(坂東佳秀を名乗っていた頃)から

豆判春画を たくさん見せていただいた事がある アクロバティックでデフォルメされた男女の交合図は

当時 グロテスクで どこかコミカルさも感じていた

 

今回の展示に 錦絵の鈴木春信の春画もあった 鈴木春信独特のラインとタッチは柔らかい

春信の春画を見ながら 町田佳声作曲の新邦楽「春信幻想曲」を口ずさんでいた

春信幻想曲は 春信の錦絵「笠森おせん」がテーマで 幻想的な舞踊にも振りつけられている 

Photo
グッズ売り場も大混雑 ポストカードやトランクス ベッドカバーや座布団などを求めて レジは長い列

私は 手ぬぐいと 今回の春画展全出品作品が網羅されている「春画展図録」を買い求めた

この春画展図録は保存ものですね

2015年12月11日 (金)

想い出の風景

Photo

栃木会館の屋上に駆け上がって四方を眺めた 見慣れた風景だが 改めて記憶にとどめておきたかった

冠雪の男体山が見える ・・・・

Photo_2

栃木放送は 1963年4月1日開局以来 栃木会館に本社スタジオを設置し 放送してきたが

老朽化の為 栃木会館が解体されることになった 

栃木放送は とちぎテレビ隣のビルに引っ越すことになった

来年4月から 新しいスタジオで放送業務を開始する予定だ

私は1973年入社だから 約43年も栃木会館に通ったことになる 

昭和の香りがするレトロな栃木会館との別れは 私の嘱託契約満了とも重なり 複雑な寂しさを感じる

形あるものは やがて消滅するのが 世の常だと解っていても この寂しさは何なのか ・・・・    

Photo_3

県庁が見える ・・・・ 八幡山公園の宇都宮タワーが見える ・・・・

Photo_4

栃木県総合文化センターの向こうに 東武ホテルと東武百貨店が見える ・・・・

Photo_7

二荒山神社の杜と 上野百貨店跡に建設された高層マンションも見える ・・・・

X

みんな みんな 想い出の風景だ ありがとう! 栃木会館!!

2015年12月10日 (木)

結城紬の若旦那ッホイッホイ!

Photo_2
本場結城紬を着て放送した 小山市から借りたものだ 

羽織はグレーがかった紫かなぁ 着物は紫とグレーとブルーなどの縞 帯は紺地にグレーのウロコ

「手つむぎ糸」 「絣くくり」 「地機織り」 本場結城紬の重要な三つの工程から生まれる伝統品だ 

Photo_3

今日も自分で着付けた でも ・・・・

身幅が広いので 右前見頃を身体の左に巻き付けるようにして 左前見頃を合わせているのでいるので

襟元が自然のラインにならなかった ・・・・

丈も長いので おはしょり処理をして帯を締めたので 腹部が不自然だぁ ・・・・ まぁいいかぁ!

いつか 自分の身体に合った結城紬を 買うぞ!!

Photo_4
栃木県本場結城紬織物協同組合の石川好太郎理事長は 十字絣の高級な結城紬だ

12日(土)13日(日) 小山評定館で 本場結城紬作品展が開催される

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »