« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月29日 (木)

乙姫さまぁ・・・・

Photo

恒例のハロウィン・コスプレ放送! 我々スタッフも お客様もコスプレでした

Photo_2
本田恭子さんはバットマン

Photo_3

JR小山駅西口のバーROCKSの柴田さんはスーパーマン 小山市のオーダー保険の鈴木さんは近藤局長

Photo_4

道の駅思川・総括の田村さんは スーパーマリオ

Photo_5

コスプレのお客様が次から次へとやってきます・・・・ ひときわ目立つお二人は・・・・

Photo

羽衣のような?・・・・ 天女のような?・・・・ 隆さまが大好きな龍宮城の乙姫さまだって!! 

金髪乙姫と黒髪乙姫から 「隆さま! 龍宮城へ参りましょう!」 って誘われましたが・・・・

Photo_9
黒い瞳が輝く 天使のような可愛い女の子は お母さんとおばあちゃんと一緒でした

Photo_10

Photo_11
デーモン閣下ですか? 昨夜から 何度もメークの練習をしたそうです

Photo_12

CRTスタッフ 左から 谷中ミキサー 菊地ディレクター 大橋ディレクター

参加してくれたリスナーさん全員の写真撮影ができなくてごめんなさい

2015年10月25日 (日)

十三夜

シャラリラ倶楽部の総会が開かれた 議題は活動報告・会計報告・会計監査・次年の活動計画など

S

総会後の懇親会準備中 ステージ端に ススキや柿・芋などが飾られた そうだ今日は 十三夜だ

1

すぐ寝たがる隆さま!って言われたが 月見飾りが写りやすいように 寝ころんだだけですが・・・・

右手枕 頭は北向き 顔は西向きのポーズ 涅槃仏の図なのであります!

11

福岡県にある南蔵院の釈迦涅槃像は 全長41m 高さ11m 

数年前に訪ねた タイのワット・ポーにある黄金色の涅槃仏は 全長46m 高さ15m

2

瓢箪を持つと おい!酒だ!酒だ! 月見酒じゃ! という素浪人の
図になります・・・・

3

瓢箪は 一本松さん製作の 松竹梅の透かし彫りのランプシェードです いただきました 

さぁ 懇親会の準備が整ったようです お戯れはこれくらいで 乾杯といきましょうか!!

2015年10月21日 (水)

きらめき

A_4

B_4
NHKラジオ第一放送の「きらめき歌謡ライブ」を聴く機会が多い ちょうど夕飯の準備をしている時間だ

生バンド演奏で生放送 ラジオなのに出演者は衣装替えをするという贅沢な番組だ

栃木放送「未奈と勇二の元気もりもり歌謡曲」の野村未奈さんは 先々週出演した

今夜は 森勇二さんが出演するというので ボリュームをあげて待っていたら 8時半過ぎに出たぁ~!

森さん 初の全国ネットに出演!

(画像はNHKオンライン番組表より)

2015年10月20日 (火)

いちごとバラ

T

加藤登紀子さんと ケーナ奏者Renさんが 「いちごの唄」を制作した

足利市のRenさんが いちご農家をモデルに書き上げた楽曲に 加藤登紀子さんが歌詞をつけて歌う

♪~ いちごの唄は ♪~ 愛のうた ♪~

J_3R_6
「いちごの唄」のカップリング曲は「百万本のバラ」 真っ赤ないちごと 真っ赤なバラのCDだ

2015年10月18日 (日)

愛の誓い

B

知人の御子息の結婚式に出席した 

屈託のない少年のような笑顔の新郎と 気高い美貌の新婦だった 心から御多幸を祈った

 

老舗の和洋菓子店の三代目の新郎は フランス菓子の第一人者に学び 更にフランス・パリで修行し

フランス菓子に特化した店をオープンして6年になる 顧客も定着し 妻も娶り 順風満帆である

 

披露宴の司会も務めた 

年のせいか 涙もろくなったようで 懸命な若者の門出のシーンに ウルウルしてしまった

2015年10月16日 (金)

父の作品@文化祭

H

父親 93歳 

16日~18日まで開催された 町の文化祭美術展に 色鉛筆画を 4点出品した

至極ご満悦のようであった

2015年10月15日 (木)

ファーストラーニング小山

A

「ファーストラーニング小山」のディレクター・佐藤弘明さんと 米国人講師・ブライアンさんが出演した

プリスクール・こども英会話 「ファーストラーニング小山」は 9月16日に開設されたばかりで 

佐藤さんとブライアンさんは 幼児教育への情熱を熱く語った

C_3

B_5
最近 母国語以外に もう1ヵ国の言語が話せるといいなぁと つくづく思う

幼児じゃないけど 老人だけど 今から英会話を本格的に習おうかなぁと思うが 遅いか! ・・・・

2015年10月 9日 (金)

八代亜紀ファン歴40年

1_2
足利市の藤管工(株)社長・藤生道夫さんは 八代亜紀さんのファンになって約40年になる

現在 八代亜紀後援会・北関東(栃木・茨城・群馬・新潟)支部長を務めている

2

【藤生さんの話】

30代で起業した当時 仕事の悩みや つまづきなどで 迷うことばかりだった

そんな時 街に流れる八代亜紀さんの歌声に惹かれ 荒む心が落ち着いた

桐生市文化会館のコンサートで 八代さんの追っかけになる決定的な瞬間があった

前から数列目中央の座席で見る 八代さんの視線は 私だけに向けられている・・・・

次々と唄う八代さんの熱唱は 私だけに歌ってくれている・・・・

他人は「錯覚」だというが それはそれでいい 八代さんの歌声は私の生きる支えになっている ・・・・

7

八代亜紀さんが電話で出演してくれたが 藤生さんは 急に無口になって 少年のような表情に変わった

4

藤生さんの車のナンバーは 8463 語呂合わせで ヤ・シ・ロ・サン・だ

放送が終えて 藤生さんが 私にポツリと言った 「人は みんな 支えたり 支え合ったりですよ」

5_2
藤生さんの友人が 特設スタジオの客席で 応援していた・・・・

2015年10月 2日 (金)

鈴木道夫 藍染展

K

昨夜 「鈴木道夫 藍染展」の案内状をいただいた 

えっ! 鈴木さんは 誕生日にいただいた藍染シャツの作家さんだ

えっ! 会場の「ぎゃらりぃ 萌」は 家の近くだ!

えっ! 今日が最終日だ! 

鈴木さんに逢えるかもしれないと期待してでかけた 

A

会場の「ぎゃらりぃ 萌」は 

築400年以上の土間のある古民家を改良したもので 長屋門をくぐって屋敷に入る

時空の変遷が去来する ひんやりとした独特の空間に 藍染が ごく自然に溶けこんでいた

シャツや帽子など 多くの作品が展示されていた ショールなどの小物類は男性でも使えそうだ  

J

「ぎゃらりぃ 萌」のオーナーから 

「阿久津さん 鈴木さんの作品・藍染シャツを 着てくればよかったのに」と言われた

そうすればよかった ・・・・

 

※ 鈴木道夫さんの藍染工房は 埼玉県羽生市にある

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »