« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月29日 (水)

あっちっち!大鍋まつり

Oo

O 

下野の国から元気を!! 第5回大鍋まつり 3月2日(日) 宇都宮市ろまんちっく村で開催

今回初登場の 隆さま缶バッチなどが出てくる ガチャガチャが あるそうだ!!

もちろん鍋がメインだけれど 私は ガチャガチャで 隆さま缶バッジを集めちゃおうっと!!

2014年1月27日 (月)

表紙 恥ずかし

H_2        

また表紙に登場してしまった もう何があっても動じない私だが 恥さらしをしているようで怖い・・・・

 

この表紙を見て「昭和枯れすすき」の世界をイメージしてしまった 「貧しさに負けた いいえ世間に負けた」

小さいテーブルを囲んで こんなに少量の鍋料理を 慎ましく 3人で分け合って食べるのでしょうか?(笑)

3月2日に開催される 「大鍋まつり」!!で 腹いっぱい 食べることにしよう!!(笑)

 

I

2014年1月25日 (土)

蕪木和夫さんを偲ぶ

Y_2

 

P 

 宇都宮市石井町の餃子・お食事・うまさけの店 「いつも」 

 作家・蕪木和夫さんの一周忌にあたり 蕪木和夫を語る会が開かれた

 蕪木さんは 漫画の原作をはじめ 多くの著書がある

 シャラリラ歌謡曲にも シャラリラ歌謡考察の出稿をしていただいた

 会場には 蕪木さんの写真や似顔絵の前に著書の一部が飾られた

  

Y_1_5

Z_2

「いつも」のマスターが持っているのが 「梶原一騎・評伝」 私が持っているのが 「江川卓・物語」

 

献杯に用意された酒は 蕪木一生(和夫)・原作 立花誠太郎・画 「のんべい情話 酔いどれ人生」の

第2話に登場する 東京都東村山市の酒 「金婚」だった 

 

蕪木さんの著書  「ハーフウェイでふりむいて」の あの世噺~前書きに代えて~に こんな文章があった

    (抜粋) 

   人が世に生きるということは ありとあらゆる煩わしさの中に身を置くことだと思う

   所詮 この世は仮住まい 

   「あの世」という 永住の地に発たねばならないものなら 夢を抱いて行きたいではないか

   我が旅立ちの日は 初秋がいい

   そして 私が 「あの世」とやらへ旅立った後に 

   ひぐらし蝉が カナ・カナ・カナと 実に哀調を帯びた蝉しぐれを聴かせてくれたら最高だ・・・・

 

しかし 蕪木さんは 去年1月5日の冬に 60歳で 「あの世」へ行ってしまった   合掌

2014年1月24日 (金)

手綱を握るのは自分

2_2 1_2

 

四季の花さんから 今年2枚目の絵手紙が届いた 四季の花さんは 午年生まれらしい・・・・

「不自由を嘆くより 今 できることに感謝です」 という文章を読んで 身が引き締まった!

生きていく中で 思うように運ばぬ不満を 私を取り巻く環境に要因があると思いがちだったが

自分をコントロールするのは自分自身に他ならないのだ 情け無くも 今更ながら 人生勉強をしている

2014年1月14日 (火)

満員御礼

Photo_2

久々の旅の会 今回は 東京日帰りバスツアー

募集定員に達し 満員御礼です

旅の会で 国内外 多くの旅をしたが 日帰りは初めてだ

コンセプトは おとなの遠足かなぁ・・・・などと思っている

 

添乗は慣れているが いつも想定外の出来事に一喜一憂

今回も ワクワクドキドキの旅になりそうだが

参加者の皆さんと 楽しい時間を共有できるのが楽しみだ

 

2014年1月12日 (日)

新年会3

シャラリラ倶楽部の新年会が 宇都宮市の「餃子の龍門」で開催された

1

餃子の龍門は 歌手・森勇二さんの店だ 店に到着すると 森さんが出迎えてくれた

2

シャラリラ倶楽部会員の皆さんは コスプレで参加する これが 新年会ならぬ「珍年会」の所以だ

エスカレート・コスプリストを スナップすると・・・・ 

P_2P_1

マイケル バカ殿 ピエロ 女将 悪女 あまちゃんもいる!! まだまだ・・・・

R_1

R_2
卒業式の女学生 お金で男を操る悪女ふたり など・・・・ 皆さん役者です なりきって演じていた

Z

S
太っ腹のタヌキ・トリオ なんで浴衣なの? いい大人が 家庭じゃできない大騒ぎを展開した

これでいいのだ 世の憂さを忘れて過ごす時間は ストレス解消! アンチエイジェングにつながる

新年会ならぬ珍年会! さぁ 今年も素晴らしい一年になること 間違いなしだ!!

2014年1月10日 (金)

A_2 

  四季の花さんから 年始のご挨拶をいただいた

  夢 ゆめ Dream ・・・・

 

  若い頃 仕事につまづいて 悩んでいた時に

  あるリスナーさんから 享受していただいた言葉

  「夢をありがとう」で 立ち直ったことがある

  夢を持ち 夢を追いかけ 夢を共有する・・・・

  これも パーソナリティーの ひとつの世界ではないか

 

  そう決意して もう何年も経過するが

  はたして 実行できているのだろうか・・・・

  儚い夢に終始していないだろうか・・・・

  夢物語になってしまっていないだろうか・・・・

 

  新年を迎え 現役リミットの時間が 迫ってきた今

  現実と夢のはざまの迷いが 切迫してきた・・・・

2014年1月 5日 (日)

新年会2

2

1  

 

 気の合う仲間達との新年会に参加した

 鬼怒川温泉パークホテルズに 一泊二日

 

 暦の並びの影響なのか 4日も5日も

 ホテルは 家族連れなどの お客様で賑わっていた

 

 我がグループは 家族など忘れてしまって?

 飲めや 歌えの 大騒ぎ!!

 

 ホテル玄関脇の 七福神にあやかれますように・・・・

2014年1月 2日 (木)

新年会

S

1月2日恒例の 我が家の新年会 まだまだ集まります・・・・ 賑やかなことは いいことです!!

客人が 一人帰り 二人帰りして 静寂な夜に戻ってしまうのが怖い またいつもの ひとり晩餐会になる

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »