« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月31日 (火)

年越し蕎麦

O

大晦日の特別番組放送中 第一スタジオで 中村紘子アナと小暮智アナは 年越し蕎麦つくり

旨い蕎麦が出来る訳がない(笑) 私は 麺棒を振り回して 殺陣の稽古で 二人を冷やかしてやった

2013年12月29日 (日)

師走の空に風花の舞う

S  

「四季の花」さんから 絵手紙が届いた 運命的な出会いから七年とは・・・・

 

「私 隆さまの声で 目を覚ましたのよ・・・・ 遠くから 隆さまの声が聴こえて来たのよ・・・・」

 

手術後 意識が戻らない状態が続いた日 

周囲の方が シャラリラ歌謡曲を放送中のラジオをつけた所 意識が戻ったそうです

その後 健康を回復し 隆さまパーティーに 参加してくれたことがある

 

絵手紙には 万年青(おもと)が描かれている 私が万年青年でいられるようにとの 祈りだそうです

ありがたいことです・・・・

2013年12月28日 (土)

遊食響宴 彩

透明の自動ドアが開いて一歩足を進めたら・・・・ えっ! ここはどこ? 異次元の世界に突入か!?

時空を超えた異空間に舞い込んでしまった錯覚に陥ってしまったが・・・・ 実に心地よい雰囲気だ 

B

宇都宮市雀宮 旧国道4号線沿い 雀宮交番の近くの 焼き肉店「遊食響宴 彩(さい)」の店内だ

「おひとりさまですか?」 「はい!」 ひとりには慣れていても やはり 一人焼き肉は寂しいが

私だけの異空間が確立され 食事が終えても 席を離れがたく 煙草を吸って 暫し時間を費やした

A

リスナーの「スズメのサイ」さんが統括責任者を務めている キムチをサービスしていただいちゃった

月曜が定休日で 火曜日から金曜日は午後5時からだが 土日祝日は午前11時半からでランチもある

2013年12月24日 (火)

コスプレ放送

4_3  

  今日はクリスマスイヴ

  道の駅・思川からの放送は 恒例 コスプレ放送だった

  我々スタッフも お客様も みーんな へんしーん!!

  一人では できないコスプレも みんなでやれば 恐くない!!

  着ぐるみ ドレス姿 トナカイ サンタクロースなど 

  クリスマスコスプレのお客様で ごった返した 

  放送席周辺は 異様な雰囲気に包まれたが これまた快感!?

 

1

             本田恭子さんは ホワイトサンタ  私は バニーちゃんサンタ?

   ハロウィン仮装で ちびまるこちゃん親子だった二人は 不二家のペコちゃんポコちゃんでした (笑) 

2   

3   

今日のスタッフ 大橋ディレクター 谷中ミキサー 阿久津隆一 本田恭子さん 直江ディレクター

2013年12月15日 (日)

秋吉恵美コンサート

M_2

 

師走のイベント 秋吉恵美さんのコンサートに行った

今年で23回目だが 私は皆勤賞に近いかも・・・・

 

第1部は 今年亡くなった石坂まさおさんと創り上げた

これまでになかった歌の世界 「心歌」で 追悼した

五つ紋で歌った

第2部は 端唄・俗曲など三味線の弾き語りと舞踊

第3部は 「人妻椿」や「女の酒」などのヒットパレード 

 

媚を売ることなく 自然体で展開するステージだった

もっとスターぶってもいいのに・・・・

それが 秋吉恵美さんの人間性なのかもしれない

 

終演後 後片付け途中のロビーで 記念写真を撮った

 

E_2

 

昭和61年だったと想うが 私は 左膝にできた軟骨を除去する手術で 入院したことがある

手術自体は簡単なものだったが 麻酔の後遺症で悩まされ 身動きがとれない毎日だった

 

そんな時 突然 秋吉恵美さんが 仕事帰りの夜遅く 病院に見舞いに来てくれた!!

夜遅く 入口が締まっていたので 病院の裏口から入ってきてくれた秋吉さんは

履いていたハイヒールを両手に持って 息せき切って病室のドアを開けた その姿が今も蘇る

 

見舞いの品に持ってきてくれたのが 「女の酒」の デモテープだった

「いい曲ができたのよ 絶対ヒットするわよ 私 頑張るから 阿久津さんも頑張ってね・・・・」

嬉しかった!

その時 私は決意した 秋吉さんのコンサートには 必ず出かけて 座席を埋めようと・・・・ 

 

諸事情で競作となったが 秋吉恵美さんの「女の酒」は 日本有線大賞の新人賞に輝いた!!

2013年12月 7日 (土)

母の手

F_3  

 

    「四季の花」さんから 絵手紙が届いた

 

  私の母が他界して まもなく三カ月になる

     働きづくめだった母の手は

  夏は 日に焼け 冬は あかぎれがあった

  もしも 我が家に嫁がなければ

  母は 小奇麗な姿で 暮らせたものを

  これも 運命だったのかもしれない

  しかし

     長い闘病生活で 白い柔らかな手に戻った

  顔も キメの細かい 白い肌に戻った

  擦っても擦ってもどんどん冷たくなっていく足も

  透き通るような白さだった 

  最期に握り合った手は 柔らかだったが

  強い力で 握り返してきた・・・・

 

  そして・・・・ 息をひきとった・・・・

2013年12月 6日 (金)

力鶴

C

B  

 

  鹿沼市楡木町の「力鶴」で 昼ご飯を食べた

  ビックリです! 

  美味しくてボリュームがたっぷり!

 

  「力鶴」のマスターとママは シャラリラ歌謡曲から

  ずーっと 私が担当する番組を聴いてくださっている

  ママと一緒に 記念写真を撮った

 

A_3    

毎日 台所で悪戦苦闘している私は 放送のフリートークの中で

今一番欲しいものは 切れ味のいい包丁だと言った・・・・

それを聴いていた 「力鶴」のマスターとママが 私に庖丁をくださった

阿久津隆一の名前が彫ってある 隆さまマイ庖丁だ!!

 

早速 この庖丁を使って ひとり晩餐会の準備をしようとしたが・・・・

もったいなくて使えない!! 手にして眺めているだけ・・・・

 

「力鶴」は 鹿沼市楡木町167-1 国道293号沿い 

電話 0289-75-4769 水曜が定休日

2013年12月 1日 (日)

きものショーMC

A

K

A_3  

 

  ハクビ京都きもの学院栃木師範会40周年チャリティーきものショーが

  宇都宮市文化会館で開催された

  私は 羽織袴の衣装で 進行役を担当した

  終演後 ステージで 出演者と記念撮影をした

 

  ショーは 大振り袖や中振り袖 留袖や訪問着

  婚礼衣装や子どものきもの 更に 十二単や直衣など

  日本の伝統衣装の 雅で華麗なる世界が展開された

B

C_2

RP_3

Q_5 

午前10時に着付けて 午後1時の開演を待つ まだ寝起き顔です ホール入口でウロウロ・・・・

J

Photo  

終演は夕方 会館ロビーには西日が射していた 羽織袴を脱がなきゃならない!! 脱ぎたくない・・・・

E_3

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »