2017年4月29日 (土)

思川特番

1
「道の駅思川」オープン11周年感謝フェア初日 特別番組を放送 

ゆるキャラの「開運★おやまくま」が可愛い・・・・

2

大久保寿夫・小山市長は おやまブランドの本場結城紬の羽織袴で登場した

上等の本場結城紬であることは 一目でわかる 欲しいなぁ・・・・

番組のMCは レギュラー番組と同じく 私と本田恭子さんが担当した 

3

「おやまブランドまつり」も開催され 多くのお客様においでいただいた 

お笑いコンビ「シモツケ」の二人が おやまブランドまつり会場からレポートした

4

「小山評定」も 小山市の歴史ブランドで 武将の甲冑体験も行われていた 

5

ステージイベントの開幕は「OG SOUNDS」の演奏 

オジサン・サウンドだそうで 高齢者と言っていたが 私より年下の方ばかりだった

6
歌のゲストは 真岡市出身の「北川かつみ」さん

7

サービス精神全開で 汗びっしょりの熱唱だった

8
歌のゲスト 足利市出身の「岩川智也」さん

9

5か月で33kgの減量に成功したそうで 以前の岩川さんとは別人に変身しているのに驚いた

10

私は イベントの時には 挨拶をしながら楽屋を訪ねるのが常だ 

のぞき趣味だね・・・・

2017年4月18日 (火)

誕生日

H

2017年4月17日 (月)

足利のお客様

1

新入社員ですか? 着物姿のディレクターも いいかもね!

2

足利の「サロン有賀ゆか」のママと 足利の皆様が 栃木放送を訪ねてくれた

私の誕生日の祝いに 来てくださったのだ 突然の来訪に 嬉しいやら 驚くやら 動転してしまった!

足利の皆さん ありがとう! 

34
第一スタジオ調整室で記念の写真 

仕事中で時間が取れず 追い返すように お帰りいただいたのが 心苦しかった 

5

ママは調整卓が気に入ったようで すっかりディレクター気取り?

いやいや ママは 客人を持て成す 大プロデューサーです

2017年4月16日 (日)

隆さま誕生会

1 
シャラリラ倶楽部で 隆さま誕生会を 開いてくれた ありがたいことで 感謝に堪えない

2

会場は 歌手の森勇二さんの店「餃子の龍門」

 
3
4月18日が誕生日だが 直近の日曜日ということで 2日早い誕生会

4

写真入りのケーキに感激!

5

「餃子の龍門」の社長で 歌手の森勇二さんもケーキを 用意してくれた

6

参加者の皆さんの ハッピーバースデイの合唱で フーッとロウソクの火を消した

A

どこかで見かけた 「伊豆の踊子」の二人も 来てくれた

B
ピコ太郎?も登場し ペンパイナッポーアッポーペンを披露してくれた

DE

F

芸達者なピコ太郎?さんのステージは 報復絶倒だった

C

前会長のダモーレさんも ダジャレショーを披露してくれた

G

一本松さんのクイズショーも 独特の雰囲気で 会場が笑いの渦に包まれた 

7

会長のオリーブさんから 目録をいただいた

8

全身マッサージ券 庭の草取り手伝い券 父親の介護補助券などなど 

9

「歌声喫茶」で歌って賑やかになった後 シャラリラ倶楽部から でっかいプレゼント!

10

大きなカエルの ダストボックスなのだが・・・・

「隆さまヨミガエル」 だそうで 往年の「隆さま」に 甦って欲しいということだ

111213

 

賑やかに祝っていただいた誕生会が終え ポツンとひとり 部屋に戻り 

読み終えて ほっぽってあった本を 再び手にした

定年後の主人公を描いた 内館牧子さんの小説「終わった人」だ

あとがきに こう書いてある

 

・・・・ 六十代というのは 男女ともに まだ生々しい年代である 

いまだ「心技体」とも 枯れておらず 自信も自負もある

なのに 社会に「お引き取りください」と言われるのだ 

本書の主人公は 何とか再び第一戦で働きたいという本音を隠さない

重要なのは 品格のある衰退だ

アンチエイジェング至上の現代日本において 

また 若い者には負けないとする「終わった人」において 大きな示唆である ・・・・

 

お祝いにいただいた大きなカエルを 「ヨミガエル」に あやかりたいと 私の部屋の住人にした

2017年4月13日 (木)

満月と桜

B

放送で 満月(11日)を背景に 夜桜を愛でることを 度々推奨していたら

埼玉県のリスナーさんから 押花作品「満月と桜」を いただいた

押花だから もちろん本物の桜(ソメイヨシノ)と 満月はパンジーで 表現している

 

今宵の「ひとり晩さん会」は 作品を肴に ほろ酔い気分 ・・・・

人生は 「月に叢雲 華に風」だなぁ・・・・なんて 悟ったような想いが廻る ・・・・

2017年4月 9日 (日)

いい男通りの桜

Y

宇都宮地方気象台は サクラ(ソメイヨシノ)が 満開になったと発表した 

午後からの勤務で 小雨の中を いつもの「いい男通り」を 徐行運転で通過した

X_2

「満開」とは 8割以上のつぼみが開いた状態だから 当分 「いい男通り」は 桜の花に包まれる

桜吹雪の中を走るのも 花筵になった道路上を走るのもいい

 

桜は 散っても また来る春に咲きそろうが 人が青春を謳歌する時期は短く たびたび訪れるものではない

私の青春はどこへ往った? 私の青春を返してくれぇ!!

2017年4月 4日 (火)

そうだ!筑波山へ行こう

7

今日は仕事がない 気温も上がって天気も良いので そうだ!筑波山へ行ってみよう!

父親の介護をほっぽって 車を走らせた 筑波山中腹の桜が咲き始めていた

8

筑波山神社の境内に登り 諸々のことを祈願した

頂上まで登ろうと思ったが 時間がないので 中腹から戻ることにした

9

途中 茨城県筑西市のプール施設で泳いで 真岡市の「道の駅にのみや」に立ち寄ると

道路沿いの桜が 咲き始めていた とんぼ返りの花見であった

C

2017年4月 3日 (月)

桜開花と春雷の夕暮れ

Y

午前中 宇都宮地方のサクラ(ソメイヨシノ)の開花宣言が出た

午後になって 雷が鳴り 激しい雨が降った

夕方 帰宅途中に雨があがり 妙な夕焼け空になった 車を止めて 西の空を眺めた

南東の空には まだ稲妻が走っていた

今日から新年度のスタートだ 「花も嵐も踏み越えて行くが男の生きる道・・・・」の予言か?

良き一年になってほしいものだ

2017年3月30日 (木)

往く人来る人

1

道の駅思川サテライトスタジオの 制作ディレクターが代わる 放送前に 歓送ランチ会を開いた

往く人は 直江君 退社して新たな道を歩む

来る人は 武蔵さん 転職で入社した

二人とも20代 力を発揮してほしいものだ 

3
往く人 来る人 業務の引継ぎをしながら準備をしている

 

この3月に 若い社員が大量に辞めた さみしいことである・・・・ 

みんな しっかりやれよ! たまには便りをくれよ!・・・・

2017年3月11日 (土)

飛行船復興支援project特別便①

リサイクルショップ飛行船は 東日本大震災直後 復興支援プロジェクトを立ち上げて 

被災された岩手県釜石市や大槌町へ 支援物資の搬送を開始し 今月で120便を迎える

今回は 震災から6年にあたり 支援物資と共に 

ボランティア代表や支援者代表 栃木放送など11名が同行して

飛行船復興支援プロジェクト特別便(119便)を運行した 

二日間にわたり 飛行船プロジェクトに協力していただいている 現地の皆様を訪ねる日程だ

私も同行し 今日(10日)は取材 明日(11日)は各地から生放送でレポートする

B

10日午前7時 飛行船本社前を 
飛行船の桶田正信社長 桶田博信専務ら11名が出発

A


東北自動車道を 一路北へ・・・・ 花巻近辺で雪! 

C

 
10日午後1時 岩手県釜石市に到着

D

 
道の駅「釜石仙人峠」に立ち寄り 釜石振興開発(株)部長で道の駅駅長の 菊池利教さんに逢う

私が菊池さんに逢うのは 今日で4回目 お久し振りで~す!

E

菊地駅長は 飛行船特別便同行者に ラーメンをご馳走してくれた 

冷たい風に震えていたが あったかいラーメンが身体の芯まで温めてくれた 

私は 2杯 食べた!!

F

 
最初に訪問したのは岩手県大槌町の城山公園 大槌湾を望む高台で 震災時は避難所だった

私は 震災後6か月と今日の 2度目の訪問だ 

荒廃した瓦礫の地が整地され電柱が立った 幾何学的な風景だ 

G

ふるさと復興に活動する「おらが大槌夢広場」代表理事の臼沢和行さんと逢う

私は 臼沢さんに逢うのは3回目 ふるさと再生への情熱が熱弁になる

臼沢さんとの対談を 明日の放送用に録音した

H

 
釜石市片岸町室浜地区の復興公営住宅を訪問 支援物資を下ろした

仮設住宅から引っ越した一人住まいのお母さんの話

「父ちゃんが 早く逃げろっていうから 波に追われるように 必死で高台に逃げたのよ 

父ちゃんは 船を見てるって 浜に残って 波にさらわれた・・・・

父ちゃんは まぁ~だ 帰ってこないのよ 帰ってこなくても 七回忌やんなきゃね・・・・」

I

 
岩手県大槌町吉里吉里の浪板海岸

寄せる波だけで返す波がない「片寄せ波」の海水浴場だった砂浜が 地盤沈下で消えた

J

浪板海岸沿いの佐藤さん宅を訪問 支援物資を下ろした

民宿を経営しているが観光客は無いそうだ 現在は 復興工事現場で働く人が宿泊しているようだ 

L

 
10日午後5時 釜石市役所を訪問

M

市長室で 野田武則・釜石市長と 桶田正信・飛行船社長 桶田博信・専務ら 特別便同行者が対談

P

私もカメラの前で 市長とポーズをとらせていただいた

Q

 

10日午後7時 ホテルサンルート釜石で 飛行船主催の懇親会

R

懇親会は釜石市長をはじめ社会福祉協議会など行政関係者や各地の自治会長や地元企業などが出席した

S

明日は生放送レポートが5回ある 

今日取材したことを整理して 明日のレポートの中に活かさなければならない

飛行船復興支援project特別便②

今日は東日本大震災が発生した日だ もう6年になる・・・・

飛行船復興支援プロジェクト特別便 2日目は 

岩手県釜石市や大槌町の各地を訪問し「東日本大震災津波 岩手県・釜石市合同追悼式典」に臨む日程

11日午前8時 ホテルを出発

 

まず釜石市箱崎町桑ノ浜の高台にある 萬さん宅を訪問 震災時は避難所だった

桑ノ浜漁港を望むと かさ上げ工事が済み住宅地造成地が見えるが

この地区に住んでいた47世帯のうち 20世帯は帰ってこないそうだ

漁業者も 三分の一に減ったそうだ

1_2

 
釜石市箱崎町仮宿の高台にある 佐々木さん宅を訪問 

仮宿漁港を望める佐々木さん宅は 自主防災の拠点となっている

2

 

釜石市箱崎町白浜漁港に移動した 

カモメが飛び交い 冷たい風が小さい波を運んでいた 防潮堤が設置されて対岸が見えなくなっている

港では まだ工事用重機が音を立てて復旧作業をしていた

 

ここから生放送を2回 

11日午前10時 生放送レポート① 飛行船特別便の概要と昨日の録音取材をレポート

 

11日午前10時30分 生放送レポート② 釜石市箱崎町白浜の自治会長 佐々木孝郎さんが出演

佐々木さんの話 

「人が少なくなっちまたよ! 住んでるのは老人だけ 訪ねる人もない・・・・

人を集める方策を考えなきゃねぇ・・・・ 

祭りがいいかな 神輿があるから! 虎舞を舞うやつもいるから・・・・

そろそろ わかめ採りの仕事に とりかかるよ ・・・・」と 目を細くして海を眺めた

箱崎白浜には 震災直後 支援物資が届かなかったそうだ 

飛行船プロジェクトは 釜石市の要請で 箱崎白浜にも支援物資を運ぶようになったそうだ

3

「佐々木さ~ん! 白浜祭をやろう~よ!」と手を振って別れ

また山道を上り下りして 鵜住居町の根浜海岸にある「宝来館」の前を通り

2019ラグビーワールドカップ開催のスタジアム建設地を過ぎ 釜石市中心部に戻った

 

11日午前11時45分 生放送レポート③ 釜石市千鳥町の菊池道子さん宅を訪問

菊池さんは ボランティア拠点リーダーで 

飛行船プロジェクトが搬送する支援物資を 近隣の方々に区分けしている

4

菊池さんの話

「おかげさまで もう すっかり 栃木の野菜の味に慣れちゃいましたわ・・・・

いただいた支援物資を それぞれの家族の状況にあわせて区分けしてるのよ

そうそう 息子が結婚することになったのよ・・・・」

菊池さんは おにぎりを作って用意してくれていた 移動中の車内でいただいた

 

11日午後12時40分 生放送レポート④ 釜石市桜木町の仮設団地を訪ねた

まず支援物資をリレーで運びおろしてから 放送の準備だ 

5

桜木町仮設団地自治会 副会長の菊池政廣さんと萬由美子さんに 集会室でインタビュー

仮設住宅に住む人たちのコミュニティー作りには 困難を極めているそうだ

46棟の仮設住宅のうち 現在は10棟が空き家 仮設を離れて新しい生活に入る人が多くなったそうだ

菊池さんは 家を建設する計画があり 仮設住宅を出る予定だが

予定地は かさあげ工事が終わったばかりなのだそうだ 早く仮設から抜け出したいと話していた 

6

菊池さんに 釜石小唄を教えていただいた

「ここは釜石 宝の港 黄金白銀さらさらと さってもホントに良い所 

ぜひとも一度は おいでんせ は~おいでんせ」 

 

釜石市桜木町から 釜石市甲子町の甲子川沿いにある 岩手県立釜石高等学校 第一体育館へ向かった

あれから6年・・・・ 東日本大震災津波 岩手県・釜石市合同追悼式の会場だ

7
11日午後2時 生放送レポート⑤ 飛行船の桶田博信専務と追悼式会場前から放送

8

飛行船プロジェクト特別便(119便)同行者全員が追悼式に参列した

9
追悼式会場となった 体育館の時計が 2時46分を指した 黙とう・・・・

10

釜石市では死者行方不明者あわせて1040人が犠牲になった 関連死を含めると1063人にのぼる(2017.1.1現在)

11

鎮魂への想いが 新たな街づくりの起点となるよう祈り 早期の復興を期待して 帰路についた

ハードなスケジュールだったが 何故か心が晴れ晴れとする充実した仕事だった

東北自動車道を 一路 南進した

車中で岩手放送のニュースを見ていたら 偶然にも 飛行船プロジェクト特別便同行者の姿が映っていた

2017年3月 5日 (日)

第8回大鍋まつり

1
第8回大鍋まつりが開催された

A_2

B
今年の入場者数は およそ1万8000人 県内外から 多くの皆様においでいただいた

 

2

生放送クルーの 小暮智AN 本田恭子さん 大塚ひとみAN 嶋均三さん 

そして・・・・ 200歳トリオだって!!

 

3

200歳トリオとは・・ 阿久津隆一&臼井佳子さん&矢野健一さんの年齢を合わせると ちょうど200歳!!

 

4_2

ステージイベント出演者 お笑いの「北関☆トリオ」が ステージ裏側にいたのでパチリ!

 

5

放送中も 放送終了後も 広い会場を  ウロウロ・・・・

 

6

7
茨城県八千代町の「白菜キムチ鍋」のブースでは 

八千代町出身のお笑いタレント「一番星」が 八千代町をPRしていた

 

8

200歳トリオ&嶋さん 合わせて何歳?

 

9

会場では オリジナルグッズの販売も行われた

 

10

グッズは ノート 付箋 カレンダー

 

11

12
カレンダーの表紙は200歳トリオ 最終来年3月は 200歳トリオの若かりし頃の画像

汚れを知らない姿は 愛おしいなぁ・・・・

 

13

食べたのは 那珂川町の「八溝ししまるごでっちり鍋」と 栃木放送の「ピリッとヘルシーあったか生姜鍋」

大鍋は 戦いの場で食したものだそうだ では! いざ出陣!

2017年2月14日 (火)

バレンタインデーチョコ

多くの皆様から バレンタインデーチョコレートなどを いただいた 感謝!

お酒や衣類や 自分では買えないセクシーな下着!なども いただいた

 

O

満ちゆく光・アルテミス

お月様が大好きいな私に 月の女神・アルテミスというチョコレートを 宅配便で送っていただいた 

新月~三日月~上弦の月~満月~下弦の月と 月の満ち欠けデザインのチョコ

 

Q

長寿チョコ

95歳の父親も 私の知人から チョコをいただいた

父親いわく 「女性から ハートの形をしたチョコレートをもらった! これで百歳まで生きられる」 だって!! 

クワバラ・・・・ くわばら・・・・ (笑)

 

P

惠ちゃん甘栗

山内惠介さんのファンから チョコレートの代わりにと 惠ちゃん甘栗を 宅配便で送っていただいた

匿名なので送り主がわからない 宅配便の番号で検索したら 遠方から送られたことがわかった

2017年2月 8日 (水)

山内惠介 新歌舞伎座初座長公演

A 

新歌舞伎座 初座長 山内惠介特別公演を 観てきた

 

B

昨夜 大阪に到着し ホテルに宿泊して 今日11時からの昼の部を観た

 

C_2 

巨大な幟旗が 風に揺れていた

 

2

二部構成で 第一部が芝居 演目は山本周五郎の短編小説「泥棒と若殿」

大名家の跡継ぎをめぐり 生きる力も失せた若殿が 

偶然出会った 人の世の荒波に身も心も荒れ果てて罪を犯す泥棒に 魂を再生され

藩主となって 領民の幸せの為に生きようと決意する物語

若殿と泥棒との 情のつながり 出会いと別れに 泣かされてしまった ・・・・

実力派俳優陣に脇を固めてもらい 山内惠介さんが 一層引き立っていた

 

1_2

3_2 

第二部は プラチナの品格 山内惠介オンステージ 四章編成の熱唱だった

(左は プログラム解説書の表紙で 右は 第二部の案内ページ)

来月リリースの新曲 「愛が信じられないなら」も歌った

第二部構成演出の宮下康仁さんは プログラム解説書の中で 「山内惠介の進化がとまらない」と評し

「歌謡界のプリンス山内惠介は どこまで翔んで行くのか 想像を超えて走り抜けて行く」と書いている

 

E

昨日 新大阪行きの新幹線の車窓から 富士山が見えたが 今日は 見えなかった

贅沢な 大阪での二日間だった ・・・・

 

なぜに山内惠介さんを 特別に応援する訳はと言うと お礼の気持ちだ 

私が社員として 最後に企画制作をした「シャラリラ歌謡曲」で 

「満月ライブ」などで協力をしていただいた恩義に 報いたいと思っているのだ

同様に 「渚ようこ」さんにも 番組協力への感謝に堪えなく 応援しているのだ

 

私のこれからの人生は これまでお世話になった方々への お礼参りの旅になりそうだ

どうしたことか 急に 仏心になっちまったようだ (笑)

たぶん 山内惠介さんの芝居「泥棒と若殿」に 影響を受けてしまったらしい (笑)

2017年2月 4日 (土)

北山修 白鷗大学副学長退職講座

P_2Q

精神科医で あの ザ・フォーク・クルセダーズの 北山修さんが 

白鷗大学 副学長 退職記念 特別公開講座を開催した 

常々 北山さんの活動に興味を持っていたので 一般参加申込をし 当選したので出席した

「名前のないアート」についてと題した アウトサイダー・アート(生の芸術)をテーマに基調講演を行い

対談のあと 作詞家 きたやまおさむ(北山修)の作品を演奏する ミニコンサートが行われた

「白い色は恋人の色」で始まり 

「戦争を知らない子供たち」を作曲した杉田二郎さんが サプライズ出演をし

「あの素晴しい愛をもう一度」で締めくくった

70歳の北山修さんは 知的で長身で 白髪が魅力的な 品のある紳士になっていた

2017年1月29日 (日)

今年の隆さまキットカット

N

今年も 隆さまキットカットを作った

Q


今日開催された シャラリラ倶楽部新年会に出席した皆様に プレゼントした

2017年1月21日 (土)

渚ようこ 悶絶・歌謡ショー

Y
渚ようこさんの 「新春!悶絶・歌謡ショー ようこ・ズンドコ流れ旅」が 

浅草の「音のヨーロー堂」で開かれた 

1

雷門は 観光客でいっぱいだ レンタル着物で浅草の街を楽しむ方が目立つ 人力車で街を巡る客も多い 

2
音のヨーロー堂入口には 案内板が出ているが 予約で満杯だ 

   謡って流れて 女一匹旅がらす

   明日は何処で歌うのか

   今年も・・・また渡り鳥

   浅草 新春歌い初め

昨年リリースした 歌手生活20周年記念アルバム 「渚ストラット」に収録された曲を中心に歌った

ゲストは シャンソン歌手の「ソワレ」さん 不思議な歌手「フェラガ~モ」さん

司会は 話題の艶歌シャンソニエ家元「ひと:みちゃん」

踊り子は いつもの「デリシャスウィートス」

歌謡レビューショーという感じで 楽しいショーでした これで風邪が良くなるかも・・・・

3

ヨーロー堂のステージを初めて観てショック!を受けたが 見慣れた頃に終演となった

帰り際 物販コーナーにいた渚さんと 握手をしながら 短い会話をして退出した

  阿 「渚さん! 楽しかったです」

  渚 「あ~ら 阿久津さん 来てくれたのね」

  阿 「この間は ありがとうございました」

  渚 「阿久津さんが号泣しちゃったって 聞いたわよ」

  阿 「はい・・・・ またイベントに参加しますからね」

  渚 「新宿ゴールデン街の汀にも 立ち寄ってね」

4

近くの浅草公会堂の 新春浅草歌舞伎も気になった

2017年1月 5日 (木)

道の駅思川サテライト

M

今年は 元日から会社に出勤していたが 道の駅思川では 今日が仕事始め

改装に伴い 狭いスペースに移動した放送席は なんだか侘しくて・・・・ 涙が出て来ちゃいそうだ

環境を改善してもらおうと思うが もはや私の出る幕ではない・・・・

2017年1月 4日 (水)

初詣

R

宇都宮市の平出雷電神社に お詣りに行った 

大勢の参拝客で賑わっているが おっと 今がチャンス!パチリ!

 

平出雷電神社は 私が営業部に所属していた時 参詣CMの新規契約をいただいたクライアントだ

当時の宮司さんは 格式高い資格をお持ちで 幅広い活動をされていて 教誨師も務めていた

いつも 「阿久津さんどうぞ」と言って 社務所に迎え入れてくださり 

奥様も交えて お茶をいただきながら 四方山話をさせていただいた

 

契約をいただき 雷電神社の刷り物写真は私がデザインした CM原稿も私が作った

その刷り物写真やCM原稿は 現在も使用されている

 

「阿久津さんが栃木放送に在籍する限り 毎年 契約しますよ・・・・」と言ってくださったとおり

営業担当が変わっても 今なお 契約をしてくださっている

私も営業部時代以来 今なお 人混みに紛れて こっそりと参詣している

2017年1月 3日 (火)

絵手紙の年賀状

S_2
「四季の花」さんから届いた年賀状 

体調が優れない中 発起して描いてくださったそうだ 健康が第一 最近つくづく感じることだ

2017年1月 2日 (月)

木彫の年賀状

K

木彫師の青木要二さんから 今年も 彫り物の年賀状をいただいた 

梅に鶯ならぬ 梅に鶏  素晴らしい作品だ

2017年1月 1日 (日)

明けましておめでとうございます

H

 

さぁ! 今年も頑張るぞぉ~ っと!

2016年12月29日 (木)

酉年の飾り物

1_2

28日は忙しかった 玄関の正月飾りも済ませた 来年は酉年 鳳凰も 霊鳥だから 

我が家の家宝になっている 栃木市の木彫師・青木要二さんの作品 「桐 鳳凰」を 玄関に移した

 

2_2

雲上に・・・・

 

3_2

鳳凰が二羽 桐の葉と花に戯れる・・・・ 鳳はオスで 凰はメスだという説もあり 仲睦まじい戯れ・・・・

 

4_2

鳳凰は 桐の木にだけ生息するそうだ・・・・

 

6_2
西方町の飯沼銘醸の酒 干支ボトル「酉」と コラボしてみた

 

N

来年も いい年になりそうだ 早く来い来い お正月 ・・・・

2016年12月28日 (水)

正月飾り

1

今日は仕事がないので 正月飾りをしてしまおうと 多忙な一日だった

29日は9(苦)が付く 30日は晦日 31日は大晦日で一日飾りはいけないそうだ

神棚の掃除をして 天照皇大神宮や氏神様などの御神札に 幣束や榊を飾った

お神酒や塩・水などは 元日の朝に用意する事にした 太いしめ縄は 今年は略した

 

2

玄関に締め飾りを付けてから 家の東と西にある お稲荷様には 細いしめ縄を張った 

 

3

家の東側に 樹齢およそ300年という 楠の木が聳えている 

この大木は 我が家の守り神だと判断して 神格化することにした 

両手でも回しきれない太い幹に 幣束をつけたしめ縄を飾った これからも 我が家を見守ってください

 

4
先日 業者が訪ねてきて 「邪魔でしょうから切りますよ」と 伐採を勧められた

「冗談じゃない! この楠の木は 我が家の守り神ですよ!」と 権幕で追い返した事があった

神格化したのは それが 切っ掛けとなったのかもしれない ・・・・

2016年12月27日 (火)

ホテルに忘れ物

W
クリスマスパーティーの夜に宿泊したホテルに スマホの充電器を コンセントに差し込んだまま忘れてきた

帰路の途中 気付いたが 恥ずかしいので ホテルに連絡をしなかったが 自宅に郵送されてきた

ホテルから パーティーに誘ってくれた知人に連絡があり 知人が送ってくれたのだ 感謝!

お礼の電話をして 老人性健忘症だと言って 恥ずかしさを 笑いで誤魔化した

 

言い訳じゃないけど 急いでいたことは事実だ

24日は 父親の 夕食と25日の朝食を用意してから パーティーに出かけた

25日は 自宅に帰って 父親の昼食と夕食を用意してから 出勤する予定なので

目が覚めたら 心が急いてしまったのかも知れない

 

自宅に着いて 父親の面倒を看て またまた 急いで会社に出勤したら ・・・・

なんだよ! スポーツ中継で 担当のニュースがないじゃないか! 

ならば 午後4時からの担当番組に間に合えば よかったんじゃないか!!!!

2016年12月24日 (土)

サンタがホテルにやって来た?

S

知人に誘われて クリスマスパーティーに参加した 

趣向を凝らした賑やかな宴で すっかり酔っぱらってしまった私は 

予約していたビジネスホテルに向かった 

ホテルのドアを開けると ・・・・

豪華なシクラメンと酒が置いてあった!!

酔いが醒めるほど驚いて 一瞬 立ちすくんだ ・・・・ 

こんな粋なことを 誰が ・・・・

 

きっと トナカイが曳く ソリに乗った サンタクロースが 届けてくれたんだね ・・・・

そうだよ サンタクロースが 届けてくれたんだよ!!

2016年12月22日 (木)

感動のコスプレ

O
みんなのラヂオ思川 恒例Xmasコスプレ放送に スタッフもリスナーさんもコスプレで参加した

その中に 川端康成「伊豆の踊子」の学生と踊り子になりきった リスナーさんがいた 

コスプレを呼びかけたが ここまで本気を出してくれるとは 感激というより感動だ!!

 

R

私は バニーちゃんサンタ  本田さんは セクシーサンタだが コートで隠してる

 

P_4

Q_2
「伊豆の踊子」 学生は悩み多き20歳の青年 踊り子は旅芸人一座の14歳

お二人とも 初々しいよ!

 

去年 お二人は 「金色夜叉」の貫一・お宮で登場したから 文学作品シリーズ第2弾となる

来年は文学作品シリーズ第3弾だね!! ってプレッシャーをかけておこう ・・・・

 

T_2
Xmasコスプレ放送は 大騒ぎだった

2016年12月21日 (水)

Xmasとちおとめツリー

B

今年も 苺のXmasツリー「とちおとめツリー」を いただいた

殺風景な我が家が まるで童話の世界になったようだ・・・・ 私は 隆さまではなく 王子様かも・・・・

 

C

隆さまは 王子様にはなれず パシリのトナカイが精いっぱいだ

嬉しくて ひとりコスプレに ご満悦!!

2016年12月15日 (木)

電飾

I

道の駅思川の放送が終えると 夕焼けの茜色が濃くなっていた 

コートの襟を立て 冷たい風を受けながら眺めるには ほんの数分が限度だ 

夕焼けに加えて 規模は小さいが イルミネーションも点灯していた

夜景の灯りは 温かい ・・・・

2016年12月14日 (水)

飛行船 忘年会

B

12月12日 リサイクルショップ飛行船の忘年会が ホテル東日本宇都宮 孔雀の間で開催された

入口扉前で 飛行船の桶田博信専務と記念写真

«手打ちそば 小川屋